サヨナラ勝ちのいいムードを翌日の先発がぶち壊す悪循環。永川の復帰登板に中村祐は何か感じてくれただろうか?

サヨナラ勝ちのいいムードを翌日の先発がぶち壊す悪循環。永川の復帰登板に中村祐は何か感じてくれただろうか?

野球情報満載デイリースポーツ/広島、また投壊…先発・中村祐3回途中7失点

情報源: 広島、また投壊…先発・中村祐3回途中7失点/デイリースポーツ online

交流戦に入ってね、本当に打線は頑張っているよな。タナキクがここのところ調子を落としているけど、丸がいない間はこの二人が引っ張ってくれていた。菊池には今日の試合で当たりが戻ってきた感じはあるけどな、広輔は丸が戻ってきて疲れがドッと出たのかねぇ?精彩を欠いているよな。いずれは戻ってくるだろうし、3番以降は非常に調子がいいだけに、焦らず自分の打撃を取り戻してほしいよな。

交流戦の2戦目の西武戦。延長で3点取られて万事休すを思いきやそれをひっくり返してのサヨナラ勝ち。地元の利を生かして球場全体で西武をやっつけた。あの試合もいいムードで「さぁ勝ち越しじゃ!」と鼻息荒かったけど、翌日の先発薮田が1イニング10失点で早々と試合が決まっちまったよな。

この試合でも打線は少しずつ点差を縮めたけど、やっぱり10点ってのは大きかった。この薮田の投球でせっかくのいいムードに水を差された形でね、上昇気流に乗り損ねてしまったよな。

今日の試合もそう。雨で流した日ハム戦との初戦の先発予定だった中村祐が登板。本来であれば福井だったんだけどな、福井と中村祐とどっちにするかで中村祐に決まったんだろうけど、こんな展開になるなら福井でも良かったんじゃねぇのか!?そんな愚痴がこぼれてきそうなくらい、悲惨なピッチングだったよな。

1,2回は非常に良かったよな。真っすぐもいいコースに決まっていた。どちらかと言えば直球中心の組み立て。中村祐の真っすぐは球速はねぇけど球持ちがいいから打者がタイミングが合わない。振り回してくるパリーグの打者には厄介な投手かもしれんかったけどな。

3回から急に別人になったような投球。先頭の投手マルチネスにてこずりながらも1アウト。続く西川に四球を与えたよな。どうも西川に対しては投げにくそうだったけど、中村祐がペースを乱したのは続く太田の技ありのヒットね。これが案外ショックがデカかったんじゃねぇかね?打たれた球も難しいボールだったしな、ここを境に球が高めに行くようになった。持ち前の球持ちの良さが力みからリリースポイントがばらつきコントロールが定まらなくなったよな。

近藤を歩かせて満塁。中田翔にはストライクを取りに来た球を狙い打たれて先制を許した。続くレアードに対する投球はフルカウントまで行ったけどみんな高い。そこを狙い打たれて一発を食らったよな。もう、打たれる感満載だったけど、まさか本当に打たれるとは思わんかったけどな(笑)

これでランナー無しになった。ここで交代って話も出てこよう。アタクシも準備しているならこのタイミングかなぁと思ったけど、準備してなかったんだろうねぇ。ま、1,2回の投球を見れば5回くらいは…なんてベンチも思ってたんだろうねぇ。

それにしても情けねぇのは中村祐。またもや四球から失点を重ねて0-7。まぁもう勝負あったといった感じになっちまったよな。

中村佑もこれで4勝目の壁への挑戦も4回目。もう、次はないだろうねぇ。とにかく脆すぎる。この原因はなんだろうかねぇ?なかなか勝てない登板からメンタル面が普通より敏感になっちまっているのか?3回から変化球主体の組み立てに自分自身が対応できんかったのか?まぁ故障ではねぇだろうけどな、降板後の中村祐表情をみると思った通りのピッチングが出来なかった悔しさと情けなさが入り混じっていたよな。まぁここらで下に行ってもらって心の洗濯をした方がいいんじゃねぇかねぇ?メンタルだと思うよ。時間がかかるかもしれねぇな。

2番手で出てきたフランスワがナイスピッチングをしてくれたよな。持ち前の真っすぐでグイグイ押してくる。初先発の時とは印象がだいぶ違うよな。この投手は真っすぐでグイグイ押していける。最後はくいッと落としたり、曲げたりすれば打者は振ってくれる。1週間後の先発マウンドには彼が立っているかもしれんよな。いい投球をしてくれたよな。ただ、大量ビハインドの場面と先発は訳が違う。この辺が先発で投げたときに今日のような持ち味を生かした投球ができるかどうか?期待してみてみようかねぇ?

