願わくば、九里にもう1イニング投げて勝って欲しかった。

NO IMAGE

誠也、母の日に親孝行V2ラン「母さん、きょう俺やったよー!!」

情報源: 誠也、母の日に親孝行V2ラン「母さん、きょう俺やったよー!!」 – スポニチ Sponichi Annex 野球

 今日は母の日でね、日頃子育てに、アタクシのお世話、それから近い将来ピアノ教室を開こうと準備を進めている嫁に今日1日は感謝の意味を込めて家事を頑張ってやったんだけど、やっぱ、疲れるね。(笑)嫁の大変さが身にしみてわかったよ。なので今夜も疲れたので手短に(笑)

 いつも長い文章だから手短に書くくらいが丁度いいなんて声も聞こえてきそうだけどな。まぁ勝ったわけだし、アッサリ行こうかねぇ。

 個人的に投壊現象が続いている中でね、投手陣の自信回復には打線の手助けが一番大事。前回の記事でも書いたんだけど、そういう展開になれば意外に早く状態を取り戻せるかなぁと。そんな中での先発・九里。注目の登板だったよな。

 とはいえ立ち上がりはよく1点で済んだよなぁってのが正直なところ。巨人がカープを苦手にしているってのを差っぴいてもさ、初回を1点で凌げたってのは大きかったし、九里のこの試合に賭ける意気込みが伝わってきたよな。

 味方が早い段階で同点に追いついてくれたけど、そこからは一進一退、我慢のピッチングが続いたよな。その我慢がそろそろ限界に近づいてきたなぁと思わせたのが6回のピッチングだったよな。ここがカープ投手陣の最大の課題であり、九里にとって最大の試練が訪れたよな。

 エラーから、連続四球で大ピンチ。巨人も勝負を掛けた代打攻勢。これを九里は見事に凌いだよな。その裏に誠也が勝ち越しのホームラン。ん~思わずうなっちまったよな。4番の仕事をしてくれたよな。誠也は結局ヒットはこのホームランだけ。でもその唯一のヒットが勝利に繋がる。ってのが4番の仕事。見事としか言いようがねぇよな。これで九里に勝ち投手の権利が生まれたわけだよな。

 次の回から一岡が登板。ん~たぶん事前に準備はしてたと思う。7回から一岡は決めていたと思う。それを裏付けるのは後半に追加点を重ねて大量リードでもジャクソン→今村のリレーだったよな。これはもう、ベンチでのゲームプランが実行に移されていたからね、選手の気持ちを最優先に考えたリレーだったと思うよ。

 ただね、先発陣が今ひとつ自信を失っている状態、九里も3連敗している状態を考えるとね、リードしたところでお役ご御免ってのは理解できる。でも折角リードをしたわけだから、九里にもう1イニング投げさせて欲しかったなぁと。もちろん九里が抑える保証は何もないけど勝ち越している段階で投げるのと同点でマウンドを降りて「ハイ、あんた、勝ち投手」と言われるのではどっちがいいかねぇと。

 次ももちろん先発するわけだからね、いいイメージで終わらせてあげるのも親心じゃねぇかなぁとは思うんだよな。勝ちはうれしいけど、自信を取り戻せたか?と言えば6回1失点だから、それなりにあるとは思うけどさ、勝っている状態で投げきるってのが、九里やチームが抱えている不安を考えるならば、7回を登板させて抑えることでそういった悪夢を払拭できるのかなぁと。個人的には監督、賭けてみても良かったんじゃぁねぇかねぇ?もちろんひっくり返されるリスクを回避しようという意味だろうけど、もう一回マウンドへ送り出して欲しかった。ここで抑えれば、素直に4勝目を受け入れられたかもしれねぇよな。

 今週は3勝2敗でなんとか切り抜けたよな。先週こさえた借金はこうやって毎週少しずつ返せばいいんだよ。首位の阪神も勝ったけど、上を見る必要はないよな。今、そこにある危機を乗り越えて何とか貯金を維持しておくことが大事。連勝は大事だけど、こういう戦いをいかに継続していくってのが一番いいんじゃねぇのかねぇ?

 さぁて、来週からは分の悪いチームとの対戦が控えている。ここをどう切り抜けるか?ってのがポイントだよな。相手は絶対にカープ打線に脅威を感じているわけ。でもカープは残念ながら長年の低迷のせいか、そう思われているってことに気づいていないのかなぁと。もっと自信を持って戦って欲しい。特に投手陣ね。岡田・九里に久々の白星がついた。次に続けて欲しいよな。

 今日は疲れた。なれないこと色々やったからな。勝利の映像を見ながらもう一杯やるとするかねぇ