セ界連覇の条件4 4番打者をどうするか?

セ界連覇の条件4  4番打者をどうするか?
情報源: 新井がマン振り1軍再合流 8日にOP戦先発/カープ/野球/デイリースポーツ online

どうやらアライさんも仕上がってきたようで。まぁこの人は本当にすごいなぁと思うのは、この歳でよく練習するよな。まぁ入団当時はお世辞にも上手い選手ではなかったし、練習しては失敗、失敗しては練習を繰り返しながらタイトルを獲ったわけだから「練習は嘘をつかない」ってのをまさに地で行く選手。たいしたもんだよな。

昨シーズンは2000本安打、300本塁打とメモリアルが目の前にぶら下がっていたし、モチベーションも高く持てた。黒田の日米200勝も重なってチーム全体がそれに乗っかることができた。終わってみての好成績が物語るように、メモリアルを達成した後は「優勝」という新たな目標が目の前にちらついたことでシーズンを通して、そのモチベーションを維持しきれた。こんなシーズンを送れる選手なんてそうめったにいねぇと思うよな。

そのアライさんを首脳陣はどう使っていくのか?ってのは今シーズンの見ものじゃねぇかと思ってるよ。もちろん休み休み使うんだろうけどさ、どの打順で使うのかってのは興味深いよな。去年と同じモチベーションを今シーズンも…とはいかんと思うしな、それでもスタメンで出るときは4番として使うのか?それとも6番あたりで使うのか?じゃ、アライさんが4番じゃなきゃ誰が打つのか?今夜はその辺を考えてみようかと思うんだよな。

新井 貴浩
写真は日刊ゲンダイデジタルより
まぁチーム的に一番座りのいいのはやっぱりアライさんなんだろうねぇ?チームメイトも納得できるというかね、去年の実績から見れば異論はないんだろうけどな。ただやはり今年不惑を迎えるベテラン。やはりほかの選手との併用ということもあるだろうし、出場試合数も去年よりは減るんでねぇかねぇ?

 

 

ブラッド レルドレッド
写真はmainichi.jpより
ツボにハマルと連発も出るほどの破壊力はあるよな。ただ好不調の波、特に一度不調に陥ると結構長いし、ほっとくとシーズン終わっちまうくらい深刻になる。こうなると相手も投げ損じがなければ抑えやすい打者だよな。インコースのボール球、外の変化球のコンビネーションでイチコロだもんな。不調時でもこのどちらかを我慢して見送ることができれば不調脱出も早いんじゃねぇかなぁ?まぁ本人もよく分かってるんだろう思うけどな。好調時なら4番に座ると相手にとっては脅威にちがいねぇよな。

 

松山 竜平
写真はnumber.bunshun.jpより
課題は左投手と言われて久しいけど昨シーズンを見る限りはだいぶ克服できているように思うけどな。膝元に落ちてくる球をすくい上げてスタンドへ持っていく技術は素晴らしいよな。勝負強さもまずまずだと思うわな。ただ、打線としてはジグザク打線が理想だから松山を4番に入れると3,4番と左が続いちゃう。対右投手ならありだろうけど、シーズン通してとなるともう少し信頼感を勝ち取る必要があるかなぁ。アンパンマンから「ドカベン」へ。もう一皮向けるとアタクシは4番もいいじゃねぇかと思うんだけどな。

ラミロ ペーニャ
写真はsanspo comより
オープン戦で好打者ぶりを発揮しているようで。スイッチヒッターが4番ってのも前例がないから面白かもな。一発っていう部分では物足りないけど「繋ぐ4番」って角度で見ればアタクシはありじゃねぇかなぁと。一岡の負傷でヘーゲンズの存在が必要になると思うし、そうなると助っ人枠はやはり投手3、野手1かな?じゃエルドレッドとペーニャって考えるとさアタクシはペーニャかなぁと。ただサード争いは安部も頑張っているし緒方監督がどう考えるか?だよな。

 

 

鈴木 誠也
写真はbaseballkingより
実はアタクシの一押しでございます。古い考えかも知れんけどやはり4番は右の日本人打者ってのがチーム作りの上でセンターラインの確立の次に大きなポイントじゃねぇかなぁと。それに人一倍負けん気が強い。地位は人を育てるじゃねぇけどさ、性格的にも4番座らせてさらなる成長が見込めるんじゃねぇかねぇ?それと誠也が4番に座ることで5番以降の打線に様々なバリエーションが生まれそうだよな。松山でもよし、アライさんでもよし、ペーニャやエルドレッドも面白い。下位に安部や堂林がいるってのもいいよな。いろんな意味でカープの選手層の厚さってのを前面に出すには誠也が4番に座ることで実現できそうな気がするんだよな。誠也の前に挙げた4人はシーズン通してゲーム出られるかって不安もある。チームの顔である4番なんだからな、ライトのポジションを実力で掴み取った誠也ならフルシーズン出られるだろうし、打線の柱としては適任だと思うんだけどねぇ。

また長々とやっちまったな(笑)まぁ打線ってのは難しいよな。ある程度の固定も必要だけど調子のいい選手を出して結果がでるってのも連覇を目指すうえでは必要な要素。誠也が4番に座ることで1~4番までは固定、5番以降は助っ人枠、それに伴ってどのポジションの選手がスタメンに入る。例えばサードのポジション争いは高いレベルになるだろうし、外野の一角も使ってみたい選手は沢山いるよな。さぁて同志の皆様方はいかがですかな?4番の条件とかお考えを聞かせていただけるとありがたいですな。