打線が投手を立て直せ!

NO IMAGE

情報源: 広島の“アンパンマン”松山が復帰戦で2安打2打点 勝利に貢献/デイリースポーツ online

昨日は妻と夜までデートしててね、試合をチェックし始めたのが夜9時をまわってた。カープの猛攻撃に酒がすすんじまってね、見終わった頃にはすっかりデキあがってそのまま就寝。この時間の更新になっちまいました。なので手短に(笑)

両先発ともスライド登板。この明暗が分かれた感じでしたな。両投手とも立ち上がりがポイントかなと思っていたところカープが見事、マイコラスを初回から攻めたててくれた。これが大きかったんじゃねぇのかねぇ?

まぁ前回の登板を見れば何点あっても不安はあったんだろうけどね、ブラッドのホームランや松山、安部といった面々がその不安を点が入るたびに取り除いてくれている。打線が引っ張って投手を助けるんだ!って気持ちが伝わる攻撃を見せてくれたよな。

今、投手陣ってのは一人ひとり不安を感じながら投げていると思うんだよな。そこから抜け出すには先発なら白星。リリーフ陣なら1イニングをビシッと抑えて結果を出すこと。シュチエーションはなんでもいいけど、いい結果を出していくことだよな。そのためには打線が頑張って常にセーフティリードを作ってあげて、その中で自信を取り戻していければね、そこにジョンソン、中﨑、ヘーゲンズあたりが戻ってきてくれれば、何とか昨年のような投手陣に戻せるんじゃねぇかなぁ。

阪神が1985年に優勝した時もそんな感じでしたな。先発で計算できる投手はゲイルぐらいしかいなくてね、それでもバース、掛布、岡田のクリーンナップを中心に打ちまくってた。3,4点先発が取られても中盤のビッグイニングでひっくり返し、先発に白星がついた。そうするとどんどん投手が安定してきて優勝した。カープとの対戦でもいつかひっくり返されるんじゃねぇかってヒヤヒヤもんでみてたもんな。

あの時は本当に打線が投手を育てたって印象が強かったなぁ。今、ボロボロのカープ投手陣だけど好調な打線が引っ張って自信をつけさせてほしいよな。

さて、今日は九里が先発。開幕2連勝しての3連敗。苦しんでいる先発の一人だよな。相手は田口で難敵ではあるけどな、とにかく打線がしっかり点を取ってあげてね、何とか白星。これが一番の薬よ。ドロ沼にはまった投手陣を打線が何とかそこから引っこ抜いてね、立て直してくれれば、またチームが一つになるきっかけになる。頑張ってほしいよな。