「3連覇の鍵を握る男」2.大瀬良、収穫と課題。剛腕復活なるか⁉

「3連覇の鍵を握る男」2.大瀬良、収穫と課題。剛腕復活なるか⁉

野球情報満載デイリースポーツ/大瀬良、収穫と課題 直球の威力抜群も…

情報源: 大瀬良、収穫と課題 直球の威力抜群も…/デイリースポーツ online

平昌オリンピックも終わっちまったな。アタクシの筆が鈍ってしまったのもどうしてもオリンピックが気になってしまってねぇ(笑)とくに女子のカーリングはカープ以外には目もくれないアタクシが久々にテレビにかじりついた。全試合みちまったよ。

カーリングってのはどこかしら野球に通じるところがあるよな。長いイニング(エンド)を戦うってところや、得点の入り方なんてのも1点からビッグイニングまで展開次第では可能。終盤の接戦になればなるほど後攻が有利とかね、一つのミスが得点につながりやすいなどなど。時折、日本チームをカープに置き換えてみたりね、結構楽しかったよ。


先週末からいよいよオープン戦も始まったよな。まぁオープン戦の最初の5,6試合は主力の実戦経験が前半、後半は若手や使ってみたい選手を入れ替わり立ち替わり試す場。勝ち負けなんてぇのはもう少し後から考えればいい。だから、投手が交代した時点で試合をぶつ切りにしてみると面白い。勝った負けたじゃなくて、例えば薮田が登板した3イニングに関しては薮田ビシッと抑えて打線も3点先制したから薮田降板まで非常にいい内容だったよな。主力級の仕上がりの良さが確認できただけでも大きな収穫よ。

ところが2点リードの場面で1軍昇格の長井が8回に登板。当然、ここでなぜ長井が起用されたのか?リリーフの適正がどうなのかってことだよな。まぁ緊張もあったんだろうけど連続四球から4失点。予定がどうだったかは定かじゃねぇけど1/3イニングがやっとってところ。思い切り期待を裏切ってくれた(笑)この経験を生かして次のチャンスで見返してほしいよな。

次に出てきたオスカルね。まぁ気の毒っちゃあ気の毒なんだけど、長井のランナーだけじゃなしに自分もランナー貯めて吐き出し5失点。自身のエラーもあったし守備に足を引っ張られたってのもあるけどな、一つだけ大いに反省してほしいのは交代した最初の打者は左の好打者・銀次。こいつにヒットを許してしまったらオスカルよ、1軍ベンチに君の居場所ないのよ。なぜこの場面で起用されたのか?その意味を理解していたかどうかはわからんけど、フルカウントから左の変則が左打者に打たれてしまっては全く意味がないのよ。まぁそのあと左打者・岡島を三振に仕留めたのは収穫。最初からやれよって話なんだけど(笑)、自分が何を求められて起用されているのか?その場面で結果を出さねぇとな。公式戦なら銀次に打たれた時点で2軍行きだよな。頑張ってほしいもんだよ。期待してるんだから。

まぁ結局はこの二人のお陰でグダグダな試合になっちまった。ぶつ切りに考えれば、最初の3イニングはカープの野球、中盤は高橋昂也が一発打たれたけど、6回のノーアウトで出した打者に盗塁を許してピンチ背負ったけどな、冷静にゴロアウト3つ取って凌いだ。その裏に3点取ったからここもカープの勝ち。継投に入ってジャクソンも好投でここは引き分け。8回はカープのコールド負け(笑)。まぁそんな感じでオープン戦序盤はぶつ切りで内容を評価していったらいい。そういう意味では明るい材料が多かった初戦だったよな。

さぁて、ここからが本題。昨日の大瀬良。キャンプでは非常にいいよ~なんて情報が耳に入っていたんだけどな、フォームも去年の三塁側へ一度顔を向けるフォームをやめてね、足を上げてからワンテンポ置いて投げおろす直球の威力は間違いなくよくなっていたよな。

先頭の坂本、吉川を連続で三球三振。巨人相手でこれをやってくれるってのは気持ちいいよな。

ところが続くゲレーロに一発を浴びた。変化球が外国人選手が一番好きで、一番飛ぶコースに行っちまったよな。まぁそれをしっかり仕留めるゲレーロも素晴らしいってのもあるけどな、大瀬良の入団からの悪いところはここ。テンポよくポンポンと行くとガツンとやられる。ここからピッチングが変っちまうんだよな。

続くマギーに対しても変化球のコントロールが甘くなったりボールになったりと最後にはいい当たりを食らっていた。3分前の大瀬良とは別人になっちまった。切り替えがうまく出来ない、一つのミスを次の打者に引きずっちまう部分はあまり変わっていないなぁと思ったよな。


もちろん、オープン戦の初の登板。緊張感もあったろうし、変化球の精度もまだこれからってところなんだろうけどな、最初のうなるような直球で「変わった!?」と期待度MAXになったところで急に悪癖が顔を出したところが残念。調子に乗って登って行って振り返ると梯子を外されてビックリ!?そんな気分になっちまったよ(笑)

それはともかく昨日見せてくれた直球の威力ってのは今年の大瀬良に期待を寄せるには十分なものだったよな。もともと直球主体の投球の方がいい結果を出していたんだけどな、それをちょっと打たれると先ほども書いたように人が変ったような投球になっちまう。変化球を多投しかわそう、いなそうとする。そして四死球でランナー貯めて痛打を浴びるってパターンが多かった。

ただ今年の直球の威力というのはそういった失投で弱気な気持ちを振り切るだけの力を持っていると感じたよな。そこを大瀬良自身が理解して、気持ちを切り替えて剛球を投げ込むところができるか!?アタクシはここに大瀬良の今シーズンがかかっている思ったな。


去年の二桁ってのは打線やブルペン陣の助けがあっての二桁。大瀬良本人もそこんとこはよくわかっているだろう。だから二桁勝てたフォームを捨ててさらなる向上を目論んでのフォーム修正だと思うし、気持ちも近年にはない、いいモチベーションでここまで来ているだろう。

年齢も今年27歳。そろそろエースになるならお年頃だろうねぇ。もう若手ではなくて中堅、中心選手に片足は間違いなく突っ込んでいるわけで、薮田や岡田を引っ張っていく立場にならなきゃならん。昨年以上の成績をあげなきゃならん立場だよな。

剛球復活の期待とすぐ受け身になる悪癖。まだまだ隣り合わせで表と裏があってすぐに裏にひっくり返る不安はあるけどな、大瀬良には今シーズン12,3勝はあげられる、あげてもらわんといかんよな。ジョンソンと共にアタクシは先発陣の大きなキーマンになると思っているよ。

もっともっと完投や少なくとも直接クローザーにバトンを渡すくらい、長いイニングを任せられる試合が増えればね、3連覇の影をグッとこちらに引き寄せることができるだろう。これまで大瀬良には厳しい意見が多かったアタクシだけどね、あの剛球をみせられて一気に見方が変ったよ。剛球復活。大瀬良大地。3連覇の鍵を握る男その2に指名するよ。頑張ってほしいよな。

スポンサーリンク