セ界連覇の条件5  リリーフ陣「左殺し」が最後のピースか!?

セ界連覇の条件5  リリーフ陣「左殺し」が最後のピースか!?
情報源: 今村、守護神イケる 1回0封2K!想定テス投で一発回答/カープ/野球/デイリースポーツ online
昔ね、野村監督(謙二郎じゃなくて、ノムさんね)が阪神時代に遠山というピッチャーを甦らせた。阪神にドラフト1位で指名されて1年目は何勝か上げてね、期待されたんだけど思うように伸びなかったんでロッテに移籍。打者転向を試みるがパッとしなかった。再び阪神の入団テストを受けてノムさんの目に止まった。そこでシュートを覚えて左打者の内角をグイグイ攻めて外で打ち取るスタイルでね、まさに「左殺し」の役割をしっかりつかんだ選手。特に当時巨人の主砲、松井に対しては必ず出てきたよな。松井氏も顔も見たくない投手で夢にも出てきたなんてぇ話を聞いたことがある。高橋由伸にも強かったから松井に投げて次の打者が右打者なら一塁の守備について、またマウンドに上がるなんてぇのをよくやっていた。どっかの誰かさんから「喝だっ!」なんて言われそうだけどな、今考えてみてもノムさんの野球ってのは面白かったよな。カープの場合、こうした「左殺し」がいなくなって久しいよな。ドラフトやトライアウトなんかでとりあえずは取ってみるんだけどパッとしねぇよな。なんせ、対左打者にたいして出てきながらストライクが入らねぇとか、いとも簡単に打たれちまったりな、とりあえず左打者だから左投手的なのが多かった。プロの左殺しがいねぇんだよな。

それでも昨年カープが優勝できたのは左投手を使わんでも力で抑え込む投手がいたからなんだよな。今村やジャクソンがそうだろうし、ヘーゲンズも左打者のひざ元を攻められるボールがあったからな。それなりに何とかなったってのはある。まぁそれと力のある左打者が少なくなったってのもあるよな。今思い浮かべるだけども筒香、ヤクルトの川端、阪神の鳥谷…ん~あとが続かないよな。丸はカープだし(笑)

去年で見ればベンチはオスカルにその一翼を担ってほしい感じはあったけど、左キラーというよりは1イニング任せられる投手といったイメージだし、仮にそうなるのを目指しているならばもう一つ球種が欲しいよな。緩急をつけるか落ちるボールをね。

まぁ1イニング任せられる左のセットアッパーがもしいたらね、むしろベンチの継投策ってのがチームの足を引っ張ったかもしれん。それだけ去年のブルペン陣は右ばかりだけど力のある投手が多かったし、順番も固まっていたからね、シンプルでやりやすかったのだろうと思うよ。むしろ左のセットアッパーがいたら左右の関係で順番間違えたりね、なぜそこでジャクソンじゃねぇんだ!?とか、そこは今村だろ!?なんてのは目に浮かぶしな、まぁ大体外野手出身の監督ってのはあまり継投が得意ではないみてぇだけどな。

ただ前にも書いたけど個人的には対ベイスターズ戦ってのはペナントの肝になると思う。そういう中でカープ投手陣は筒香に結構やられているよな。それとヤクルトも結構いいんじゃねぇかなぁと。雄平や川端といった左打者がいるしな。今のブルペン陣に大きな不満はねぇけど、しいて上げるならこの辺の打者に終盤ぶつけられる「左殺し」の存在があるとね、今村あたりの負担ってのも和らぐんじゃねぇかなぁと。当然、筒香をはじめ左の強打者には右の代打は絶対に出ないわけだし、こうした打者に堂々と渡り合い、内角にビシッと投げ込める刺客が欲しいよな。この左殺しが入ればブルペン陣は問題ないかなぁと。いわば最後のピースだよな。ま…見渡す限り適任者はいねぇみてぇだけどな、ここは佐々岡2軍コーチも伸び悩んでいる左投手の生きる道として育成してほしいよな。ほら、いるだろ?江草とかさ、江草とか江草とか江草とか(笑)

前での遠山投手。引退後二宮清純さんとの対談記事を読んだことがある。その中で球界の宝である松井に対して内角攻めで手元が狂ってぶつけてしまったらどうしようと戸惑っているところにノムさんが一言

「オマエ、給料いくらもろうとる。せいぜい数百万やろう。松井は億円プレーヤーや。格下が格上にぶつけたところで、どうってことない。松井の給料には(当てられる分も)入っとるんや」

遠山さん、その一言で気持ちがスッと楽になったそうです。「考えてみたら、せやな。オレはテストで拾われた身。自分の仕事ができんかったらクビになる。松井とは格も立場も違う。いったい、何をビクビクせないかんのや」と。

 遠山さんは言います。「そんなピッチャーに“あそこに投げろ”“ここに投げろ”と言ったところで土台、無理な話。“せやな!”とピッチャーが素直に納得できる一言が大事なんですよ。もし野村監督の一言がなかったら、“松井キラー”はもちろん、僕の復活もなかったと思います」。
二宮清純「“松井キラー”遠山奬志を生んだ知将の一言」より

プロ野球選手ってのはみんな力があるからプロになったわけでね、その力を試合で出せるかどうかってので明暗が分かれるんだよな。こうした指導者の一言でガラッと変わる選手もいる。今シーズンは積極的な補強はしていない分、緒方監督が言うように現有戦力の底上げでチーム力を高めるなら、どうか「左殺し」の育成ってのも頑張ってほしいよな。ほら、いるだろ?江草とか…江草とか、江草とか(笑)