セリーグ連覇への重要な1週間。「交流戦優勝」をつかみ取れ!!

NO IMAGE

情報源: 広島“方程式”崩れ負け越し ジャクソン&中崎揃って失点 – スポニチ Sponichi Annex 野球

 1週間、夏休みをもらっておりまして、その間はカープとは離れて…というかカープ戦を観れない環境におりましてな、情報は朝の新聞だけ。まぁたまにはいいですな。スマホで確認はできたんですが、折角の家族との時間ですからそちらに集中。PCも持って行きませんでしたからブログも1週間お休みをいただきました。

 先週を振り返ってみるとね、札幌仙台の6連戦。ここが交流戦の肝だと思ってたんだよな。去年日本シリーズで一つも勝てなかった、いや恐らく札幌ドームでの成績もよくねぇはずだしな、楽天もパリーグで下位に低迷していた年でも、どうも上手く戦えてねぇ印象がある。下手すりゃ巨人やヤクルトのように連敗地獄にハマリかねねぇと内心ビビってたんだけどな、まぁまさか札幌で3連勝なんて考えても見なかった。よくやってくれたよな。

 そうなると続く楽天戦もと鼻息荒くなったんだけどな、土日のゲームはむしろカープの弱点と言うかねぇ、こういう展開になると、なかなか勝てねぇっていうパターンにはまっちまったよな。

 確かにカープは先発の頭数からいえば、揃っている方。勝利の方程式もある程度整っている方。でもどちらかというと打ち勝っている印象の方が強い。逆転勝ちが多いのもそのせいだよな。

 逆点勝ちが多いということは、先発が先に点を取られているということ。決して褒められたことではねぇよな。それでもこれだけ逆転勝ちってのが多いのはそれだけもんげぇ打線と言うこと。

 勝つ試合は大量リード。勝利の方程式が投げる試合でも3,4点差をつけてというのが多い。まぁ勝ち試合をしっかり取るという意味では、悪いことではないけどな、シーズンは長い。勝負の9月にこの辺のメンツが欠けるのはいてぇからな、できればフルメンバーは僅差だけにして、3,4点差は若手を織り交ぜるなり上手に使って欲しいってのが本音だよな。

 ただ気になるデータは今年のカープは「1点差に弱い」ってデータもある。1点差ゲームに関して言えばここまで10勝11敗。リリーフに負けがそのうち4つある。おとといの野村のように終盤に手痛い失点で負ける試合もある。首位にいるチームにしては「接戦の弱さ」が目立っている感があるし、ここは気になるデータだよな。

 アタクシが想像するに同点時の投手の使い方。ここはもう少し上手くやって欲しいなぁと言うのがあるよな。典型的なのは昨日の楽天戦。先発中村祐を6回途中で代えたよな。あそこは個人的には我慢して欲しい場面だったと思う。あそこはツーアウトから四球でランナー出した場面で交代だったよな。アクシデントでもない限り、あそこの交代はどうなのかなぁと。ノーアウトで四球ならわからんでもないけどな。

 その回は中田が火消しに成功したけど、同点のまんま、勝利の方程式に入っていった途端、勝ち越されたよな。実はこの勝利の方程式のメンバーは同点の場面にはなかなか力が発揮できない場面が多い。気持ちが乗らねぇのか?いやいや、アタクシはここがカープ投手陣の「踏ん張る力」の弱さが露呈した典型的な場面だったと思うんだよな。

 前の日も野村が志願の続投も報われず、勝ち越された。ここで踏ん張ればたとえ延長になっても勝利の方程式で12回まではなんとかいけるはずが、8回裏に勝ち越された。後もう少し踏ん張れば…結局はそういう結果になったよな。

 1点差負けの試合も同点から終盤勝ち越されるパターンがほとんど。負けていて、反撃及ばずの1点差負けではなく、同点から勝ち越される1点差負け。カープが優勝するためにはここを何とかしたい。できればアタクシは黄金時代突入の手ごたえを感じることができるんだけどな。

 まぁそんな愚痴をこぼしながらも交流戦は今のところ貯金4で首位ソフトバンクとオリックスに1ゲーム差で今週は直接対決の6連戦だよな。交流戦始まる前にアタクシは「交流戦優勝」を目指して欲しい、意識して欲しい。もし優勝できれば、それはペナントを制する確立が相当高くなると書いたんだけど、それが手に届くところにある。個人的にはワクワクしてるよ。

 ただこれまで分が悪いソフトバンク戦を残しているのは、一気に成績を落とす危険性もはらんでいるし、紙一重の戦いの連続になるかもしれん。だから僅差負け、投手陣の踏ん張りのなさが気にかかるのよ。

 もちろんオリックスだって侮れないよな。確かにパリーグの順位的にはよくねぇけど、はっきり言って勢いに乗っている。去年は神ってる誠也の活躍で3タテできたけどな、そうは問屋がおろさねぇとなるだろうねぇ。

 この3チームが優勝を争ってつぶしあっている間に西武が抜け出す可能性もある。だから相手にプレッシャーを与える意味でもな、まずはオリックス戦最低でも勝ち越さんといけねぇし、負け越せば脱落だよな。

 そういう意味ではカープはね、「プレ日本シリーズ」みてぇな明確な目標を持って挑んで欲しい。ボーダーラインは4勝2敗かねぇ?その辺で行けばギリ優勝が見えてくる感じ。とにかくまずは「4勝」すること。な?日本シリーズみてぇだろ!?(自我自賛)

 まぁ今日の記事は接戦に弱いだの、ピッチャーの踏ん張りがねぇだの能書き書いたけど、残りの6試合はカープが一番勝てる野球をやってくれるのが一番。打ち勝つのが一番いいのよ。でもソフトバンクやオリックスがそれを許すわけがない。時には接戦になる。その試合を取る取らないってのが交流戦優勝に直結するわけよ。だから何でもいい。勝てばいいのよ。今週の戦いはそういう戦いをして欲しい。

 勝負の9月、クライマックス、日本シリーズとね、どんな形でも勝てばいいっていう時期が必ず来る。それに向けての予行練習?ん~それじゃ甘っちょろい言い方になるかもしれんけど、秋の戦いを意識して、思い切り総力戦で戦ってもいいと思う。交流戦が終わったら少し休みもあるし、ここを戦い抜いたら、新たな自信も生まれるだろう。もちろん、リーグ戦再開時には2位との差もある程度ついている筈だしな、とにかく今週の戦いね、今シーズンの最大のポイントとなるはず。頑張って欲しいよな。