カープ反省会1 10連勝がプレッシャーに!?

カープ反省会1 10連勝がプレッシャーに!?

情報源: 逆転星呼んだ! 鯉救援陣0封リレー 緒方監督も絶賛「悪い流れ止めてくれた」/カープ/野球/デイリースポーツ online

 いやしかし、歳だねぇ。土曜日は雨の中の神宮でね、いや寒いのなんのってね、おまけにカープ打線も冷え冷えでよ、夏場は閑散としている日本酒の売店で熱燗のおかわりを何回したかねぇ?3度目くらいから売店のおねぇちゃんに顔を覚えられて注文もしねぇのにコップ酒が出てきた(笑)本当は子供に水筒借りてそこに熱燗忍ばせていこうと思ったんだけど、バレた時の嫁の鬼の形相が頭に浮かんだ時点で断念。イケナイお父さんだよな(笑)

 7回に雨脚が急に酷くなってね、中断した時点で観戦を諦めた。まだ9時前だったんで地元に戻り、飲み屋さんで反省会。気がついたら日付が変わっていて慌てて帰宅。その日の朝6時から仕事だったんで睡眠時間は4時間くらい。昔は平気だったんだけどな、久々の午前様で翌日はほぼ案山子状態(笑)その日の試合は久々に3点を先制で少し目が覚めたんだけど、直後に同点、勝ち越しを許した時点でどっと疲れが出てね、そのまま高いびきよ。翌朝土曜に一緒に観戦した中学の同級生から「勝ったよ」とLineが入ってて、寝ちまったと返したら「なんだ見てねぇのか?」と言われてね、後悔したよ。しかし、弱くなったねぇ、アタクシも。

 開幕してちょうど一通り当たってね、21試合消化で13勝7敗1分貯金6。2位に1.5ゲーム差の首位だよな。さてこれを同志の皆さんはどう感じますかな?普通ならこの時点で貯金6は出来すぎ。いや、10連勝したのに貯金6は物足りないというご意見も聞こえてきそうですな。

 個人的には貯金6は上出来。それもエースのジョンソンが不在、祐輔はイマイチパッとしねぇ。抑えの中崎が不在。このピッチングスタッフでこの数字は出来すぎだよな。

 出来すぎと言えば引き分けを挟んでの10連勝。これが大きいよな。まぁこれが貯金の原動力になってるのは言うまでもねぇよな。ところが10連勝後は3カード連続負け越し。同一カード3連敗はしてねぇけど4連敗を喫しているし、去年は優勝が決まるまで3連敗以上はしてねぇんだから、これも覇者のプレッシャーか?それとも10連勝なんてしちまったから、ヘタできないって感じで守りに入っちまったのか?アタクシはどちらかと言うと後者じゃねぇかなぁと思うんだよな。一言で言えば抜け出すのがちと、早すぎるってことかねぇ。

 まぁ打線も揃って調子を落としてきた時期にさしかかってきたのもあるけどな。連敗中は打線の生命線である1~3番、そしてアライさんも当たりが止まっちまったよな。誠也・ブラッドの前になかなかランナーが出せなかった。カープの攻撃の形が作れなかったよな。昨日の試合で丸も一発でた。広輔も固め打ち。打線復活の兆しが見えてきたようにも思えるんだけど、個人的には?マークかねぇ?

 昨日はヤクルトの先発オーレンドルフがマウンドを降りた。そのあとのルーキーの星を打ちあぐねていた。非常にイキのいい球を投げていたよな。ただヤクルトも石山→秋吉に繋ぐ前のピッチャーが心もとない。その後出てきた杉浦から丸が一発で同点。結局同点の場面で石山を出さざるを得ない状況で逆にヤクルトの継投に対してプレッシャーになった。結果石山が崩れたって構図だと思うんだよな。

 要は好投手を攻略して得た勝ちではないってこと。3連戦あれば全部いい先発が投げることは稀だし、力の落ちる投手ならなんとか攻略できる。昨日の試合が小川や石川を打ち崩しての勝ちなら文句ねぇけど、先発を早々にKOしておきながらそのまま勝ちに結び付けられない点が打線復活にOK出せない、引っかかる点なんだよな。そういう意味では明日の巨人先発・菅野に対してどんな攻撃を見せてくれるのか?一つの見所だよな。

