もしも、菊池・田中の二遊間が故障したらどうする!?

NO IMAGE

昨日の紅白戦ね、1軍キャンプ抜擢組の塹江や藤井、昨シーズン5勝の中村祐太のピッチングを楽しみにしていたんだけど、どいつもこいつも散々な結果だったよな。まぁ寒さであったり硬いマウンドであったりね、マイナス要素はあるんだろうけど、結果を出している投手もいるわけだから、その辺を言い訳にしてちゃ、上手くならねぇ。まだチャンスをもらえるとは思うけど、いかに自分の投球をするのか?キャンプで取り組んできたものをゲームで出すことができるのか?余計なことを考えずに頑張ってほしいもんだよな

逆に昨シーズンの優勝を決めたメンバーがほぼほぼ1軍キャンプに名を連ねた野手陣は順調そのものみてぇで安心だよな。気になる誠也の回復具合は寒さもあって前進の歩幅がまだ小さいみてぇだけど、焦らずやってほしいよな。

打線の要であるセンターライン、タナキクマルは順調そのもの、貫禄がついてきた感さえある。特に丸の打撃は思わず「さすが」と言わざるを得ないバッティングを見せてくれているよな。そら、去年のMVP、若手投手にビビるなというのは酷かもしれん(笑)

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプ中継のいいところはノックやフリーバッティング、ブルペンの様子も見られるのがいいよな。特にシートノックなんかは誰がどのポジションについているのかでベンチの構想がある程度見えてくる。

カープのセンターラインはかつてないほど充実しているし、プロ野球の歴史を見てもセンターラインで1,2,3番を打つってのはあまり見かけない。それほど完成度の高いセンターラインと言えるよな。

でも、もし、この一角、いや二角、三角と故障してしまったら!?なんて目を覆いたくなるようなことを考えたりすると、例えば菊池が故障したら誰がセカンドを?丸が故障したら誰がセンターを?と考えてみるとそれが庄司であったり西川だったり、安部だったり。外野に関してはレフトライトはいっぱいいるけどね、センター本職ってのは見当たらん。紅白戦をみると堂林?かなって感じだよな。

それよりも何よりも一番心配なのは守備の要・ショートストップ。広輔が故障したら誰がショートをやるのか?まぁ議論が分かれるところかもしれんねぇ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

紅白戦では安部と西川が交互に守っていたみてぇだけどな、守備の要だぜ?ここにショートの「本職」がいねぇってのがカープで唯一薄い部分。アタクシはこう思っているんだよな。

確かに安部はショートでプロの飯を食ってきた実績が一番ある。ただ、ショートやっていた時はエラーや送球ミスが多くてコーチや野村謙二郎前監督に小突かれたりしていた。決して「上手い」ショートではないよな。

他に実績組としては小窪がいる。が、残念ながらこちらも決してうまいとは言えんしどちらかというと、ショートを追われてサード、代打の道に進んだわけだしチームの将来を考えるとやはり厳しいと言わざるをえんよな。

ファームを見渡してみると桑原樹がいる。大型内野手で4年目くらいかな?どちらかと言えば打撃に魅力のある選手だけどな、この辺が血眼になって広輔の首を取るくらいの気持ちで上がってきてほしいもんだよな。


こうしてみるとやはりショートの人材というのが不足しているかなぁと感じたよな。今年のドラフトはその辺が補強ポイントになるかもしれんよな。

センターラインの固定ってのはチーム編成上重要だよな。現にここを固定できずに浮上できないチームは沢山ある。カープが連覇できたのもここがしっかりしているからと言っても過言じゃないだろうねぇ。

ただ、ベンチも選手もカープのセンターラインを聖域化し始めてはいねぇのか?そんが気がしてならんのよ。それでいいのか?と。ここの一角が崩れるだけもでチームに与えるダメージが大きいし、相手からすれば組みやすしとなるからな。


アタクシは若手の中で、この聖域化されつつあるセンターラインに挑戦状をたたきつける若手が出てきてほしいなぁと思っているよ。そら、口には出して言えんだろうけどな、菊池や広輔、丸の背中を追いかけて、「いつかはこの人からレギュラーを取ってやる!」って強い気持ちを持った若手がどんどん出てきてほしい。

それが西川でも桑原でも美間でもいいのよ。そんな気持ちで練習に取り組む選手が沢山いればね、センターラインが故障した時に大きな戦力ダウンをせずに戦えるってもんよ。


だいぶ前の話になるがカープはかつてセンターライン、特に二遊間に苦労した思い出がある。野村謙二郎がベテランの域に入ってきたときにショートでこれは!ってのがいなかった。助っ人(シーツ・ラロッカ)に二遊間やらせたり、ドラフト1位で指名された東出が入ったり、尾形(現スカウト)だったりと世代交代を試みたんだけど特にショートに苦労した。梵が入団してからは安定したけどな、それまでも本当に二遊間、特にショートには苦労したんだよ。まぁそれが長きに渡るBクラスの低迷の一因でもあったんだけどな。

そうした黒歴史もあることだからな、やはり若い選手には試合に出られるポジションの練習ももちろん重要かもしれんよ、プロ野球は試合に出てなんぼだからな。でも心のどこかに菊池を広輔を丸を絶対に越えてやる!って意気込みで練習に取り組む気持ちもしっかり持ってやってほしいよな。そんな若手はこのキャンプでは見当たらんかった。でも何が起こるかわからんからねぇ。広輔だって梵の故障からレギュラーを取ったし、菊池も東出故障の間にセカンドを自分のものにしたんだからな。下剋上、大いに結構。そうやって切磋琢磨しながらやっていくのも黄金時代を5年10年と築き上げるためには必要なことだと思うけどな。

スポンサーリンク