ミスを帳消しした菊池の一発に感じた「強さ」

NO IMAGE
情報源: 広島・菊池、2年連続2桁本塁打の10号ソロ「しっかり捉えることができました」/デイリースポーツ online

野球に限らずスポーツってのは一つのミスで試合の流れが大きく変わる。だからミスをしないように練習をするんだけど、人間のやることだからな、ミスは必ず出る。

9点差を逆転された試合も守備の綻びから始まった。記憶に新しいのはヤクルトが10点差をひっくり返した試合も一つのストレートのフォアボールがきっかけ。フォアボールも意図的に出す以外は「ミス」だよな。

昨日からの3連戦は猛打で中日を3タテしたヤクルトが相手。少しのミス、ほころびをきっかけに圧倒される可能性は考えらえた。打線は誠也の先制アーチ、2回に松山の走者一掃で4-0。序盤で主導権を握ったよな。

九里は久々の先発。登板前から鼻息荒かっただろうけど、序盤の4点で余計なこと考えずにピッチングに専念できた。緩急を使ったナイスピッチングだったよな。

展開から考えて、カープが中盤で追加点を取れば楽勝。ヤクルトが先に2点くらい返せば接戦。結果菊池のホームランが出るまで粘った九里が白星を手にしたのは言うまでもねぇよな。

ただ九里の課題はいい状態、いい投球が続かないこと。ジョンソンの復帰は9月中旬くらいまでだからな、その間連戦が続くわけで九里にとっては大チャンス。これを生かしてぜひ、ポストシーズンも先発してたくさん経験をして頼れる投手に成長してほしいよな。

九里の好投に応えた形で飛び出した菊池のバックスクリーンへの1発。アタクシはこのホームランを見て「あぁ カープは強いなぁ」とつくづく思ったね。

それは直前に広輔が牽制死。ブキャナンがセットポジションに入る直前に投げた牽制に引っかかったよな。出塁のきっかけはバントヒット。当然相手としては嫌なランナーを出したわけだよな。それを牽制で刺したわけだからヤクルトとしては士気が上がるプレーだよな。

逆にカープサイドから見れば追加点のチャンスの芽をミスで摘まれたわけだから、痛ぇよな。もしこの回「タナキクマル」で結果3人で終わったらヤクルトに流れが行きそうなムードが広がる可能性は大いにあったと思うよ。

イヤ~なムードが漂いかけた中で菊池の一発が飛び出した。高めの球をしっかりとらえてバックスクリーンに一直線。このバックスクリーンに放り込んだってのがミソでね、これ相手からすると一番ショック。バックスリーンにポーンとはねるボールをみて「カープはやっぱり強い!」そう思わせただろうねぇ。

直前のミスを一発で跳ね返す。広輔も救われたし、九里の粘りにも報いることができた。本当にこの1発は大きかったし、カープが「強い、本当に強い」と心の底から感じた一発。本当に素晴らしいよな。

菊池はWBCに参戦して4月5月は疲れもあって精彩を欠いた部分も見受けられたけどな、試合に出ながら調子を取り戻してくるあたりはやはりプロ中のプロと言わざるを得ない。決して大きくない体でめいっぱいプレーする姿は野球を志す少年たちにきっと「こんな選手になりたい」と思わせるだろうねぇ。とにかくケガをせずに頑張ってほしいよな。

トドメはブラッドの一発。ようやくホームランが打てる状態に上がってきたかねぇ?まだまだ暑い夏は続くからな、ブラッドの復調は大きいよな。

この試合は3連勝で乗り込んできたヤクルトを黙らせるいい試合になったと思うし、この勢いでしっかり貯金を殖やしていきたいよな。今は順調だけどこの先何が起こるかわからん。スタメンのメンバーやローテーション、勝ちパターンの投手から故障者が出れば流れが変わる可能性もある。ベイスターズの猛追に合うかもしれん。だから勝てるときに勝っておく。貯金を一つでも多くしておくことに越したことはない、この3連戦はそんな目的意識をもって戦ってほしいよな。