うれしい野間の成長。相手のミスを突く野球で交流戦の戦い方を思い出せ!

うれしい野間の成長。相手のミスを突く野球で交流戦の戦い方を思い出せ!

野球情報満載デイリースポーツ/野間、広島連敗止めた人生初サヨナラ打 逆転2点適時打「サイコーです!」3連発

情報源: 野間、広島連敗止めた人生初サヨナラ打 逆転2点適時打「サイコーです!」3連発/デイリースポーツ online

昨夜は上の息子の就職内定のお祝いでね、阪神ファンのマスターのやっている居酒屋で親子観戦。のっけから岡田はストライク入らんし、誠也は外野で不味いプレーを連発。「今日もダメか…」と下を向いてしまった同志も多かったでしょうなぁ。

 正直、この試合何点取られるんだろう!?と思っていたけどな、2回以降は岡田も立ちあおって、リリーフ陣も踏ん張った。
何かあるぞ!?追いつくかもよ?なんてムードを作る大きなきっかけになったよな。

 まぁビハインドの展開だったから、8回はアドゥワ、9回藤井と若手に託したわけだけど、この二人も隙なく3人で片づけてくれた。頼もしかったよな。また次に繋がるだろうし、自信になったろうねぇ。それに藤井はプロ初勝利!おめでとう!これでようやく本当のプロ野球選手になったよな。ここからまた一つずつ白星を積み重ねて欲しいよな。

 それにしても日ハムの上沢は久々に見たけどいい投手になったねぇ。以前からその素質ってのは素晴らしいと思っていたけどな、本当に安定していたよな。その中でもぎ取った2点ね。これはカープらしく泥臭くもぎ取った2点。最後まで上沢に投げられていたらサヨナラはなかったと思うし、後々この2点が効いた格好になったよな。

 1アウトからの野間のセカンドゴロ。まぁ打球からしてらくらくアウトの打球でも野間は1塁へ全力疾走。セカンドの悪送球があって1塁はセーフ。この辺てのは日ごろから野間が取り組んでいる持ち前の足を意識したプレーがね、点に結び付いたよな。

 とは言っても続く曾澤のツーベースでホームに来れなかったかなぁってのはあった。あの辺の状況判断ね、まぁサードコーチャーの判断ももちろんあるけど、あの加速した走塁ならホームを滑りぬけていた気がしないでもない。野間の課題といえばその辺だよな。

 その後は西川の内野安打と犠牲フライで2点。上沢も打たれた気がしないのに1点差に詰め寄られた。防御率も悪いし、故障者も多い。それでも首位にいるのはこういう得点パターンがカープにはあるからなんだろうねぇ。それも「強さ」の要因の一つなんだよな。

9回のチャンス拡大の場面も投手の悪送球がきっかけだよな。5回もそうだけどパリーグの野球は力強さを感じる反面、こうした細かいプレーってのに粗さが目立つ。近年カープが交流戦でいい成績を残している要因として、こういうミスをしっかり突いていく。そしてパリーグの打者に対して真っ向勝負を貫いてきたからであってね、今年に限って言えばこれまでの交流戦、そういう野球が出来なかった。そんな野球を攻撃面では5回とサヨナラの9回、投手陣は後半に投げた3人の投球内容。これで交流戦の戦い方を思い出して欲しいよな。

 9回のチャンスで松山が初球をファールフライに倒れたときは嫌な予感がした。こうなるとゲッツーで試合終了となる可能性も出てきた。あぁいうチャンスってのは最初の打者がなんとかせんと後の打者はプレッシャーになる。打撃好調の松山があっさり凡打に終わったから、野間には相当なプレッシャーがあったと思うよ。

 それをアシストしたのは誠也の盗塁だよな。あの場面、ノーマークだったのかねぇ?あぁいうところもパリーグの野球の雑なところ。あの盗塁で野間も少し気が楽になったろうねぇ。それと内野の守備陣形もあの盗塁で前進守備になった。そこをセンターに抜けていったわけだから、あの盗塁は本当にデカかったよな。

本当に野間の成長が著しい。丸の代わりって印象が最初は強かったけどな、丸が復帰してからもどっこい、スタメンの座を守っている。大きな戦力い成長してくれたよな。今後が楽しみだよな。

 まぁとにかく昨日の勝利でホッとした同志も多かったろねぇ?これをきっかけに連勝を重ねてほしいよな。とにかくセリーグ連覇のチームとして交流戦ってのは無様な姿をさらすわけにはいかん。セリーグのプライドをしょって戦うつもりで頑張ってほしいよな。

 今日は本来なら福井の今季初登板の予定が初戦の雨で中村祐に変わっちまった。福井を応援しているアタクシとしては非常に複雑(笑)な気持ちなのだけど、中村祐には今度こそ4勝目の壁を乗り越えて欲しいよな。さぁ 今日もみんなで見よう!

スポンサーリンク
にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加