福井と藤波 がむしゃらに行くしかないよ

NO IMAGE

実は新しいサイトを立ち上げる準備に入ってまして、まぁ野球がらみではないんだけどね、その準備と勉強にこの3日ほど費やしまして久々の更新ですな

その間にカープはマジック点灯。まぁ今回灯したマジックは一つずつ自力で消していく意気込みで、戦ってほしいよな。とはいっても阪神の1,2戦の戦いぶりを見ているとカープに圧倒されている、そんな印象を強く感じますなぁ。去年のようにスイスイとあっさり優勝が決まってしまうことは個人的には避けて欲しい。贅沢な悩みかもね。

今日の先発は福井。前回登板時は4回まではいい投球だったけどな、勝ち投手の権利目前でひっくり返された。抹消かなと思いきや、先発の台所事情が厳しいってことでもう一度チャンスが回っての追試。福井はどんな気持ちでマウンドに上がったんだろうねぇ?

結論から言うと前回登板よりも不安定な投球に緒方監督も渋い顔だったよな。福井を勇気づけるつもりで先制点をとったんだけど、これがかえって福井にはプレッシャーになったかねぇ?失点はいずれも下位打線の四球がらみ。特に投手の岩田に2つ四球出してんだもんな、ハッキリって野手ががっかりするんだよな。

いずれも簡単に打ち取ってな、ハイ、ツーアウト、ワンアウトってのがそれぞれのイニングの入りなわけよ。ポンポンと打ち取って表の攻撃で福井を援護しようって気持ちもこれじゃ萎えちまう。投手と野手の信頼関係ってのは、こういうところでリズムを作り出すのがイロハのイなわけよ。そこが出来ていないんだから、勝てるわけがねぇよな。

ただ福井にとってもある程度力を出し切っての白星ってのが一番の薬。6回7回くらいまでなんとか抑えてだ、その辺で野手が大量点をとって勝つってのが一番プレッシャーを感じずに勝ち投手になれる展開だろうねぇ。まぁそうそうないわな。

前にもイップスについて書いたけど、福井も打者が投手ってのがどうも苦手というか、力を出せないというかな、まぁこれは完全にメンタル面だと思うんだよな。技術的に云々って話じゃねぇよな。投手に四死球といえば昨日の阪神先発藤波もそう。大瀬良デッドボールあてちまったよな。あれは本人は相当ショックだったろうねぇ。

藤波の場合は投手が相手というよりはボールがすっぽ抜けるトラウマがあるんだろうねぇ。だから腕を振れない。思い切り振ったら飛んでもねぇところに投げちまうっていう恐怖感があるんだろうか?リリースと腕の振りがマッチすると、そら到底打てないボールがズバンと来る。ところがそこにズレが生じるとどうしても明らかなボールになる。それがイヤなんだろうかなぁ?

友人の阪神ファンはインステップを矯正されたからおかしくなったという説を唱えていた。インステップは故障の原因になるからって話らしい。まぁインステップってのは右打者に対しては向かってくるように見えるフォームだからねぇ、圧力はあるのよ。ただ、藤波の時は左打者を並べて攻略ってのは藤波攻略本の最初に書いてある。そのくらい左打者に対して分が悪い。それもあってインステップの矯正っていう意味合いもあると思うんだよな。

菊池に死球を与えた場面でタクローコーチがベンチを飛び出した。まぁあの死球で完全に藤波はやられたって感じだったよな。藤波の悩みは相手もみんな知っている。でも敢えてあぁいう形で乱闘寸前の演出して藤波をつぶしにかかったよな。恫喝かよ⁉なんて声も聞こえてきそうだけど、ピッチャーと主力に当てられているわけで文句の一つや二ついうのが当たり前。完全にカープベンチは藤波を潰しにいったんだろうねぇ。

結局は福井も藤波も「余計なこと考えてる」んだよな。打者との勝負、キャッチャーのミットめがけて集中していない。頭の片隅にどこかで失敗を恐れたり、過去の苦い経験を思い出したりね、それが悪循環を生んでいるんだろうねぇ。まぁアタクシもイップスになった経験があるけど、周りが言えば言うほどドツボにはまって抜け出せねぇのよ。自分との闘いなんだよな。がむしゃらにやるしかねぇんだよな。

二人ともいいストレートを投げるし、かつては甲子園で活躍した投手。このままでは終わってほしくない。頑張ってほしいよな。

さて試合はサヨナラ負け。同点に追いついたのにぃ~なんて歯ぎしりしている同志もいるかもしれんけど、首位攻防戦2勝1敗。これでいいのよ。2位の阪神からしたら一歩後退なわけだからな。どうだろうねぇ?今日のピッチングで福井に次回はあるのかね?先発いねぇからねぇ?もう一回くらいいくか?なんて余裕をもって言えるくらいこの勝ち越しは大きいよ。明日からはヤクルト戦。しっかり戦っていけば悪い結果にはならん。地元に戻ってマジックを一つずつ消していこうや。