 ひとつ明るい材料ってのはキャンプで構想に入っていたけど故障で出遅れた野間や西川がもどってきたこと。左の代打って部分が少し手薄だったからな、この辺は明るい材料だし、これまでサードを分け合ってきた安部と小窪に西川ってのが殴りこんできた。この辺のサード争いが高いレベルで展開してくると面白くなりそうだけどな。

 さて、ピッチャー。悪いところはなんと言っても守護神が不在ってことだよな。代役の今村も回またぎではあったものの失敗してる。それは仕方ないにしても抑えが不在なんでどうしても継投が難しくなる。6~7回、カープ打線が一番点が入りやすいイニングに投げる投手の選定という部分ではベンチもこれだ!ってのが模索中なんだろうねぇ?結果先発を引っ張る形になった。個人的には先発が7回まで投げることには大賛成。岡田にしても加藤、大瀬良にしても先に点を取られたけどクオリティスタートはしっかり出来ている。これはケガの功名と言うかね、若手投手がこういう仕事をしてくれるなら、中崎が復帰するってのはプラスの戦力になる。今、一番難しいポジションを薮田がしっかりこなしてくれているから、中崎、今村、ジャクソン、薮田、そしてヘーゲンズが調子を取り戻してくれたら勝ちパターンの投手のバリエーションが増える。ま、相変わらず左がいねぇけどな(笑)これは相手にとっては大きな圧力になるからな、まだ始まったばかり。ジョンソンの復帰も含めて交流戦位には陣容が固まりそうだよな。

 もうひとつは最多勝の祐輔がイマイチピリッとしてねぇのが気がかり。アタクシのカープ連覇の条件はジョンソン・祐輔が去年並みの数字を残すことが大前提だと思ってる。その二人があまり仕事ができてねぇってのが不安要素としてある。明日の先発登板が見ものだよな。

 とは言っても先発陣が力投・荒れ球タイプが多いので四球がらみの失点が目立つよな。ここが心配な点。いつも追う展開の試合ってのは勝てばいいけど負けると結構しんどいと思うよ。中継ぎも早めに準備しなきゃならんし、投手陣全体の疲労が蓄積してしまう。夏場に投壊現象に陥る可能性は十分にあるんでね、なるべくそういう展開にならんように先発が点をとるまで頑張ってほしいよな。

 まぁこれまでの戦いぶりってのには不満が残るけど、貯金6ってのは上出来。ただシーズン序盤から大型連勝するチームはどうしても守りに入ってしまう傾向になるからな、追われる身として戦っていくってのがどうなのか?ってのが心配だよな。なんせメークドラマやられているんでね、その辺ってのは選手が若くなってメンバーが入れ替わっていても負の遺産としてチームには残ってると思うしな。25年の低迷もこのメークドラマが躓きの原因と言ってもいいだろう。だからカープが逃げる展開になるのがちと、早すぎるような気がしないでもない。連勝後の4連敗ってのは、10連勝したチームが優勝を逃すなんてのはカッコ悪いし下手できないってプレッシャーがかかってたんじゃないかなぁと。まぁ貯金を吐き出すほどの連敗まで発展しなかったてのはチームの成長かも知れんけどな。

 さぁてここからGWで連戦が続くよな。その後は交流戦。交流戦の前がまた一区切りになると思うからな、その時点でまたこの反省会シリーズをやろうかなと思っているよ。

 とにかくアタクシは「反省会」が大好きなんだよ。仕事でも大きなキャンペーンが終わると反省会。恵方巻きが終わると反省会。クリスマスが終わると反省会。もちろんカープ試合を観戦して毎試合反省会。そして何時もその反省会のとき、アタクシの右手には大ジョッキ。本来の目的がなんなのか!?それは皆さんのご想像にお任せするとして、今日はお開きですな。