連覇の条件「連勝後に連敗しない戦い方」

連覇の条件「連勝後に連敗しない戦い方」

情報源: 広島・岡田が正真正銘の初完投勝利、前回の完投は5回コールド/カープ/デイリースポーツ online

 5歳になる娘は時間があると一生懸命ひらがなの練習帳を開いて練習してるんだよな。「ぬ」とか「ね」あたりが難しいらしく何度も何度も練習してる。アタクシが練習がんばってるねと声をかけると娘が練習しないとうまくならないからと。感心、感心。ここでアタクシ、娘に金言を授けることに。
いいか、覚えておけよ。(少し上から目線で)
「練習は嘘をつかない」
娘は「うん」といいながら、練習帳に目を落とす。
すると妻が「それって達川さんがよく言ってたよね~」
その言葉で家族は大爆笑。こんな感じで我が家はカープにどっぷり浸かってますな。

 さて、ぼくらのカープ。昨日の試合はどうも試合の流れに乗れずに連勝がストップ。アタクシはこの連勝がストップした時に未だに「これから連敗がはじまるんじゃねぇか!?」と急に心配になる。

 最近ファンになられた方はピンと来ないかも知れねぇけどな、ブラウン、野村謙二郎政権時は折角の連勝も止まると同じだけ連敗。それならまだましだけどな、中には2009年の7月、3連勝の後に5連敗、一つ勝ったと思ったらまた5連敗。気づくと2週間で借金が6つも増えた。2011年には3連勝して波に乗るかと思いきや10連敗しとる。こんな例は一杯あってね、連勝をうまく成績に反映できない、波に乗れないっての多くてね、そらそんな戦い方してたら貯金なんてできやしない。月収30万でも40万使ったら赤字。そういう体質だったんだよな。

 そんな時代がながったモンだから、アタクシの体にそういう臭いが染み付いちまってる。もちろん去年の優勝でそんなジンクスは吹っ飛んだんだろうけど、かわいいカープはいくつになっても子供。心配は尽きないのよ(笑)

 なんで連勝が止まっての今日の試合前は妙に緊張しちまってね、岡田の立ち上がりはどうか?ってのが一番の心配事だったよ。それに前回登板ではヤクルト戦で完封寸前までいって完投を逃した。昨日投げた加藤もノーヒットノーランを目前に完封どころか完投も逃した。ひょっとしたら岡田も昨日の加藤と同じようなピッチングになっちまうんじゃねぇかと気を揉んでたんだよな。頭の中に加藤→岡田→加藤→岡田とね、どっちもあんまり特徴のねぇ顔だけど交互に頭をよぎっちまったよ。

 ところが打線が相手のミスに乗じて4点を先制。相手のミスに付けこみ効率よく点を取った感じでね、これで岡田が平常心で投げられるかな?と思った瞬間に次の心配事が。

 10連勝目の巨人戦、この試合も4点を先制しながら逆転を許しちまった大瀬良の顔が突然浮かんでね、そっからは岡田→大瀬良→岡田→大瀬良→ときどきカピバラとね、新たな心配事が生まれちまったのよ。

 まぁそれが取り越し苦労だったことはいうまでもねぇよな。岡田のピッチングが素晴らしかった。もらった4点守り行くわけでもなく、自分の投球を冷静に丁寧に投げていたよな。フォアボールで崩れる心配もなし。非常に安定した投球だったよな。

 上ずえは岡田の方があると思うんだけど、加藤と投球スタイル、特に真直ぐを勝負球に使えるって部分では似ているタイプかなぁと思うんだよな。どこが違うかっていうとフォーム。特に岡田はセットに入ると背筋がピンと伸びてね、投げる瞬間まで体が開かない。開かないからリリースポイントが安定するし、バッターから見るとなかなかボールが出てこない。わかりやすくいうと出所がなかなか見えないという感じだね。そんでもってボール投げたかと思うとズバンと重い真直ぐがくる。多少甘いコースがきても打者が差し込まれたり、きわどいコースに手を出してくれる。こういう投球は連打を浴びづらいし、コントロールが安定するから四球も少ない。

 対して加藤は体が硬いのかな?フォームに力が入っているのがよく分かる。同じような球質なんだけど加藤のフォームは岡田に比べて体の開きが早い感じがするんだよな。力も入っているからリリースポイントが安定しないし、それが四球の多さにつながる。球の出所も開きが早いから打者からみると見やすい。だからストライク・ボールの判断が早く見極められ、きわどい球はカットされる。でもそういうのが全部ってわけじゃなくて時々バッチリといい感じにで投げられるボールもある。だから三振も取れるし、荒れ球ので打ちづらい印象を与える時もある。まぁ加藤はルーキーだしな。岡田も1年目は今とは若干フォームが違う感じがするし、1年経験してみてね、よりグレードを上げてくれればと思うけどな。

 今日も先制→中押し→ダメ押しとね、いい形で点が入った。それを背後に大きく崩れることなく完投出来たってのは今後のピッチングが楽しみだよな。ちなみに今日のヒロインは無難にこなしたんでちと期待はずれだったけどな(笑)

 連勝が止まっての今日の試合。大事な試合を完勝できたってのはやはり去年の覇者の自信から来るものなのか?黄金時代の到来を予感させる勝ち方ができたことが何よりだよな。

 片や阪神も4連勝でストップ。貯金を維持できるかどうかってのは明日の試合にかかってくるし大事な試合だよな。ここでカープを下すようだと阪神も若手の成長もあるし、上位に食い込んでくる可能性を持っているよな。気合入れてくるはず。望むところだよな。

 明日は九里。相手は能見の若旦那。九里も力投型の投手だからな。早めに点を取ってあげて九里のペースに持って行ってあげたいよな。とにかく今日は一安心。選手もたくましくなったよな。さぁここから10連勝なんてもういいから3、4連勝して1回休みみたいなペースでいければ最高なんだけどな。