カープの「ガラパゴス化」の申し子たちが大活躍。さぁポストシーズンで暴れまくれ!

NO IMAGE

野球情報満載デイリースポーツ/中村祐、CS先発ローテ入りアピール 巨人打線を7回3安打無失点

情報源: 中村祐、CS先発ローテ入りアピール 巨人打線を7回3安打無失点/デイリースポーツ online

昨日の記事でも書いたんだけどね、シーズンの残り試合の使い方、これってベンチだけじゃなくてね選手一人ひとりがどんな考えで取りくんでいくのか?ここもチームの成長にとってはとっても重要な部分だと思うんだよな。

昨日の試合は二けた勝利のかかる大瀬良がどんな気持ちで、心構えで投げていたのかとても疑問に思ったんだけどな、今日の先発中村祐について言えば、間違いなくポストシーズンで俺を使ってくれ!っていうオーラが初回から出たていたよな。

初回こそ球が暴れてはいたものの、とにかくストライク勝負。追い込んでからもピンチでも勝負。決して味方の点を「守ろう」というのではなく、「絶対に打たせない」って感じ。ここが何よりも大事なんだろうねぇ。結構甘い球もあったんだけど巨人打線の元気のなさもあってピンチを切り抜けていたよな。

大瀬良の話を引っ張るようで悪いんだけどな、今日の中村祐のピッチングと大瀬良のピッチングの大きな違いは追い込んでからの投球ね、残念ながら大瀬良はここから「勝負」しないでかわす投球になる。ここを見送られて並行カウント。慌てて勝負に行ってもそれを見逃されて四球、前の球がボールになったから甘めに入ってそこを打たれる。球数の多さもそういうところからくるんだろうねぇ。とにかく無駄な球が多すぎで結局自分の首を絞めてる。やはり常に「勝負」ってものを意識しているかどうか?今日の中村裕のピッチングを見る限りでは大瀬良<中村裕という評価が下ったんじゃねぇかねぇ?

まぁそれにしても今日の勝ち方は素晴らしかったよな。仮に巨人がCSに出て勝ち上がってきても、とてもカープにはかなわない。そう思わせるには十分な内容だったよな。

一つは初回の点の取り方。とは言っても巨人にとっては「あげちゃった1点」と思っているかもしれんけどカープにとっては「もぎ取った1点」なんだよな。きれいなタイムリーじゃねぇ、先頭打者をいろんな戦法を駆使して1アウト3塁の場面を作っての相手のミスだからな。こういう点の取られ方はやられた方はキツいのよ。マイコラスも初回早々気持ちが切れちゃった印象だったよな。

全く話がずれるけど、どうもマイコラス、今期限りの感じだねぇ。いつもの投球と気迫が感じられなかった。なんか目標を失った目をしていたような気がする。メジャー復帰かな?それとも美人の嫁とケンカでもしたのか?マシソンもどうやらそんな話があっちこっちから聞こえてくる。巨人も正念場じゃねぇかな?いろんな意味でな。

それと5回の攻撃ね。ツーアウトランナー無しから2点。結局カープのこういう攻撃が相手からすると「強力」に見えるんだろうねぇ。それと走力の強さも見せつけられる。そんな攻撃だったよな。丸がヒット、まっちゃんが外野を抜いちゃえばアウトカウントと丸の走力を考えれば1点だもんな。注文通りの攻撃だった。まぁこれで終わらないのカープでね、そのあとのバティスタの右方向への強烈な打球のタイムリー。これが結局はダメ押し点。ツーアウトランナー無しから中押し、ダメ押し点を取る。ここが相手から脅威に見える所以だと思うよ。

まぁそれにしてもバティスタは日に日に成長しているねぇ。今、すんげぇ楽しいんじゃねぇかな?あれだけのパワーがあれば外の球を少々強引にいってもいいものを、しっかり外の変化球を右へ持っていく。もともとパワーがあっからすんげぇ打球が飛んでいく。この辺はファームの時から徹底的に言われているんだろうねぇ。緒方監督も言っていたけどメヒアも含めて彼らは助っ人外国人選手ではなくて日本人選手として扱うなんていってたけど、この二人を育てて戦力にしてくっていう、はたから見ると遠回りのような施策でも、来てみてからじゃねぇとわからんよりも長期契約でカープの野球を叩き込んでいくって方が効率がいいよな。ただ、他球団がカープのマネをしても絶対にできない。それだけカープはある意味日本プロ野球の中で独特のチーム事情や方針によって「ガラパゴス化」していったんだろうと思うしな、それが今、花開いている。見様見真似でやってもカープに携わる人たちの気持ちや思いをマネすることはできねぇんだよな。だから無理なのよ。

例えばスカウティングにしても独特の考え方、選手を選ぶ基準も他球団とは違う。だからカープの基準に合う素材はそんじょそこらにはいない。だから全国を歩き回る。そこで見つけたのは黒田を筆頭に菊池や松山、鈴木誠也や薮田、中崎とかね、決して甲子園で鳴らしたわけでもねぇ選手がセリーグ連覇をしたチームの主力になっているのが何より証明だよな。

育成方針も独特だよな。まぁ怪我もあったんだろうけど、中村祐太は指定強化選手で入団当初は3軍でしっかり身体づくりから始めたよな。近々先発が予想される3年目の藤井や去年の高校ビッグ4の一人高橋昴也なんかもそうだよな。こういう仕組みも中村裕の今日のピッチングを見れば、やはりカープらしい育成方針だよな。

昔から契約更改やFAの球団のスタンスなんかも独特。もちろんない袖は振れねぇ時代もあったのも事実だけど「広島は物価が安いから…」といって選手を納得させたなんて話も聞く。これも広告塔としてしかプロ野球を見てこない他球団と比べれば独自のスタンスだよな。

こういう独自性が一つの球団のモデルケースになりつつある。いや、もうなっていると思うけどな、広島の地域性や県民性、カープの生い立ちなんかをマネしろったって出来るわけがねぇ。だから敢えての「ガラパゴス」なのよ。

その象徴が今日の試合で活躍した選手、お立ち台に上がった選手なのよ。開幕前、中村、バティスタのお立ち台を誰が想像しただろう?タイムリーを打った野間もそうだよな。野間だってアマ時代は無名に近い存在が今やチームにとって欠かせない戦力だよな。そしてそんな選手たちが大型補強をした巨人を相手に完勝。愉快痛快以外の言葉が見当たらんよな。

こうした選手が躍動しているのも「ポストシーズンで試合に出たい!」って気持ちなんだろうねぇ。そうやって残り試合を決して無駄にさせない選手たちを見ていると、黄金時代がどれだけ続くのか?また一つ楽しみが増えたような気がするよな。とにかく今日出た選手たちがCSや日本シリーズで暴れまく姿に期待したいよな