カープ戦チケット狂騒曲 カープ球団はいつまで性善説でチケットを売るのか?

カープ戦チケット狂騒曲 カープ球団はいつまで性善説でチケットを売るのか?

広島スポーツニュースメディア【ひろスポ!】は広島のスポーツ情報をプロ・アマ問わず深く掘り下げて発信する新しいスポーツニュースメディアです。スポーツコミュニケーションズ・ウェストがお届けします。

情報源: 5試合縛りでもやっぱり525万円購入、マツダスタジアム入場券窓口で、後ろのファンから「早よ替われ」「1時間以上も長すぎる」

隣町でうまいラーメン屋さんを見つけてね、結構美味かった。その時に偶然うちの店によく来店されるお客さんがいてさ、席が離れていたんで声はかけなかったけど、後日店に来られた時にそのラーメン屋さんの話になった。聞くと近々近所にその店が支店を開くと。まぁオープン直後は並ぶだろうから、一カ月くらい経ってから行くつもりでいたんだよ。なんせ、アタクシ、並ぶのが嫌いな質でねぇ。

ところが昼の1時過ぎに行ったんだけど結構並んでた。子連れだったしな、その日はあきらめたよ。で、じゃ昼飯どこで食おうかと途方に暮れていたら、そういえば学生時代に安くてボリュームのある町中華の店があったのを思い出してね、あそこなら中華だけじゃなくて和定食やハンバーグなんかもやってた。そこなら知ってるよと妻に言うとじゃ、そこでとなった。

ただ心配だったのはアタクシが学生時代、二十歳くらいの話だから27,8年前の話。まず、その店が残っているかどうかってのが最初の関門でね、次の角を曲がったらその店があるんだけど、その角を恐る恐るのぞき込んでみると…?

あったね、看板も店構えも昔のまんま。店はだいぶ痛んでいたいたけど小ぎれいにしていてね、味もボリュームも昔のまんま。妻も喜んでまた来ようなんて言ってくれた。夜は夜とて煮込みや刺身で一杯やるにはいい雰囲気の店だしな。広くて客の回転もいいから並ばないで済む。

並ぶといえば3月1日に売り出されたカープ主催の公式戦のチケットね。引用した記事にもあるように今年も「やっぱりね」という結果だったみてぇだな。このブログでも一カ月くらい前にこのチケット問題を書いた。

チケキャンサイト閉鎖・経営者逮捕とカープ戦チケット高額転売問題に長々と。
ビジターパフォーマンス席って無くてもいいと思う。

聞くところによると発売の一カ月前からテントで場所取りしてるのがいるって話を聞いてね、直感でこら、去年と同じ結果になるなぁってのは誰でも予想できたんじゃねぇか?ファンクラブの先行販売でも取れなかったと報告するSNSの嘆き記事も多数見られた。まぁ結局は転売屋さんが沢山お買い上げいただいて、カープ球団は万々歳なんだろうな。最終的には去年と同じペース、3日で完売しちまったよな。5試合縛りは効果がなかったってことだよな。

球団としてはこの時期に一斉発売やって仮に残ったら、いろいろイベントや地元企業や自治体回って営業活動するんだろうけどな、もう年間指定席、ファンクラブの先行発売、一般売り出しとどれを見てもチケットが欲しいという人で溢れ返ってるんだからさ、いつまで一昔前のやり方をやってんのさ!?と。のんびりしてるよな、カープ球団は(笑)

そんでもってすでにヤフオクやチケットストリートをのぞいてみるとあるわあるわ、9月の最終戦のチケットまで出品されてる。長時間並んだ方やコンビニの端末機とにらめっこした方もいただろうねぇ。その傍らでこんなの出されたら嫌になっちゃうよな。こんな苦労しても取れないならいっそのこと多少高くてもって楽な道を選ぶ気持ちも痛いほどよくわかるよ。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

球団もお一人5試合までなんて縛りを作ったらしいけど焼け石に水。窓口での売り出し時の最初の人から500万円以上と200万円以上買ってるって話を聞くとね、もうさ、一人2枚までなんて縛りにしねぇとにっちもさっちもいかねぇよな。ファンクラブに入っている人が1試合も取れねぇなんてぇのはファンからしてみれば本当にバカバカしいよな。ファンを舐めんなといいたいよな。

球団も本当に対策練っていかんとファンにそっぽ向かれる日もそう遠くはねぇだろうねぇ。まぁ根本的には考え方を変えんといいアイデアは出てこないだろうねぇ。
アタクシは東京生まれの東京育ち。まぁどちらかというと下町の部類に入る地域だから、義理人情、人の優しさってが多少は残ってるところだけどな、何度か広島を訪れたけど広島の人はみんな優しいし温かい。だから何度でも行きたくなる。これ、お世辞じゃなくて本当にそう思うのよ。

なんだっけ?広島ガスさんのCM、もちろん東京じゃ見られないから動画サイトでみたけどな、あれはいいよな。本当に優しさ溢れた温もりのある街、そしてカープを愛している人々。そんな印象をずっと持ち続けているよ。

だからカープ球団のこれまでのチケットの売り方も優しいというかね、「性善説」的な考えのシステムだから悪意のあるものからすれば、そのシステム自体隙だらけの穴だらけなのよ。カープファンは、広島の人はいい人で優しい人が多い。その前提で作られたチケットの販売方法を180度転換しないとね、カープ人気が落ちてくるまで同じことの繰り返しになっちまうのよ。

