3連覇の意地と誇りにかけてひっくり返さなきゃいかんだろ?チーム状態の下降を食い止めろ!

3連覇の意地と誇りにかけてひっくり返さなきゃいかんだろ?チーム状態の下降を食い止めろ!

3回、中日・松井雅の打球に飛びつく広島・大瀬良

情報源: 3回、中日・松井雅の打球に飛びつく広島・大瀬良


仕事で試合はみてねぇんだけどな、今日も中日にやられた。同じパターンでやられた。そんな印象だよな。そして色んな意味でまだまだ6連敗を脱出しても決してチームの状態は良くない。スマホの速報の文字しか見てねぇけど、そんな印象の試合だったねぇ。

まずスコアを追っていくと、中日にエラーが4つもついとる。普通こういう相手には勝つわな(笑)。そのうえ地元で5点の劣勢を追いついておきながらエースが一発打たれて負ける。このあらすじだけ見ても決して強いチームとは言えんよな。

先発の大瀬良。試合前の記事では縦スラだとかシュートを試すなんてぇの読んだ。前回に記事でも書いたんだけどな、アタクシは中日打線、特に対カープ戦となると目の色変えてくる。今日は1番に平田が入ったのかな?結局はこの上位打線の圧力に大瀬良が屈した。そういうことだろうねぇ。

ビッグイニングになった3回ね、あ、断っておきますがアタクシは試合を見てませんよ。だからあくまでも空想、妄想でモノ言ってるんだけど、1,2回の内容をみると決して調子が悪いとは思わんかった。それが3回に一気に崩れたってのは結局はメンタルな部分だと思うわけよ。

先頭の松井雅にヒット。笠原に送られて平田。ブンブン振り回してくるからな、あまりセリーグにはいないタイプの打者。続く京田、大島は足があるから出すと厄介。そしてビシエド、アルモンテが控える。どうも大瀬良は先頭を出した時点で頭がそっちの方に言っちまって投球に集中できなかった。目の前の打者を丁寧に抑えて行くってことに集中できなかった。そんな気がするんだよな。

その割には、これらの打者に安易にストライクを取りにいったきらいがある。平田にはボールワンからストライクを取りに来たところ、京田はボール先行の4球目、大島、ビシエドには初球。アルモンテにも2球目と早いカウントからストライクを取りに行く球がみんな甘く入ったところに中日のファーストストライクから積極的にという姿勢がマッチしちまった。あれよあれよという間のビッグイニング。困ったもんだよな。

15勝している投手の割には粘りと慎重さに欠ける内容。これをどう見るか?まぁ意見の分かれるところだけどな、中日との単なる相性の問題なのか、それとも大瀬良の自身の調子が下降しているのか?アタクシは後者のような気がしてならんのよ。ここにきてローテを守ってきた疲れというのかな?そういうものを感じるんだよな。

最多勝争いや日程が詰まっているって事情もあるんだけどな、CS、日本シリーズを見据える戦いをするのであれば、一度間隔を空けてあげるのも手かもしれん。ポストシーズンが疲労のど真ん中なんてぇ状態じゃぁ、ただでさえ投手力には不安を抱えるカープだからな、去年、一昨年の再現なんてぇことにもなりかねん。同志の皆さんはどう思いますかな?

打線に関しては5点差をよく追いついたよな。ただ、追いついただけでは勝てん。緒方監督も打線には一定の評価をしているみてぇだけどな、状態のいいカープならひっくり返している。そうやってこの3シーズン勝ってきた。この試合に関してはそこまで行けなかったわけだけど、もちろん全部が全部ひっくり返す試合ばかりではない。ただこの試合に関しては、最下位のチームに負け越しが決まった。マジックが一桁になり地元胴上げがほぼ確実視されている。そしてリーグ最多の勝ち星、投手三冠も視野に入る大瀬良が登板。こら、首位のチームの意地と誇りにかけてもひっくり返さなきゃならん試合だったような気がするんだよな。

そこが出来なかった。アタクシはどうも引っかかるんだよな。冒頭にも書いたようにこの辺がチームの状態が決していい状態ではないと言い切る根拠なんだよな。

問題は今後のチームの状態がどう推移していくのか?こんな調子が続くのか、それとも今が底で上向くのか、はたまたここから更に下降線をたどり最悪の状態でポストシーズンを迎えるのか?

この辺に関しては緒方監督を筆頭にベンチがどう対処してくのかってのがポイントになるよな。

もちろんプレーするのは選手だし、ベンチではどうにもできない部分も確かにある。でもベンチは何もしなくていいという事でないし、やることはあるはずだよな。

ジャクソンが故障した。ヘルウェグが昇格するみてぇだけど、どうなの?この投手は?アタクシは見たことねぇけど、どういう使い方をするのか?そろそろキャッチャーを曾澤に固定して打撃優先の布陣をくむのか?一番・野間はこのままでいいのか?ポストシーズンに向けて戦力の見極めをしていくのか?それとも「普段通り」で行くのか?大瀬良に休養を与えるのも含めてベンチはポストシーズンに向けて色々準備しなきゃならんのよ。

その中にもちろんチーム状態の維持っても重要なポイントになってくる。この辺、緒方監督がどんなタクト裁きを見せてくれるのか?今後も見守ってみたいと思うわな。

それにしても3位争いが混とんとしてきたな。最下位に3チームが2厘差でほぼ並んでおり、3位巨人の差は1.5。まぁ負け数と試合の消化は中日が一番多くて一番不利ではあるけどな、万が一中日が3位に滑り込んで去年のような下克上の展開になると受け身になるカープはしんどいよな。3連覇の王者の誇りにかけて借金二けたのチームを日本シリーズに送り出すわけにはいかんだろ?

カープに求めたいのはリーグ三連覇の誇り。その誇りを賭けてのポストシーズンになる。ぜひ王者の野球を見せて欲しい。そういう意味では本当に物足りなさと不安が残った試合だったよな。しっかりせぇと言いたいよ。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク