リーグ戦再開後のカープを占う① この防御率がそのままなら真っ先にダンゴ状態から脱落か!?

リーグ戦再開後のカープを占う① この防御率がそのままなら真っ先にダンゴ状態から脱落か!?

野球情報満載デイリースポーツ/新井、交流戦負け越しに切り替え強調「レギュラーシーズンいい入りできるように」

情報源: 新井、交流戦負け越しに切り替え強調「レギュラーシーズンいい入りできるように」/デイリースポーツ online


交流戦ねぇ。近年は交流戦で2位以下を引き離し、そのままゴールってパターンの2連覇だったよな。まぁ今年はそれが上手くいかなかった。これまでとは違うパターンで戸惑う同志も多いだろうねぇ。

過去のデータを見ると交流戦優勝チームがペナントを制する確率は5割。2位のチームもペンナントを制する確率が高い。逆に最下位のチームは優勝どころかAクラス入りも難しい。カープもこれまで最下位は経験してきたし、やはりBクラスに低迷していたよな。横浜もしかり。

去年はカープは2位に入ってリーグ優勝しているし、やはり交流戦、上位にいることに越したことねぇってことだよな。ヤクルトが交流戦を制した。これで勢いに乗ってくると厄介だよな。ただ数字を見るとチーム打率も真ん中くらいで、防御率も真ん中位、得点も真ん中位。ってことは野球で負けても勝負に勝っている試合が結構多い。こういう勝ち方を続けると勢いが出る。一言で言えば「勝負強さ」だよな。

もともと打線は活発だから投手陣さえある程度形になれば勝ち星を積み上げられるだろうねぇ。ただこのチームはけが人が多い。今のところは大きなけが人がいないんで結果がついてきているんだろうねぇ。セリーグでも一人蚊帳の外っぽかったけど、交流戦で集団に戻ってきた。今後のセリーグはダンゴ状態になるだろうねぇ。

まぁ 今日は交流戦の反省を踏まえながら、リーグ戦再開からオールスターまでの約1カ月間を占ってみようかねぇ。まずは投手編。

こういう団子状態になった場合、どこが一番早く脱落するか?生き残りをかけるような状態になれば真っ先に落ちていくチームは間違いなく「投手力の弱いチーム」ということになるだろうねぇ。

交流戦で一番防御率の良かったセリーグのチームは巨人、続いてヤクルト、阪神の順で3点台。4点台はDeNA,中日の順。5点台はセリーグだけではなくて12球団でカープがダントツトップの5.60。こりゃヒデぇ数字だよな。

アタクシ理論で言えば、残念ながらカープが一番最初に首位の座を引きずり降ろされ、そのまま優勝争いからも大きく離される危険性を持っている。立て直すとすればリーグ戦再開からオールスターまでの間だろうし、ここで脱落したら3連覇の夢は絶たれるだろうねぇ。

今の貯金が6。交流戦終盤のような5連敗なんてぇしたら一気にヤバいことになる。何とかオールスターまでこの貯金を最低でもキープ。できれば二桁に乗せておきたいよな。果たしてそれが今の投手陣にできるのかどうか?ここがまず一つのポイントだろうねぇ。


とにかく防御率は悪すぎる。先発が崩壊状態だよな。まぁ野村祐輔がいないというところでローテが固まらなかった。ジョンソンが戻ってきて何とか崩壊せずに済んだけど、岡田、中村祐、薮田とこの辺が働かんかったから苦しんだ。この3人で交流戦一体何点取られたか?考えるだけでゾッとするし、数えたくもねぇよ(笑)

もう一つの要因は継投策、起用法だよな。この辺に関しては交流戦で失点が目立っているから見落としがちなんだけど、実は交流戦直前のマツダスタジアムでの中日戦ね、始まりはこの3連戦の2戦目から始まってずっと尾を引いているように思う。

簡単に振り返ると5月27日(土)の中日戦。3-4のビハインドの場面で8回マウンドに上がったのはジャクソン。なぁ~んか昨日も見たような展開だけどな、負けている展開でジャクソンを起用した。まぁジャクソンにしっかり押さえてもらって反撃っていう青写真を描いていたんだろうけど、これが裏目に出ちまったよな。まぁ詳しくはこちらでフランスアほろ苦デビューも期待の膨らむピッチング。最終回に見せてくれた「粘り」と「首位の意地」