例えば引用記事にある、テント村の話。性善説的な発想なら「なんて熱心なファンなんだ。テントはって泊まり込みなんて大変ねぇ、体に気をつけて…」なんて見守っちゃうかもしれん。せっかく張ったテントを撤去するなんてなんだか悪いなぁと大目に見ちまうことだってあるだろうよ。

でも売り出し一カ月前からテントはって順番待ちしているなんてぇのは一言で言えば「アンタ、どんだけヒマなんだ!?」って発想になる。そしてお人よしの人なら一人の人間がテントで寝泊まりしながら売り出しを待っていると思うだろう。

ところが蓋を開けてみれば、人が入れ替わり立ち替わり交代で売り出しまで待っているわけで、これは複数の人間がかかわっているってこと。これはもうチケットを買うために組織が構成されているってことだし、そう考えればこれに関わっている人たちには間違いなく「報酬」が支払われているはずなのよ。ボランティアでこの寒波の中、屋外で待つってのは無理だろ?銭もらえるからやってるのよ。報酬を払っているってことはそれを払ってでも利益が出る何かがあるわけじゃない?だいたいそんなにチケット買って一人で全部行けるわけねぇじゃん。そもそもそれだけ大変な思いをしてまで大量にチケットを入手しなきゃいけない「正当な理由」が見当たらんよな。

つまり、そういう輩は転売屋に決まってるんだよ。そういう前提でこいつらに接しなきゃダメなんだよな。

何?町内会だって?野球のチケットだけで200万円も予算のある町内会なんて聞いたことねぇよ。どんだけ予算あるんだよ?その町は?これだって普通に考えれば不自然極まりないのよ。

町内会や子供会、サークル向けにカープはコミュニティチケットってのがある。仮にこのチケットを買ったのなら1時間はかからんだろ?5試合って縛りがあるんだから、町会なんだから日時もあらかじめ決めているだろうし、この日とこの日で100枚ずつなんて注文すれば、そんなに時間かかる分けねぇだろうねぇ。チケット発券に時間がかかるなら当日窓口渡しだっていいじゃない。町内会なんだから、みんなで貸し切りバスで行くとか、まとまっていくわけだから何もその場でチケットなんて渡さんでいいのよ。

だから5枚以上の希望は別窓口にして、一人1試合4枚までって縛りにしたらいい。それ以上は球団にネットやファックスで申し込んで一般発売じゃなくて団体扱いで別枠作ればいいじゃない。希望の日が枠いっぱいならゴメンねでさ。で、一度当選した団体はその年は申し込む資格なしでいいのよ。人気があるからゴメンねで。

「え?200万円もご予算があるのですか?なら球団営業部にご相談ください」としたらいい。窓口のおねぇさんじゃ荷が重いし、かわいそうだよ。そこで転売屋と球団営業が差しで交渉すればいい。ヤバそうなら断ればいいだけの話よ。交渉成立ならチケットは当日渡しでいい。

年間指定席以外でも企業からチケットを取りたいってのもあるだろうよ。そういうのは法人窓口を作って交渉すればいい。で、その企業の身元をしっかり確認すればいいのよ。これもチケットは当日渡しな。

あらかじめ予約番号とかそんなのは伝えなくていい。窓口で団体名や企業名、そして代表者のIDを確認。IDはコピーを取らせてもらってね。

何もそこまでしなくてもっていうん人もいるかもしれんけど、そこまでしなきゃダメよ。転売屋がなんか言われたら町内会、旅行会社なんて口先三寸で大量のチケットが買える環境じゃ改善しないのよ。「何もそこまで…」って人情に付け込んで彼らはチケットを買い占めている。その前提で物事考えるのが普通じゃねぇか?

ファン心理として沢山試合を見たいって気持ちもわかる。でも転売屋が暗躍する今を変えるためにはまともなファンはグッと我慢よ。今は我慢。一人4枚縛り、いや、アタクシは2枚縛りでもいいと思っている。一人が買えるチケットの枚数が少なければ少ないほど、転売屋は人海戦術を取らなきゃならんから人件費がかかる。人件費が高騰すれば「もうけ」がなくなる。

入手枚数が少なければ、少ないほど高値がつく可能性もある。でもあまりにも高すぎれば絶対に最後は残って叩き売ることになるだろう。そうなればカープ戦のチケットの旨味が無くなるのよ。そのうち商売しているのが馬鹿らしくなるわな。

転売屋は少ない人件費でどれだけのチケットを持ってこれるか?勝負はここでしょ?いわゆる仕入れ値を高くすればいいのよ。500万円で1500枚チケットを仕入れていたのが、500万で750枚しか仕入れられなくて、なおかつ人件費も高騰する。こうして締め上げればいいのよ。

球団も「性善説」じゃなくて「性悪説」的な考えに立って対策練らんと。高額転売は「悪」なのよ。高くても買うって人はいるだろうけど、問題は値段じゃなくて、こいつらがチケットを買い占めていることがファンにとって問題なのよ。こいつらにチケットが渡らない方法で販売することを考えなきゃ変わらんよ。縛りが強ければ強いほど、確かに必要なチケットの枚数が確保できないかもしれない。そういう不満は出てくるだろう。でも幅広くカープファンに足を運んでもらえることと高額な転売を防ぐためと説明すれば良心的なファンは納得してくれるだろうよ。

どうやら政府もインターネットダフ屋の取り締まりを強化する法律を国会にあげる準備をしているようだねぇ?この会合にはNPBも参加しているって話だ。まぁ東京五輪を視野に入れてのことだし、音楽業界も同じような問題に頭を痛めている。どうか知恵を絞っていい方法を考えて欲しいよな。まぁ一番考えなきゃいかんのはカープ球団。しっかりしてほしいよな。

スポンサーリンク