ワンサイド負けを「試合」にした赤ヘル戦士の心意気

NO IMAGE
鬼門になりかけた甲子園の3連戦を最後は阪神をコテンパンにして地元に戻ってきた。その勢いとオールスター前に好投したジョンソンが先発。試合のポイントはカープ打線がいかにバルデスを攻略するか?この一点に尽きるかなぁと思ってたんだけど全く逆の展開だったよな。ツーアウトからの3連打で見事に先制したよな。この辺は甲子園での猛打爆発の勢いをそのままもって帰って来た感じでね、今日もいただきかなぁと思った同志も多かっただろうねぇ。

ところがジョンソンが乱調。ストライクが入らんかったよな。あの辺は何が原因なのか?降板後ベンチですぐ応援団になったところを見ると体調面が原因とは考えられん。とにかく全ての球種でストライクが入らん。まぁそれでも打線が下位に差し掛かってきたからな、木下を打ち取ればなんて思ってたらデッドボール。アタクシはここがジョンソンが立ち直れなかった大きなポイントだった思うんだよな。

続くバルデスはピッチャーながらもバッティングがいい。とはいえ普通に投げれば打たれる場面じゃねぇよな。ところがこの回のランナーは全て四死球。完全にストライクを取りに行った球を痛打されたよな。

3回は逆にコントロール重視のところをいい具合に打たれた。完全に球を置きにいったところをビシエドに持っていかれた。この回の先頭をエラーで2塁まで行かせちまったことで、ジョンソン自身がどう立て直して行くか?いささか混乱してしまったんだろうねぇ?整理がつく前に交代を告げられちまったよな。

まぁ長いシーズンだからこういうこともあるぜ!と言いたいところだけどな、今シーズンのジョンソンはやはり波が荒い。後半戦に野村とジョンソンをカードの頭にという首脳陣の目論見もね、野村はいい投球をしたけどこの二人で勝てなかった。二人とも次の登板に期待するしかないけどな、次もいい結果でなければローテの再編も考えないといかんかも。意地になって引っ張るとチームのいい流れを手放しかねないからね。そこはある程度ドライに行く方がいいんじゃねぇかねぇ?

普通ならワンサイドで終わる試合展開だったけどな、その辺は打線が踏ん張って「試合」になった。この辺はカープらしさというかね、カープが生え抜きのたたき上げ集団の真骨頂というかね、夏休みで沢山詰め掛けたちびっ子達の前でいいものを見せられたんじゃねぇかねぇ?こういう展開だと主力を休ませて若手に切り替えたりね、時にはそういうことも必要だし首位にいるチームならなおさらだと思うんだよな。それでも詰め掛けたファンのために一生懸命プレーする。xその心意気がワンサイドになる展開を「試合」にした。カープのいいところだよな。

コツコツを点を上げながら8回には点差を縮められる大きなチャンス。岩ちゃんもいいところで打ってくれたしいけるかな?と思ったんだけどな、岩瀬。さすがだよな。あのピンチで出てきて広輔を三球三振。カープにも欲しいよな。あぁいう左のリリーフをさ。

中日ベンチも8回は生きた心地しなかったろうねぇ?なんせマツスタでまだ勝ってないんだからな。この間の阪神戦の2戦目ね、猛追を受けたカープと同じ心境だったんじゃねぇかねぇ?ま、これで嫌なジンクスを打ち破ったわけだから、中日も手強い相手になるだろうねぇ。

ペナント全体からみれば、今日の負けはどうってことない。ま、ジョンソンの今後には注意が必要だけどな、打線が全く打てなかったわけでもねぇし、投手陣も九里がゲレーロに2発打たれただけ。ま、明日以降もゲレーロには要注意だけどな。

明日は先発が薮田。相手は柳。これまでの成績だけ見れば薮田に軍配だろうけど、どうやら九里と一緒の夜遊びが週刊誌で報道されたみてぇでね、新婚さんとしてどうなのよ?ま、アタクシも結婚したてでも夜遊びはしたもんよ。最初にバレた時は非常に気まずかったのを覚えているよ(笑)まさか薮田も九里もその辺を引きずっているとは思えんけどな、マツスタ連敗を止めて肩の荷がおりた中日打線、集中していかんとやられるよ。今のうち嫁さんには謝っておいて納得してもらってだ、平常心で明日に備えて欲しいよな(笑)