ビジターパフォーマンス席って無くてもいいと思う。

NO IMAGE

広島東洋カープは1月25日、2018年度セ・リーグ公式戦より、「マツダZoom-Zoomスタジアム広島」(広島市南区南蟹屋2)のビジターパフォーマンス席を分割すると発表した。

情報源: カープが球場のビジター席を分割 対象試合では「3塁側パフォーマンス席」に(写真ニュース)

前回の記事で転売チケット問題について長々とやっちまったんだけどな、今度はカープ球団がDeNA、中日、ヤクルト戦に限り3塁側ビジターパフォーマンス席をビジター席と一般席に分割するって奇策を打ってきた。まぁこのニュースに関しては賛否両論あるだろうし、カープファンだけじゃなく他球団のファンからも色んな意見があるみてぇだな。

なぜこんな奇策に出たかと言えば、「もう一つのチケット問題」解決に球団が乗り出したということだろうねぇ。

シーズン中にも指摘されていた一部の「意識高い系カープファン」がビジターパフォーマンス席のチケットを購入・入場し、その席には座らずコンコースで立ち見をしているというね、一言で言えば「インチキ」やってる輩が多くてマツダスタジムのウリでもあるコンコースでトラブルやらかしみんなに迷惑かけてるってこと。

色々な角度で球場の雰囲気を楽しんでもらうためのコンコースだし、本来野球場ってのは楽しむところ。だから堅苦しい縛りってのはファンのそういう気持ちに水を差すわけでね、球場の方もあえてルールの抜け穴ふさがないで置いたわけなんだろうけどな、それを逆手にとってたくさんの人に迷惑かけてるって話。困ったもんだよな。

カープ球団のHPから画像を拝借したんだけどな、どうなんだろうか?ビジパフォ席を等分に分けるってわけじゃなくて明らかに3塁側パフォーマンス席の方が多くスペースを取っている。これに対し該当の球団のファンから「ふざけんじゃないわよ!」って声が上がっている。まぁ気持ちは分からないでもない。

3塁側パフォ席では鳴り物や過激な応援以外は何でもあり。ビジターのファンも座ってOK。個人的には血の匂いがしないでもないが(笑)、まぁ最近のファンは寛大な人が多いからそういうことにはならんとは思うが、コンコース問題とは別の新たな問題が出てくる可能性は大きいよな。ファン同士のいざこざであそこから突き落とされたなんてニュースが踊らないとも限らん。境界線にズラッと警備員を並べたり警察官が常駐でもしないと安心して見られないなんてことにならんといいんだけどな。一言でいえば中途半端感は否めんよな。

ここからはアタクシの個人的な意見だけどな、ビジターパフォーマンス席なんてやめちまえばいいと思ってる。まぁこういうと他球団のファンの締め出しみたいに聞こえるし、ただでさえ最近のカープファンは評判悪いからな、傲慢だ!なんて怒られるかもしれん。他の球場じゃ3塁側、レフト側をビジターであるカープファンが占拠してるじゃねえか!って声もあるだろう。

そもそもなんでビジターチームの応援席があるかと言えば、発端は対戦球団のファン同士の衝突を避けるため。本音の部分は営業的にホームチームのファンだけじゃ席が埋まらんから対戦相手のファンも来てもらうための策でもあるってことだよな。

面白いデータがある。ホーム球場「以外」の観客数で、全国的な人気がわかる。/Number Web

カープがロードに出た試合の観客動員数は237万人で12球団トップ。動員率でも阪神の次に2位。わかりやすく言えば、他球団主催の試合で一番お客が入るのがカープ戦だってこと。そら、お客が入るんだからたくさんのビジター応援席のスペースを広げることが主催チームの売上に繋がるってことだよな。

例えば神宮球場やナゴドあたりはなかなか自チームのファンだけじゃ満員にならん。東京ドームだってカードによっては空席もチラホラみられる。交流戦に至ってはどの球場でも真っ赤に染まっているよな。これがヤクルトや中日戦だとこうはならんだろうねぇ。

何年か前にお付き合いでヤクルトとソフトバンクの試合を神宮に見に行ったけどな、ガラガラだったよ。まぁ平日ってのもあったけどカープ戦とは全然違っていた。ちなみ前出のデータでソフトバンクはホームでの観客動員数はトップクラスもロードに出ると観客動員数は最下位。いかに各球場カープ戦が「ドル箱」カードかってのが理解できると思うんだよな。

話を元に戻すけど、他球団は売り上げの足しにするためにビジター席を設けている。もちろんそれだけが理由ではないんだけどな。さて、カープのマツダスタジアムの場合だけど、現状ビジターファンの動員を考えなくても十分に満員になる。それなら何もビジター席を設置することもないと思うんだよな。

野球観戦の暗黙のルールでホームチームは1塁側(逆の球場もあるが)、ビジターは3塁側って決まってるんだからビジターファンは3塁側に座ればいい。別に隔離する必要なないと思うんだよな。「それじゃ応援できない」なんて声が聞こえてきそうだけど、現状対象になった3チームのビジパフォ席はガラガラ。まぁ一部のカープファンの不正行為がその理由の一つってのは否定できないけどな、それを差し引いても余っている席には客を入れた方が売り上げは稼げるわけだ。

球場には当然キャパがあるわけで、マツダスタジアムは球場概要のホームページをみると収容人数は33,000人。中継を見ているその日の観客数が発表になるけど大体たくさん入ってるなぁ~って印象があっても31,000人台だよな。

ビジパフォ席は1,679席あるそうだ。仮にここをカープファンで埋めて1,500人増えたとしよう。主催試合を71試合と考えれば10万人以上の観客増。ビジターファンのために空けておくよりもよっぽど売上に繋がるわけだ。

もちろん反対意見もあるだろう。でもアタクシはお客が入る間はそれでいいと思うよ。例えば中日にイチローが入団したとしよう。そうなればイチロー見たさに中日ファンがマツダスタジアムに押し寄せるかもしれん。そういうお客を呼んでくれるチームにビジパフォを割り当てればいいのよ。スポーツとは言え興行なんだし入場料は球団の大事な収入源。、親会社を持たないカープはなおさら興行収入は球団経営に大きなウエイトを占めるもんな。

個人的にはこのカープ人気も日本一になったり、成績が低迷して来ればこの熱も徐々に冷めてくるだろうと思っているよ。ずっとこのままってのは相当な球団の努力も必要だろう。ただ広島の中では間違いなくカープはNO.1コンテンツなわけで、やはり広島という決して大きくない商圏で球団経営をやっていかなきゃならん。横浜や神宮のように交通の便がいいわけではないし、首都圏との人口比率から言ってもビジター客はあてにならんのよ。やはり常にカープファンでマツダスタジアムを満員にするってのを考えていくことがアタクシは大事だと思うんだよな。

大体、すぐ隣で私設応援団がトランペットや太鼓をたたき、ビジパフォというある意味隔離されたエリアでカープファンが野球を集中して見られるか?って言えばなかなかYesとは言えん。結局居心地が悪くてコンコースにおりて観戦という流れになるのは容易に想像できる。個人的にはコンコース立ち見問題は解消できないと踏んでるんだけどな。ただ席が埋まることは間違いないだろうねぇ。

そういう結果になったとして、ビジパフォを分割する意味があったのか!?って議論になりそうな気がするんだよ。だからね、いいんだよ、いっそのことビジパフォ廃止で。180度見渡す限り赤一色も悪くねぇよな。いいんだよ、そういう球団が一つくらいあっても。

え?やっぱ、ダメかね!?(笑)

スポンサーリンク