5連敗、交流戦負け越し決定‼1点を守りにいった継投策はこれで本当によかったのか?

5連敗、交流戦負け越し決定‼1点を守りにいった継投策はこれで本当によかったのか?

野球情報満載デイリースポーツ/広島 逆転負けで今季ワースト5連敗 4年ぶり交流戦負け越し

情報源: 広島 逆転負けで今季ワースト5連敗 4年ぶり交流戦負け越し/デイリースポーツ online


昨日は午後からパーティにお呼ばれ。日の高いうちからアルコール入っちまってね、その後はオッサンの街・新橋に繰り出しドンチャン騒ぎ。スマホで途中経過を見たらカープは大敗。「大瀬良でもダメだったか…」。で、憂さ晴らしにもう一軒行っちまったよ(笑)

今、カープは投打ともに精彩を欠いている。チーム状態としては開幕から最悪の状態だろうねぇ。

きっかけは先発陣の崩壊。もうこの状態は交流戦前の中日戦あたりから始まっているからねぇ、かれこれひと月近くこのありさまだよな。果たしてこの先発陣をどう立て直すのか?手をこまねいている間に打線も調子を落とし始めた。まぁ調子を落としたというよりは不甲斐ない先発陣をなんとかカバーできないか?打線で先発を勝たせてあげよう、そんな思いからどうしても力が入ってしまったり、自分たちの攻撃パターンや、足を絡めて攻撃をベンチも選手も忘れてしまったみてぇでね、この立てなおしってのは相当なパワーが必要。まぁ一つの白星で変わる部分もあるとは思うけどな、こと投手陣に関しては悲観的な観測しかできない。3連覇の雲行きがだいぶ怪しくなってきたよな。

この連敗を止めるには序盤から打線が爆発して勝つってのが一番勝ちやすいパターンだよな。ところが今日の試合みてぇに接戦となると、どうも連敗中ってのが判断力を鈍らせたり、継投にしても「逃げ切りたい」って気持ち丸出しの策を打ったりしてしまう。

そんな弱気な気持ちの采配ってのは選手にはビンビンとプレッシャーを与えてしまう。そういう状態だといわゆる「踏ん張り」ってのが効かずにピンチになればなるほど「受け身」の心理にならざるを得ない。逆転を許した今村に大きな責任を負わす形で逆転負け。大敗よりもこっちの方が選手もベンチも下を向くしかねぇ負け方。こうなるとしばらくの間は何やってもうまくいかない。そんな心境で毎日を戦わなければならならくなる。アタクシが失速の予感を感じるのはこの部分なんだよな。

今日も仕事だったから携帯の速報頼りでそれを追っていくしかねぇんだけどな、序盤をゼロで抑えたジョンソン。連敗のプレッシャーの中、しっかりとゲームを作ってくれたよな。相手投手のバンデンハークはカープは大の苦手。丸は去年3連発打ったけどチームとしては抑えられているイメージしかねぇよな。そんなバンデンハークから序盤で2点を先制。そしてそれをジョンソンが守り抜いていかなきゃならん。そういう展開になったよな。

6回裏に1点差にされてなおもピンチをジョンソンはしのいでくれた。ノーアウト満塁から犠牲フライの1点で切り抜けた。自慢の内野ゴロを打たせる配球で抑えたのよ。1点で。ここがミソなのよ。

さて、ベンチは7回に今村を投入した。久々の「勝ちパターン」の継投だよな。ただ、アタクシはこの継投策ってのをどうも素直に受け入れられなかった。それはなぜか?

ジョンソンは6回まで96球。被安打3の四死球が4で1失点。球場がマツダスタジアムなら代打を出して交代ならなんら問題はない。でもパリーグ主催でDH制を取っているわけでジョンソンの代打ってのはないわけだから、当然これはベンチの判断で交代ということになる。

と、いうことはベンチはジョンソンはもう限界という判断をしたんだろうか!?四死球は5回6回に集中しているし、もちろん連敗ストップの使命を託され、いつも以上に疲れを感じていたのかもしれない。まぁこの辺は映像を見ていないのジョンソンの状態ってのは知る由もなく、あくまでも経過を踏まえての話になるんだけどな、アタクシはここでのジョンソン交代でベンチが「勝ち急いでいるな」と感じたのよ。

ホークス打線はジョンソンを打ちあぐねている。6回の失点は四球がらみ。でもそのチャンスで1点のみってのは本来であれば流れをカープ側に持ってこれるきっかけになるイニングだったと思う。だからこっちが流れを変えるアクションを取ってしまうとこっちに来た流れを手放すきっかけになっちまう可能性も高い。

