丸、1000安打達成おめでとう!祐輔はよく投げた!投手戦はやられちゃいけない筒香の一発で撃沈!

丸、1000安打達成おめでとう!祐輔はよく投げた!投手戦はやられちゃいけない筒香の一発で撃沈!

野球情報満載デイリースポーツ/丸 通算1000安打を達成

情報源: 丸 通算1000安打を達成/デイリースポーツ online


まずはめでたい話から。

丸選手、通算1000安打達成おめでとう!

プロ入りしてからは3年間カープの育成で鍛えられてね、3年目でようやくプロデビュー。それから8年かけて1000安打達成。石原はずいぶん時間がかかったけどな(笑)、あと、6,7年プレーすれば2000安打も見えてくる。素材を見初められて鍛えて鍛えてね、丸もどうだろう3,4年位間前から「プロの自覚」が芽生えてきた。野球に集中する環境を自らが作り、自分に厳しく、ストイックに取り組んでから成績がグンと伸びた。今やセリーグを代表する選手に成長してくれたよな。

入団当時は去年の中村奨成みてぇに騒がれての入団じゃなくてね、球団も育成すれば芽が出ると素材で採った選手。それがここまで成長してくれたってのはカープファン冥利に尽きる。

途中打撃フォームで相当悩んでいる時期もあったよな。軸足に体重が乗りすぎてバットが出てこなくなってね、インハイの真っすぐが何回やってもバットに当たらんかった。無理やりバットを出そうとするから左肩が下がってアッパー気味になってね、大きな壁にぶつかったよな。それを克服したわけだからな、大したものよ。独自の打撃理論を確立して立派に成長してくれたよな。

その丸の1000安打を白星で華を添えたかったんだけど残念ながら1-2の惜敗。惜敗?まぁ アタクシは試合を見ていないので何とも言えんけど、東と野村の投手戦といった内容だとは思うんだけど、やはりスマホ速報の文字の端々に「DeNAへの苦手意識」ってのがチラホラ顔を出しているような気がしてね、どうもイヤ~な予感が鎮まらんのよ。

先制は會澤の一発。カープのこのゲームに対する姿勢というかねぇ?昨日の逆転負けを踏まえて、打線は早くもっと追加点を,野村はこの1点をとにかく守り切るんだっていうね、いつもと違う野球をしちまった側面はあったんじゃねぇかなぁと思うんだよな。

例えば直近の6連勝。打って打って打ちまくったわけ。もちろん打線は水物というけどな、阪神も巨人も「カープ打線の脅威」ってものに晒されながら戦っていたよな。とにかく自分たちの野球をすれば相手が勝手に四球出したり、ミスをしてくれたりする。そのチャンスをしっかりものにして得点を重ねる。これがここ2,3年のカープ打線だよな。

DeNAバッテリーは他球団に比べればカープ打線の怖さってのはあまり感じていないのかもしれない。それでも東は立ち上がりに連続四球を出したりしているよな。これが巨人や阪神みてぇにカープに苦手意識があるチームに対しては、こういうチャンスで得点できる確率は高い。

いや、アタクシはDeNAだけ特別とは思っていない。DeNA投手陣だってカープ打線は怖いはずなのよ。どちらかとういうカープ打線がDeNAバッテリーの配球や投手たちに対して「苦手意識」があるんだろうと思う。カープ打線が勝手に考えすぎて力を発揮できていない。アタクシはそっちの方が正しいような気がするんだよな。昨日の石田を立ち直らせて7回まで投げさせたのも中盤からカーブを多投したのが原因だと思う。考えすぎなのよ、来た球打ちゃぁ君らの打球は遠くへ飛んでいくのよ。自分たちを信じなさいっての。

そういった苦手意識や昨日のひっくり返された試合も踏まえてね、打線が追加点を意識しすぎて東をはじめてDeNA投手陣を攻略できなかった。特に終盤はそれが焦りに変わってしまっている。緒方監督のいう「自分たちの野球」ってのをこのハマスタでは忘れてしまう何があるんだろうねぇ。


投手陣にしてもそう。いつもロペス、筒香にやられているわけだけどな、今日も筒香にやられたよな。もっと「攻める」姿勢を投手陣には持ってほしいよな。大体が一発警戒で外一辺倒になりがちな配球なんだけど、それがバレバレだから踏み込まれる。ボール球ならファールになる確率は高いけど少し中に入ってきたら仕留められる。ってか、一番打ちやすいボールを投げちまっているよな。ま、DeNA打線、そしてホームランの出やすいハマスタならではの配球だろうけどな、考え方を「打たれない」じゃなくて「打たせない」姿勢でこの二人には対峙してほしいんだよな。

だいぶ昔の話だけど昭和59年、最後の日本一になった阪急との日本シリーズ。阪急の主砲ブーマーがその年三冠王をとってね、下馬評では阪急が圧倒的に有利の声が多かった。それを覆して3度目の日本一になった。その要因は三冠王・ブーマーに「絶対に打たせない」配球をバッテリーがやってのけた。インコース攻めでのけぞらせて、外の遠いボールを振らせる。ブーマーが相当イライラしていたよな。あの時のバッテリーは絶対に「打たれない」配球じゃなかった。「絶対に打たせない」というバッテリーの気持ちが伝わってくるくらいブーマーの打席だけ雰囲気が違っていたよな。集中していたよ。

カープの場合は大抵この二人にやられているわけだから、この二人には「絶対に打たせない」ってことを徹底してほしいよな。投手陣がこの二人を抑えれば、打線も呼応するはず。そうなればいつもの「自分たちの野球」をDeNA戦で取り戻せると思うよ。聞いてるか?畝コーチ、植田コーチ。何度も同じのに打たれんなっての。

関東は梅雨明けして6月なのに夏の青空。非常に暑かった。こんな日のデーゲームってのは本当に過酷だよな。その中で野村祐輔はナイスピッチングだったと思うし、個人的には前回の登板も含めて見直したよ。この投球をしていけば白星は必ずついてくるから、自分を信じて次の登板も頑張ってほしいよな。

最後に、全然話は違うけど、昨日の試合の9回裏の投手ね、アタクシはアドゥワじゃなくてフランスワの方が良かったんじゃねぇかなぁと。仮に延長になっても2,3イニングは行ける投手ってのは実証済み。勝ち越して中崎って継投策はなかったのかなぁと。ま、終わったことは仕方ねぇけどな。

さぁて、これで、4月にハマスタで3タテしたお返しを食らいそうな展開になってきたよな。明日は岡田と濱口の投げ合い。とにかく岡田にはロペス、筒香には絶対に打たせない気持ちを持って投げ込んでほしいよな。濱口は今日の東と同じようなタイプで苦戦が予想されるけど、初回からぶっ潰すつもりで連敗を止めて欲しいよな。

スポンサーリンク
にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加