敗戦処理的な役割だったけど、かつての守護神永川が久々の1軍マウンドに上がったよな。驚いたのは真っすぐが140キロ後半の球を投げていたところ。今の年齢でこれだけ投げられるってのはすごいよな。最初はその真っすぐを続けて打者を料理していた。永川=フォークボールのイメージを上手く逆手にとって見事な投球だったよな。

まさか2イニング目も投げるとは思っていなかったけど、今度はフォークでカウントを取って追い込んでいく投球を見るとね、中村祐に今一番足りないものを永川がピッチングで教えてくれているような気がしたんだよな。

永川はかつてのカープの守護神。持ち球は真っすぐとフォーク。フォークは落差の小さいカウントをとるフォークを追い込んでから投げ込む三振狙いの落差のあるフォークの2種類。これだけでプロの飯を食ってきて、なおかつチーム最高年俸まで上り詰めた投手。30歳を過ぎてから小さなスライダーを覚えたくらいでね、どちらかと言えば不器用な投手なんだよな。

中村祐は若い割には持ち球は豊富。真っすぐにスライダー、カーブ、チェンジアップにフォークも投げる。でもどれが勝負球なのか、本人もよくわかってねぇんじゃねぇのかねぇ?彼の持ち味は球速以上に手元に来てズバンと来る真っすぐなのよ。それを生かす投球をしないといかんよな。フォークなんかよりシュートを覚えるといいと思うけどな、せっかく追い込んでもこれといった球がないからカウントが2-2くらいになるともう、追い込まれてしまう。俗にいうカウント負け。このカウントで投げ込んでくる球、いわゆる勝負球で何を投げるのかってのがポイントで打たれたくないという気持ちとボールになったら自分が追いつめられてしまうという気持ちが錯綜している心理で投げ込むからいい球がいかない。ボールと判定されると今日の投球を見ての通りそれが四球に繋がっちまうんだよな。

今日の永川の投球で圧巻だったのが中田翔を三振に打ち取った場面ね。このイニングはフォークをほとんど投げてこなかった。真っすぐでグイグイ押していたよな。打たれたらどうしようとか、ボールになったらどうしようといった気の迷いみてぇのは永川には全然なかった。とにかく打者を打ち取ることだけを考えて自分を信じて投げ込んできた。ところが中田翔に対してはフォークなのかなぁ?球速的には真っすぐでない球を続けていたよな。これが最後空振りを取った「ささやかなスライダー」を生かすための伏線だった。外低めにミットを構えたのは中田翔もわかっていたはず。フォーク?か真っすぐか?いずれにしてもバットが届けばカットして逃げようという意思はあったと思うよな。そこに永川が投げ込んできたのはバットが届かなくなるスライダー。永川は自分の球を信じて投げ込んでいくことで打者を追いつめていった。この投球姿勢というのかねぇ?この辺は中村祐は大いに参考にしてほしい配球だよな。

まずは自分の自信のある球を打たれることを怖がらずにどんどん投げ込んでいく。これで追い込んだら、数ある持ち球がみんな「見せ球」として使えるし、それを見せて真っすぐで勝負していく。小さなスライダーで芯を外す。そういう投球ができるようになるとピッチングの幅が広がるだろうねぇ。

もう一回自分という投手を冷静に自己評価して見つめなおしてほしいよな。アタクシは永川の投げる後ろ姿に中村祐へのメッセージが浮かび上がってくるように見えた。そのくらい永川の投球ってのに感じるものがあった。ちと褒めすぎかな(笑)

まぁそれにしてもサヨナラ勝ちの後の先発の背信投球。なかなか波に乗れねぇよな。まぁセリーグのチームも揃いも揃ってヤクルト以外は本当に苦しんでいる。このうちになんとか先発を立て直したいよな。

さぁて、明日から楽天戦だよな。カープはどうも楽天ってのは分が悪い。唯一相性の良かった岸は今日投げているみてぇだから投げてこない。決して楽な相手ではねぇよな。まぁそれでもこの地元での連戦はなんとか白星先行で行きたいよな。

先発は勝ち頭の大瀬良。対するは辛島。この投手も昔からカープは苦手にしているよな。注目は好調な打線を左投手対策としていじってくるのか?個人的には野間、松山辺りは外してほしくねぇんだけどな、エルドレッドが代打で久々にヒットを打ったし、新井さんも使いたいだろうねぇ。この辺のスタメンってのにまず注目だよな。とにかく先取点を大瀬良に早めにプレゼントしていく展開になれば、白星が近づいてくるだろうねぇ。さぁ 明日もみんなで見よう!

スポンサーリンク
にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加