開幕前夜 とにかく菊池が心配だ

開幕前夜 とにかく菊池が心配だ
いよいよ、明日開幕ですなぁ。前年のリーグ覇者として各球団から一番マークされるってことだからな、当然エース級をぶつけてこられる可能性が高い。苦手投手も多いからな、左投手をぶつけられる可能性も高い。オープン戦の戦いぶりを見るにつけ、シーズン序盤は相当苦しい展開を強いられそうだよな。

先発の頭数は揃っているんだからな、打線がある程度機能しているところを見せてくれれば、多少は気持ちにゆとりをもてるんだろうけど、いかんせんWBC組はオープン戦最終戦にチロっとでただけだしな、開幕はこの打線で!ってのが見えてこない部分もある。WBC組の不在で堂林や西川あたりがアピールしてくれれば良かったんだろうけどな、イマイチぱっとしなかったり、故障だったりでね、緒方監督の「現有戦力の底上げ」ってのが全く見えなかったってのマイナス材料だよな。

先発が踏ん張りながらも打線が答えを出さない場合、負担がかかるのがブルペン陣。今村あたりに大きな負担が開幕からかかりそうだよな。直前でヘーゲンズがインフルだってな?この駒がいないのが痛ぇよな。タナボタで1軍切符を手にしたブレイシアが実は本番に強いタイプだったてぇ嬉しい誤算を祈るしかねぇのかねぇ(笑)

打線に目を移すと4番はアライさんらしいねぇ?まぁ開幕はこれでいいと思うよ。そこに松山が誠也が4番をもぎ取るってぇ図式がチームにとっては願ったり叶ったりなんだからな。あとペーニャは開幕の登録から外れたんだってな。ブラッドのオープン戦終盤の2発でこうなったんだろうけど、その辺緒方監督も打線に一抹の不安があっての選択なんだろうなぁと想像にかたくねぇよな。

丸は順調に仕上がったみたいだし4番候補との声まで上がっている。誠也や広輔はWBCでも出番がそんなに多くなかったから疲労と言う部分でもそれほど深刻ではねぇと思うけどな、一番心配なのは菊池だよな。ほぼフル出場しているし、特に準決勝では試合の流れを左右するエラーもあった。試合に勝っていればそれほどダメージもないんだろうけど、負けちまったからな、責任を感じていると思うわな。

緊張感の連続、時差のあるアメリカへの移動と試合、そして悔やまれるプレーでの敗戦とねやはり精神的疲労ってのは大きいんじゃねぇのかなぁ。そんなものを吹き飛ばせるだろうとは思うんだけど、やはり心配なんだよな。

オリンピックだったとおもうけど西武にいたGG佐藤。たしかイージーなフライを落球して敗戦が決まったことがあった。当時は大バッシングにあってね、気の毒だったよな。そのときGG佐藤は奥さんに「死にたい」って一言メールして、奥さんが本当に自殺するんじゃないかって心配したらしいよ。その後のGG佐藤は精彩を欠いて戦力外。イタリアでプレーしたり最近になってロッテでNPBに復帰したけど大きな活躍もなく再び戦力外。おそらく大舞台でのエラーから「イップス」に陥ってしまったんだろうねぇ。

帰国後の菊池、オープン戦最終戦でスタメンで出てきたけど1打席で交代「心身ともに疲れています」なんてコメントがとても気になってんだよね…

いずれにしてもタナキクマル+誠也はカープ打線の看板だからな、この辺が機能してのアライさんであり、助っ人でありということだからな、菊池の調子が上がってこないとなると代役が育っていない分、波に乗り損ねると非常に苦しい展開になるだろうねぇ。

まぁアタクシが一人で気を揉んでもしゃぁないし、アタクシの取り越し苦労で終わることが一番なんだろうけどな、菊池には切り替えてシーズンに臨んでほしいよな。今までどおり、元気な菊池の姿が見れますよう今夜は断酒することにするかねぇ