3連敗は7連勝の反動。決して新井の引退会見とは関係ございません(笑)。先発投手陣は打線を信じて打たれることを怖がらないで。

3連敗は7連勝の反動。決して新井の引退会見とは関係ございません(笑)。先発投手陣は打線を信じて打たれることを怖がらないで。

野球情報満載デイリースポーツ/引退発表の新井 代打準備も出番なし チームは3連敗 マジックは10に

情報源: 引退発表の新井 代打準備も出番なし チームは3連敗 マジックは10に/デイリースポーツ online

新井の引退会見後初の更新なんだけどな、まぁ新井については引退試合もやらんということだから、シーズン終わってからじっくり書くつもりでいるんだけどな、この会見から3連敗。腹立たしく週末を迎える同志も多いことでしょうなぁ。

7連勝の反動。アタクシはそう見ているんだけど、早目に連敗は止めておきたい。とはいってもこの3連敗の内容を見れば投手陣が打ち込まれ、今日は打線が音無し。昨日のカメラマン席に乱入したオジサンもいたけど、カープファンの中には相当フラストレーションが貯まっとる方も多いことでしょうなぁ。

鈴木本部長曰く、どうやらあぁいった乱入は旧市民球場時代の「クモ男」以来だそうで。そう考えると広島の野球ファンもかなりのマナー向上と喜ばしいことなんだろうけど、アタクシはあのオジサンの気持ちもわからなくもない自分がいるんだよな。もちろんイカン事とは思うけど、アレもアタクシはカープへの愛情表現の一つかなぁと。形は違うけどあのオジサンなりのカープへの愛情表現だと大目に見てやってくださいな(笑)

ただ、このフラストレーションの元凶は単なる「負け」だけじゃなくてね、投手の内容ってのが先の阪神3連戦では大きな不安材料になっているのは否めないよな。

初戦はジョンソンが降板までに119球。ジョンソンらしくねぇし、負けてもおかしくない内容だったよな。

九里に関しては初回が全て。ここの所試合をしっかり作っていただけに九里ウォッチャーのアタクシからすればこれから下降線をたどる可能性が高い。まぁこのジンクスをいい意味で九里にはひっくり返してほしいよな。

岡田に関しては言語道断。

恐らく今後、今シーズンの白星ってのは望めないような気がしている。

まず投げるたびにピッチングがさ、カケフさんじゃねぇけど小さくまとめようとしている気がしてならん。その原因は岡田本人なのか?畝コーチの指導なのか真偽のほどは分からんけどな、コメントをみても回転のいい真っすぐとか、低めにとかね、どうも岡田とういう投手の魅力が投げるたびに失われて行く。そんな気がしてならんのよね。

アタクシに言わせれば、そもそも岡田っていう投手は「先発向き」なのかっていう部分に大きな疑問を持っている。あの物凄い真っすぐをさ、ど真ん中でいいから3球続けて投げても打てないバッターはゴマンといるよ。最近はその真っすぐの威力も感じられなくなってきた。この投手の魅力と力ってのは本当に先発という役割で発揮できるのか?そんな気持ちさえ持っているよ。

セットポジションからゆっくり足を上げてね、踏み込んだら今度を腕を強く振ることに専念したようなフォーム。どこかおっかなびっくり投げている。ボールが先行すると置きに行くような球が目立つ。プロならそこは狙うわな。

岡田が中盤につかまる理由はその辺が大きいと思う。金足農業の吉田投手じゃねぇけど、勝負所はそんなん忘れてさ、ギアを上げてムチャクチャ行ったらいいのよ。その辺のマウンドさばきというかねぇ、この辺を覚えんと同じことの繰り返しよ。

逆に野村は勝ち運に恵まれんねぇ。好投しながらも今日も打線の援護なし。気の毒だよな。ただ、長いシーズンそういう役回りの投手ってのは必ずいるもんよ。腐らずに今日のようなピッチングを続けて欲しいもんだよな。

中日の笠原にはこれで2試合連続やられているのかな?対中日ってのはこういう苦手投手がいるっていうのが、勝てなくなる要因の一つになる。次対戦するようなことがあればしっかりケチョンケチョンにして欲しいよな。

とはいってもこの3連敗ってのは、言い方が悪いがCS圏外のチームだからな、どうってことねぇのよ。それよりも先週の関東遠征での6連勝ってのがCSで効いてくるような気がする。戦いやすさから考えれば、2位ヤクルト、3位巨人ってのがカープ的に理想かもしれんよな。

ただ、勝負の9月。ズルズル連敗するわけにもいかん。明日の大瀬良にはエースの面目にかけて中日打線をギャフンと言わせて欲しいもんだよな。

まぁ このチームってのは完全な打高投低のチーム。打線が抑えられれば負けるし、投手が打たれても勝てるチーム。打線はほうっておいてもいいけど、投手陣はその辺、素直に打線に勝たせてもらっていることを受け入れて開き直ればいい。何も6回を3失点なんてさ、そういうくくりにこだわりすぎずに目いっぱい初回から自分の球を投げ込めばいい。仮に5回までしか投げられなければそれでいいのよ。試合を壊さずに行けば打線が何とかする。いや、そうなれば完全にカープペースなのよ。

今日の野村のようにいい投球をしていると打線がプレッシャーに感じる。いつも4,5点取られた方が打線は戦いやすいかもしれん。まぁアタクシが言いたいのは岡田のように小さいことを気にしながら投げたり、野村のように背中に悲壮感漂わせながら投げんでもいい。多少打たれても打線がカバーしてくるから、気楽に投げればいいのよ。そっちの方が負けてもチームが納得して前を向ける。そんな気がするんだけどねぇ。カープ投手は小さいことを気にしすぎる。そう思いませんかねぇ?

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク