もうひと踏ん張りすれば、疫病神がいなくなるはず・。

NO IMAGE

野球情報満載デイリースポーツ/広島 松山が先制2点二塁打 円陣ではヤクルト飲料一気飲み

情報源: 広島 松山が先制2点二塁打 円陣ではヤクルト飲料一気飲み/デイリースポーツ online

うちの嫁が今度ピアノ教室を開くことになりまして、今までうちには電子ピアノしかないからハクがつかねぇってことでね、有楽町でちょうどピアノの即売会があるっていうんでピアノを買いに行ったんだよ。そこで嫁がお気に入りのピアノをゲット。聞くところによると中古らしいんだけど結構な値段がする。ウン十万するんだよ。でも作られたのが1969年。車ならとっくに廃車なんだけど、ピアノってのは古ければ古いほどいいらしいんだよ。その即売会で一番高値は850万円。中古でね。なんか知らない世界を経験できたって部分ではいい経験だったよ。

 帰り際に新小岩で焼き鳥を食いながらビール飲んでてさ、ふと思い出した。「あ、今日、カープ、5時からじゃん⁉」

 時計を見ると6時半。急いで帰ったら6回で2-0でリード。でもやっぱり野球は試合開始から見ねぇとな。ってことで今日は不完全燃焼な感じはあるんだよな・。

 なので薮田のピッチングがどうだったとか、先制のタイムリーを打った松山がどうだか語る資格はなし。

 ただ、今日の試合展開で勝利をもぎ取ったことは大いに評価したいと思うんだよな。

 8月は緒方監督になって初めて負け越した。

 解説者の高木豊氏が8月の各チームの移動距離を計算するとカープがダントツで1位。死のロード言われた8月の阪神は実は移動距離がリーグで3位。でもってそのほとんどがドーム球場。カープとヤクルトに関して言えばドーム球場がった6試合。横浜の移動距離は8月たったの400キロ。カープは3500キロ以上を超えているのをみれば、チーム状態以外にも大変な8月だったてのがわかる。

 見方を変えればそれだけ過酷な日程にもかかわらず、8月を借金1でまとめたってのはある意味素晴らしいと思う。

 残り試合をみると一番苦しいのは現在好調の阪神。8月は最下位ヤクルト戦が9試合あった。上位のカープには1勝2敗、DeNAにも確か1勝2敗。そういう意味では阪神の追い上げは日程の妙もあるかもしれん。ただ今後の残り試合をみるとそのほとんどがカープ5試合、DeNAが7試合、巨人戦も結構残ってるみてぇだな。得意先のヤクルト戦は1試合だけ。勝負の9月、阪神は今勝てるだけ勝っておかねぇと苦しい展開が待っている。だからななおさら火曜日からの阪神をいかに叩くか?ここに尽きると思うんだよな。
 
 昨日の記事でも書くように、火曜からの阪神戦でどれだけのゲーム差で迎えるかってのがミソ。今日はカープも阪神も勝ったからゲーム差変わらず5.5.仮に明日も同じ結果なら5.5差で首位攻防。ってことは明日も阪神は負けられないんだよな。

 その辺のプレッシャーってのが阪神にものしかかってくる時期ぼちぼちに来ている。だから、明日もカープは勝たなきゃいけん。明日勝てば、実はプレッシャーの比率がカープから阪神に移る可能性が高い。そういう状態にしたのも今日の勝ちってのが本当にデカイということ。よくぞ勝ってくれた。アタクシはこの1勝を高く評価したいですな。

 よく言われるのが「スミ1」「スミ2」で勝つチームは強いってのがある。

 今日のヤクルト先発のライアン小川はカープにとって「天敵」7月7日大逆転を演じた時のピッチャーはライアンだったけど、あれば抑えに転向してからの話でね。先発のライアンってのに苦しめられたのは昨日今日の話じゃなくてね、ライアンがデビューの時から苦しめられてきた。

 こういう投手から白星を得るのは不安な立ち上がりでどれだけ点を取るのかがカギになる。そういう意味では初回の松山の先制タイムリーは本当に大きかったよな。

 その2点を終盤まで薮田が守り切った。終盤はお互い1点ずつ取ったけどな。実質2-0,2-1で勝った試合。形はどうでもいい。僅差の試合を逃げ切る野球ね、カープの黄金時代にはよく見受けられた戦いぶりだったよな・

 こういう勝ち方ってのは地味だけど相手には堪える。対戦相手のヤクルトはもちろん、5連勝した阪神も勝ってもゲーム差が縮まらんのだからね、どっちが焦り始めるかって話に変わっていくのよ。勝っても勝ってもゲーム差が縮まらんからねぇ。

 カープも苦しいのは今日も自慢の打線が火を噴かねぇ。そういう中で勝っていけるってのが大きいのよ。明日も勝つことによって阪神が根負けする可能性もあるしな、いい形で首位攻防戦に入ることができればいいよな。だから明日もどんな形でも勝たなきゃいけねぇよな。

 懸念された8回はどうやら今村が務めるようだね?それはそれでいいと思う。緒方監督はダブルストッパー構想なんていっているけどな、クローザーを経験した今村ならきっと引き出しが増えているはずだからな、期待していいと思うよ。

 まだまだカープの背中に疫病神がいるのかもしれねぇ。でもそんな中でも勝ち続ければ疫病神がどっか行っちまうってもんよ。その疫病神を取っ払うにはもうひと踏ん張り。だから明日の試合も何としてでも勝たねぇとな。明日勝てば疫病神は阪神の背中にくっつくに違いねぇ。そうなればカープの連覇が近づいてくる。中日をあてにせず、明日も勝つ。これが黄金時代への道なのよ。