7回の表に1点でも取っていれば大きくこっちに流れが来たんだろうけど点を取れなかった。さぁここで、ベンチは今村を投入したわけだけど、アタクシはジョンソンの続投でも良かったんじゃねぇか?そんな気がしてならんのよ。この試合を取るためにはね。

6回1失点で勝っているわけだから、アタクシはいつも言っているけど好投している投手を下すタイミングってのは同点にされるまでだと思っている。6回にひっくり返されそうなピンチをジョンソンが自分の手で防いだわけよ。これが先発投手、勝てる投手なのよ。勝てる投手は今、カープでは今、大瀬良とジョンソンしかいねぇでしょ?それを代えるってのはさ、これが球数120球くらいなら理解できる。まだ100球もいってねぇわけだし、屋根の下で野球やってるわけだからスタミナの消耗だってあと1イニング位は行けると思うわけよ。代える理由が見当たらんのよ。

「いや、今日の試合は何としてでも勝ちたいから7回から今村→ジャクソン→中崎で」という声があるのも理解できなくもない。ただ、残念ながらこの勝ちパターンの継投は1点差を守り切れる力はハッキリ言ってないと思う。中盤で3点差くらいつけての展開なら一番力を発揮できるけど、1点差を守り切るほど盤石ではないのよ。

ましてや相手は前の日に大瀬良をボコボコにしたホークス打線よ。この交代はハッキリ言って今村に相当なプレッシャーを背負わせる形になったよな。その重圧に今村が耐えられなかった。アタクシはベンチがそういう方向に追いやってしまったんじゃねぇかと。つまりにベンチが「逃げた」ってことよ。アタクシなら「ジョンソンと心中」。お前が打たれて負けるならみんな納得よ。踏ん張ってくれ!と7回のマウンドに送り出すけどな。

70年代の黄金期の投手陣なら1点あれば大丈夫だった。ロースコアの試合を勝ち抜いき接戦に強かった。

でも今のカープは連覇はしたけどどちらも2位に大差をつけて優勝。本当に口から胃が出てくるくらいの緊張感の中を戦い抜いた経験てのに乏しい。だから大事な試合は勝てない。去年の今頃はホークスに勝ち越せば交流戦優勝だったにもかかわらず、負け越した。日本シリーズやCS敗退も同じ。こういう本当に「勝たなきゃいかん」試合に勝ててない。そういうウィークポイントがあり、ましてや連敗中、そういう状況でベンチがこの継投を選んだことをアタクシは「逃げた」と感じちまったのよ。

結果、ジョンソンは不完全燃焼、今村は自信を無くしかけている。逆転負け。チームの連敗が伸びた。一体、この試合で何が残ったのだろうか!?

まぁ何度も言うけど投手コーチよ。失礼だけどあのコーチがこういう場面の投手の心理を理解しているとは到底思えない。現役でそんな経験してねぇからな。緒方監督じゃなくて投手コーチが逃げたのよ。まぁ責任は監督だけど、アタクシが投手コーチなら監督から交代と言われても断るよ。今日はジョンソンと心中します。ジョンソンで行きましょうと。それくらい今日のジョンソンは良かったんじゃねぇのかねぇ?なんで代えるかと言えば6回のピンチの作り方に怖さを感じたからだろ?ビビったわけだろ?でもそのピンチをジョンソンは自分でケ〇拭いたわけだから、その投手を信頼しないでどうすんのよと。まぁ結果論と言われればそれまでだけど、今日の試合は何とかなったんじゃねぇかなぁと思うから悔しくてしょうがねぇのよ。

話は変わるけど楽天・梨田監督が辞任したよな。借金20が一つの区切りだということでの決断。あの名将がこういう形でユニホームを脱ぐってのにプロの厳しさってのを感じるよな。まだまだカープは首位にいる。貯金もある。あれだけ負けていた阪神が2位にいる。勝負はリーグ戦再開後ってことで全然いいんだけどな、このまま投手陣を立て直せないとなるとこのゲーム差もあってないようなもの。だって、今後セリーグのチームも「カープからはある程度点が取れる」という先入観を持って試合に入れるからな。ある意味相手にアドバンテージを与えて毎試合戦うことになる。本当に投手陣の立て直しが急務だよな。

ここで投手コーチが配置転換だったり、若手の抜擢ってのも必要だしな、動かなきゃならんだろう!?フロントは先発のできる助っ人やトレードでテコ入れすることも考えなきゃならんだろう。ここで指をくわえてみているだけなら3連覇はない。絶対にない。

本当なら投手コーチの配置展開を望むけどな、カープ球団自体、コーチに甘いところがあるし、この辺の改善ってのはなかなか重い腰があがらんとは思うけどな、今が踏ん張りどころ。なんとかしてほしいよな。

スポンサーリンク
にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加