若武者・薮田に痺れてあたしゃ2度目の感電死。

NO IMAGE

情報源: 広島6連勝! 交流戦も快勝発進 薮田が4勝目 菊池3打点/デイリースポーツ online

もう、10年以上交流戦やってるけどな、こんなに堂々と交流戦初戦からパリーグのチーム相手に戦うカープの姿を見るのは初めてじゃねぇかねぇ?
昔は打線は手も足も出ねぇ、うつむいてベンチに戻る姿が印象的だった。投手もボール先行でフォアボール、フォアボール、ヒット、時々アウトみてぇな感じでさ、とにかく守りの時間が長かった。
それが見違えるほど堂々と戦って、見事に初戦を飾ってくれた。頼もしい限りだよな。

手薄な先発陣、それも本来なら祐輔で始まるローテの筈が思い切り深い深いローテの谷間で交流戦初戦を迎えた訳だからさ、どうしても受身になりがちなんだけど、その辺は去年のリーグ覇者の自信と誇り、そして直前の巨人戦で接戦を制した勢い、特にリリーフ陣ね、先発藪田で継投必至の試合なだけに、変な緊張感や力み、そしてベンチのみょうちくりんな継投策なんかを心配していたんだけどな、アタクシのとり越し苦労に終わってホッとしてるところよ。

交流戦初戦の先発を任された薮田ね。まぁポイントは今季初めてまっさらなマウンドに上がる初先発でね、立ち上がりがポイントだった。やはり初回の投球を見ると腕が触れていない感じでね、秋山、源田とヒット性のあたりを喰らったけどな、それを菊池が好守備で助けてくれたな。まぁツーアウト取ってからピンチを作ったけどな、それがツーアウトからだったから何とかしのげた。1,2番の打球がどちらか抜けていたら、早々に失点してだろうし、9時前には試合は終わってねぇだろうねぇ。それだけ、立ち上がりの菊池のプレーってのは大きかったよな。

4回位からかねぇ?薮田が本来の剛球でグイグイ押し始めることができたのは。とにかく強力西武打線をバッタバッタと切り捨てる姿、表情を一つ変えることなくキリッと前を見てね、淡々と速いペースで投げ込む若武者・薮田にね、祐輔の緊急降板の後をついで3イニングをしっかり抑えた試合に続いて、アタクシ、痺れまくりましたよ。2週続けてアタクシを痺れさせて感電死させた薮田よ、アンタ、憎い男だねぇ(笑)

とにかく強力西武打線に真直ぐで勝負に行って勝った、力でねじ伏せた訳だからねぇ、そら、大したもんよ。薮田の投球を祐輔は腰揉んでもらいながらも、コリャうかうかしてられねぇなんて気持ちで見てたかもな。これで次の先発も決まりだろうねぇ。次は感電死しないようにゴム製の全身タイツで観戦しなきゃな(笑)祐輔も早く治してこねぇと戻る席無くなっちまうぞ!

攻撃に関しては、ワンチャンスをモノにする、黄金時代によく見られた見事な集中力ね、思い出したよ。今日の試合も序盤は野上に手も足も出ねぇ感じ。実際に野上ってこんなに真直ぐで押してくるピッチャーだったっけ?てな感じで戸惑いながらの攻撃だったような気がするよな。

ところが4回に広輔が先頭ででると電光石火のごとく先制点。薮田の出来、野上の出来を考えるとまずは先制点とね、珍しく菊池に送らせて、丸が初球を叩いてタイムリー。素晴らしかったよな。一気に畳み掛けるかと思いきや、丸が牽制死。これは反省して欲しいよな。

その5回以降はとにかくあっさりと凡打の山。とにかく追加点が欲しい展開で8回に2度目のチャンス。ここも会澤がしっかり送って菊池が返して追加点。イニング的にもいいところで点が入ったよな。黄金時代はこれで2-0で投手が抑えて勝つってパターンが多かった。少ないチャンスで1点をもぎ取り逃げ切る野球ね。これが一番「強い」野球なんだよな。

そういう意味では7回中崎、8回ジャクソンは文句ねぇ投球だった。今村は直前で点差が開いて、少し戸惑ったかな?まぁ結果は完封リレー。よくやってくれたよ。この調子で頑張って欲しいよな。

アタクシが評価したいのは9回の3点ね。安部→ブラッド→野間→会澤→西川と左右ジグザク打線で西武は左腕・武隈を続投させたよな。打者5人のうち3人が左、それも下位打線。武隈でいけると判断したんだろうねぇ。ここで先頭の安部が左対左でも結果を出して出塁。相手の思惑通りにさせないぞ!とばかりの安部のヒットをアタクシはとても評価したいし、点が入るムードになってきたよな。ブラッドの当たりは正面を突いた惜しい打球だったけど、武隈の動揺がコントロールに表れてたよな。

個人的には会澤のところでアライさんが出てくると思ってたけど、会澤にそのまま打たせた。またこれに会澤がしっかり応えて結果を出すのがスゴイ。その後は上位打線のプレッシャーで武隈を潰していった攻撃は黄金時代にはあまりお目にかかれなかった。この辺は今のカープの強さを感じさせる攻撃だったよな。

まだ、明日、明後日と西武と戦う中で初戦で武隈を攻略できたってのは今後に生きてくると思うよ。そういう意味でも最終回の3点は今村にとっても今後の西武との戦いにも非常に大きな意味を持つ攻撃だったよな。

最後に菊池ね。足の状態が思わしくねぇのは、派手な守備が影を潜めていることで我々ファンはよ~く解ってるよ。本当に無理しないで欲しいってのが本音なんだろうけど、あの初回の守備は素晴らしかった。薮田に成り代わり感謝申し上げたい(ん?)そしてダメ押しのタイムリーね、直前の広輔敬遠で燃えたと思うよ。WBCで世界を驚かせ、「俺達の菊池」が「世界の菊池」になったのは少し寂しい気持ちにもなったけど、やっぱり菊池は「俺達の菊池」よ。本当にありがとう。よくやってくれた。とにかく無理しないで頑張って欲しいものよ。

さて、明日は大瀬良かな?今日の薮田のピッチングに刺激を受けたと思うよ。とにかく平常心で自慢の速球でバッタバッタと西武打線を切り刻んでくれ。そしてアタクシを痺れさせてくれ!こんな感電死なら何度してもいいぜ!頼むよひとつ。