ルーキーを潰す凄みがまだ足りねぇな。でも会澤、薮田が今日のMVP

ルーキーを潰す凄みがまだ足りねぇな。でも会澤、薮田が今日のMVP

広島 最終回逆転サヨナラ!会沢が決めた DeNAパットン踏ん張れず

情報源: 広島 最終回逆転サヨナラ!会沢が決めた DeNAパットン踏ん張れず― スポニチ Sponichi Annex 野球

まぁなんとか勝ちましたなぁ。やれやれですな。

あそこで会澤が決めないとこれまで幾度と無くチャンスを潰してきたから、一気にベイスターズ流れが行きそうだっただけによく打ってくれたよな。

あの場面の会澤は非常に硬かったけどな。追い込まれてからはコンパクトにスイングしてセンター返し。困ったときには基本に返る。野球だけでなく何でも当てはまることじゃないかねぇ?勉強になりました。

この試合を重くしたのはなんと言っても初回に点が取れなかったこと。これに尽きると思うわな。特に主軸がまったく浜口にタイミングがあってなかったよな。特に誠也。何だ!?あれは?って感じでね、これまでとは全く別人だったよな。これをきっかけに調子を落としそうだったけど、最後はやはりコンパクトにセンター返しで一本出てよかったよな。まぁ今頃また練習してんじゃねぇかねぇ?

それにしてもカープはベイスターズの左の先発に手こずっているよな。去年は今永や石田あたりね。ラミレス監督もこの辺を毎回ぶつけてきたよな。対戦成績は勝ち越してはいるけどほぼ五分だったし、今年は相当苦しむんじゃねぇかなぁと踏んでたんだよな。ところがローテを見ると石田は投げてこない。よっしゃ!と思ったら今日の浜口。初回、3回のピンチを切り抜けて試合を作った…というよりは作らせちゃったよな。

どうなんだろう?持ち味はチェンジアップなんだろうけど、真直ぐに押されていたし、誠也やブラッドは真直ぐにタイミングが合わんかった。球の出所のせいなのか?チェンジアップが相当いいのかね?いずれにしてもこの辺の打者が潰せないとこういう展開になっちまうよな。今日の投球を見て恐らく今後もカープ戦にあててくる可能性もある。やっかいな存在にならんといいがねぇ…

序盤から点がとれそで取れない展開に同志のみなさまもジリジリしたことでしょうなぁ。アタクシも同様で毎晩血圧測ってるんだけど、今日は高めでね。駄目だ試合中は高いから終わった後にしようとサヨナラゲームの直後だったからもっと高くなってね。これ書いたらまた測ってそれを記録しとくとするかねぇ。

黄金時代を築く上でね、やはり『苦手』を作るってのはやっちゃいけねぇんだよな。今日みたいに手こずっちゃいけねぇんだよ。やはり初回で潰していかないとね、今後に響く。その辺はものたりねぇなぁって感じだよな。出るくいは打っとく。徹底的に打っておく。大事だよ。これ。

明日のベイスターズの先発は今永。これは去年手こずった相手だよな。防御率をみると6点台だから調子はイマイチみてぇだけど、得意のカープ戦で立ち直りたいぐれぇのことは考えているはず。やはり立ち上がりから畳み掛けていきてぇよな。こっちはルーキーの床田が地元初先発。気分よく投げさせてやりてぇよな。

もう一つ苦言。先発の祐輔だよな。たしかに6回を3失点にまとめたわけだし、クオリティースタートって面では合格なんだろうけどね、ジョンソンがいない中「エースのピッチング」かと言えば合格点を出すべきか悩ましい内容だったよな。もちろんいい球もいっていたし、コントロールもさすがと思わせるものは見せてくれてはいたけど、先に点を与えてしまうってのが今シーズンここまで多いよな。その辺を見ると果たしてシーズン通して先発の「軸」になるかどうかって話しになるとまだまだ合格点の内容ではないよな。

開幕前のカープ連覇の条件としてアタクシが提案した中でジョンソンと野村の両輪がしっかり昨年並みの成績をあげることを書いたんだけど、残念ながらこの二人がうまく回っているとはいい難い。その代わりを今、岡田と負けはしたけど九里が担っている感じでね、この状況で野村・ジョンソンが昨年の調子を取り戻してローテを守るなら文句ねぇけど、そのままならこの若い二人には大きな負担になるかもな。早く戻ってきてほしいものよ。

それとベイスターズ戦がカギだとも書いたんだけどな、今日の浜口あたりに手こずってるようなら、今シーズンもこの対戦は厳しい戦いになりそうだよな。まずは明日今永を打って勝ち越しを決めてベイスターズに対して、今年のカープはやはり手ごわいって印象を植え付けることも大事だよな。で、ないと今日のサヨナラ勝ちの意味が半減しちまうからな。

最後になるけど個人的には7,8回としっかり抑えた薮田を評価したいと思うよ。あそこをしっかり投げてくれたからこそ、9回まで粘れたわけでヒーローインタビューに是非呼んでほしかったよな。なかなか大変な役どころだけど、しっかり自分の居場所を確保できる力がついた証拠。故障せず頑張ってほしいよな。それと菊池のスーパープレーも忘れちゃいけねぇ。あれで流れをこっちに持ってこれた感じだったよな。

ペナント前半はどうやらカープと阪神、巨人がリーグの中心になりそうだよな。この戦いは黄金時代にもあったよな。バース・掛布・岡田の猛虎打線の阪神、投手力のカープ、総合力の巨人とね、なかなかこの3チームの直接対決は見所が多かった。人気老舗球団を倒して連覇。こうなると最高なんだけどね。まぁまだ始まったばかりだけど連敗せずに10連勝を生かしてくれている。いい傾向だと思うよ。