この試合でジャクソンは3失点で試合を決められてしまう。まぁ打線が追い上げたんで、この継投ってのはあまり目立たなかった。ただ、アタクシは昨日も書いたけどな、セットアッパーの使い方って、カープベンチは間違っている思うわけよ。その典型がこの試合だった。この日だけで終わればいいけどな、結局この試合の起用が翌日の試合に大きな影響を及ぼすことになった。

5月28日(日)の同カード。5-1でリードの7回ね。普通ならこの点差で今村→ジャクソン→中崎で一番勝つ確率の高い展開だよな。ところが6回を1失点で抑えていた九里を7回まで引っ張ったのが運の尽き。ピンチを作り、今村が火消しを試みるも炎上して同点に追いつかれる。

その裏に打線が2点を勝ち越して再び勝ちパターン継投かと思いきや8回のマウンドには一岡を起用。これが打たれてルーズベルトゲームを落とした。敗因は200%継投ミス!感じてしまう「信頼できる左の中継ぎ」の必要性。

この日の継投が後手後手に回ったのは前日に負けている展開でジャクソンを使ったからに他ならない。そのジャクソンが3失点したのでこの日は使わんかったのだろう。2連覇に貢献したセットアッパーをこういう形で起用し、また出るべきところで外す。こういう起用をやっていたんでは、そら腐りますわな。ジャクソンがしっかりせぇって声も聞こえてきそうだけど、ジャクソンは8回のリードしている場面で起用されるために準備しているのよ。それなのに負けている場面でマウンドに上げさせざるを得ないピッチングスタッフの編成は誰がやってるのと。ジャクソンか!?一岡か!?違うだろって。ベンチだよな。

この3連戦、それも地元で5月は圧倒的な強さで無敗で来ていたにもかかわらず、この中日3連戦を境に交流戦、西武と日ハムに負け越した。調子を落としている楽天戦を除けば3カード負け越しているよな。こういう展開は2連覇中なかったよな。地元での圧倒的な強さとアドバンテージを以てしてもこの悪いムードは断ち切ることができなかった。それが交流戦の防御率に反映されているよな。ここをどう立て直せるのか!?ここは絶対に失敗できないよな。だから、投手コーチを何とかせぇと言いたい。

恐らく先発再編となるだろうねぇ。リーグ戦再開は金曜だからそのまま中7日で大瀬良。ジョンソンはどうだろうか?次のカードの頭に持ってくるのかねぇ?この二人は今のローテなら続いて登板となる。アタクシは勢いをつけるためには崩さなくてもいいとは思うけどな。

野村祐輔が戻ってくるだろうけど、投げて見んとわからんよな。開幕投手の投球ができれば頼もしい限りだよな。岡田も抹消されて調整しているけどどうでるか?薮田?今年はやめた方がいいんじゃねぇかねぇ?使うなら中継ぎだろうねぇ。もう一度敗戦処理から這い上がって来いっての。

九里が交流戦で気合を見せてくれた。これは残るだろうねぇ。そうなるともう1枚先発が必要。ここをフランスワで行くのか?アタクシはアドゥワにチャンスをやってもいいような気がするよな。

去年の薮田の躍進は中継ぎで結果を出してきたからこそ、ジョンソンが抜けたところでお鉢が回ってきた。別に2匹目のドジョウってわけじゃねぇけどな、そろそろ先発のチャンスを与えてもいいじゃねぇか?

まぁローテの顔ぶれは埋まるけど不調な投手、病み上がりの投手、若手と計算しろと言えば非常に難しい顔ぶれだけどな、これで行くしかねぇだろうねぇ。カギは岡田かな?最近色んな意味で歯車が狂ってきている。去年と同じ道を歩もうって感じだよな。ここで踏ん張って行かんとプロとしてやっていけないだろう。正念場だと思うからな、頑張ってほしいよな。

まずは試合を作ること。打線は必ず応えてくれるはずだからな、クオイリティスタートを心がけてくれれば、いつもの野球を取り戻せるだろうねぇ。

野球はピッチャーから。何度も言うけど緒方監督の「決断」が必要な時だと思うけどな。

スポンサーリンク
にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加