「戸田よ、オマエは一体何点あったら勝てるのか!?」そんな緒方監督の心の叫びは伝わっただろうか?

「戸田よ、オマエは一体何点あったら勝てるのか!?」そんな緒方監督の心の叫びは伝わっただろうか?

野球情報満載デイリースポーツ/戸田、三回途中KO 大量援護も2年ぶり白星お預け

情報源: 戸田、三回途中KO 大量援護も2年ぶり白星お預け/デイリースポーツ online


今日の試合は17時開始ってのをすっかり忘れていてねぇ、そろそろ帰ろうかと思っていたらスマホに途中経過が入ったところで思い出してねぇ(笑)。見ると6-0でリード。こら、戸田の今シーズン初勝利ってのが真っ先に頭に浮かんだんだけどな、家に帰って中継見たらさ、マウンドにはアドゥワが上がっていてね、はは~ぁん、戸田クン、またやらかしたねとピンときた。もう苦笑いしかねぇよな。

なんでも7点リードの直後に四球を重ねて、バレンティンに長打を食らうってね、ルーキーがやりそうな内容のピッチング。まだ未勝利の投手なら割り引いてもいいんだろうけど、すでに数勝を上げている投手がさ、こういう内容ってのは一番頭にくる。

特に昨日の記事でも書いたけど、今日の戸田の先発ってのはただの「ローテの谷間」的な意味合いではなく9月の連戦に使える戦力を見極めるためのものってのを肝心の本人が理解してマウンドに上がったのか?残念ながらマウンドからそういう気持ちが戸田から伝わってこなかった。大量リード、4点差の場面でマウンドを降りざるを得なかった。これは監督が気が短けぇとかそういう問題じゃなくてね、厳しい言い方をすると、コイツが1軍にいてもなんのプラスにもならん。投げ続ければチームの士気に関わる。そういう緒方監督の判断なんだろうねぇ。

7点差あったらさ、普通は楽勝と思うかもしれんけどな、それは先発投手がそのリードを背景に自分の投球をして勝ち投手の権利を得るくらいまでは投げて初めてそういう話になる。試合がまだ序盤のうちに何点か返されれば、追い上げを食らっているイメージでリードしていても終始受け身なってしまう。そういう流れになれば、何点差あっても自分たちのペースで試合が運べなくなる。今日の戸田の内容はそういうきっかけを作ってしまったわけで、球数がどうだとか、点差がどうだとかという以前の問題なんだよな。この緒方監督の交代の判断は間違ってないだろうねぇ。本当に「戸田、オマエ一体何点差あったらいい投球ができるのか!?」なんてぇ嘆き節が聞こえるくらい妥当な交代だと思うよ。これで戸田はチャンスを無にしてしまったよな。

どうだろう?これで戸田は今シーズンの1軍はなくなっただろうねぇ。また、やり直しよ。

戸田が作ったイヤ~な流れね、これを見事に断ち切ったのが2番手、アドゥワ。戸田よりずっと後輩なのに試合の流れを読んでね、慎重ながらもヤクルトの反撃ムードを見事に刈り取ってくれたよな。一時期は登板過多で自分の投球スタイルを見失っていた時もあったけどね、今日の内容は非常に良かったよな。実質今年初めてプロのシーズンってのを経験したわけだけどな、この経験をベースに来期は先発ローテに名乗りを上げきそうだよな。

個人的には手足が長くてね、打者がタイミングを取りづらいイメージがある。そのイメージを上手に使いながら投げていけば長いイニングも任せられそうだよな。ただ課題もある。球種が真っすぐとチェンジアップ、カーブとね、もう一つ、二つ速球系で打者の芯を外す球種が欲しいよな。カットボールやツーシームあたりね、長身から投げ下ろすから高速のスライダーなんかもいい。そうなるとだいぶダルビッシュのようなイメージの先発タイプに成長しそうだけどな。まだ若いし、本当に期待が膨らむよな。

さて、東京遠征を6連勝で締めくくった。関東のファンには堪らん結果になったよな。これで2位とのゲーム差も14ゲーム差でマジック13。まぁ余程のことがない限りは大丈夫だとは思うけどな、勝負の9月は日程が詰まっている。戸田に何度も言うようだけどせっかくのチャンスをモノにできなかったのは本当に情けないというか、まだまだだなぁとガッカリさせられたよな。今後戸田が手放した第6の投手に誰が名乗りを上げてくるのか?まぁ贅沢な悩みだけどいい投手が出てきてほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク