西川も西川だけど、ジョンソンもジョンソン。沢村賞のトロフィーが泣いてるよ?

西川も西川だけど、ジョンソンもジョンソン。沢村賞のトロフィーが泣いてるよ?

野球情報満載デイリースポーツ/西川、悪送球を猛省 ジョンソンにも謝罪「申し訳ないです」

情報源: 西川、悪送球を猛省 ジョンソンにも謝罪「申し訳ないです」/デイリースポーツ online

普段月曜日ってのは基本、野球がない。だから、アタクシは月曜日だけは朝から晩まで働くのよ。店の店長を月曜日休みにしているのもそのせい(笑)。それがさ、よりによってマジック1で迎えた大一番が月曜日。行きつけの飲み屋さんからも今日は早く店開けるからおいでなんてぇお誘いもあってね、後ろ髪ひかれる思いで断りの連絡を入れた。え~いっ!もう仕事なんかどうにでもなれっ!と何度も放り出しそうになったよ。いやはや、どうも複雑な1日だった。

3連覇の記念すべき日にチケットを持っている同志は朝から胸が躍っただろうねぇ。3連休。普段は仕事でナイトゲームすら見られない同志にとっては今日決まってくれれば最高だよな。いずれは優勝が決まるんだろうけどな、最高に盛り上がるのは今日決めることだったんだろう。

でも…アタクシにとっては最悪(笑)。同志の皆様には大変申し訳ねぇんだけど、今日だけは勘弁してくれと。朝からお参りに行こうかと思ったくらいだったのよ(笑)。まぁそれは冗談として、歴史的な3連覇の胴上げが明日に伸びて、正直ホッとしてるのよ(ごめんなさい)。

試合が始まって先制したのはカープ。こういう展開だと一気にワンサイドで決まりそうな流れだったんだけどな、その直後にひっくり返された。まぁ今日の試合はあそこが全てだったんだろうねぇ。なんせ先制の直後だからな。ムードが一気に重たくなったよな。

まぁ、試合はリアルタイムでは見てねぇけど、今日だけは録画しといたんで、ジョンソンのピッチングを見ていたんだけどな、一言で言えば、「ジョンソンよ、沢村賞が泣いているよ」だな。本当にジョンソンはかつての面影が影を潜めた。極端な言い方だけどある意味「別人」になっちまった。ハングリーさがどっか行っちまった。今日の投球に限らず複数年契約を結んだ去年から腑抜けたよな。


ひっくり返されたきっかけは西川の守備。まぁ両方とも記録はヒットだったけど、投手の立場から言えば正面の打球や捕球しているわけだから「打ち取った」感覚であったことは否定せんよ。イレギュラーや送球しても間に合わん打球だったし、あそこはジョンソンが踏ん張らなきゃいかんだろ!?沢村賞投手なら。年俸3億以上もらっている選手なら。

あそこで良い立ち上がり見せたジョンソンが別人になっちまったよな。

6回の追加点も西川の悪送球から。まぁ これに関しては西川に喝!なんだろうけどな、ジョンソンもあっさり追加点を許してしまったよな。いわゆる「粘りの投球」ができていない。なんだろう?淡々というか、気持ちが球に込められていないというのかねぇ?なんとなく投げている印象を受けるんだよな。個人的にはあの展開は先に点を取った方が試合のイニシアチブを握るのは何十年も野球やってんだからわかるよな。何としてでもっていう気持ちがジョンソンからは伝わってこないのよ。しっかりしねぇとな、沢村賞投手なんだから。年俸3億以上もらってる選手なんだから。

「沢村賞!?What’s is that?」なぁんてジョンソンから質問されたら英語で説明する自信はまったくねぇけどな、沢村賞ってのはその年に該当者がいない場合だってある投手にとっては本格派の先発投手に与えられる最高のタイトルなんだよ。カープからはマエケン、佐々岡さん、大野さん、北別府さんや池谷さん、外木場さんが受賞している。名投手と言われる人ばかり。まぐれじゃ絶対に取れないタイトルなのよ。

沢村賞を受賞した投手ってのはさ、やはりその名を汚さぬように本格派の先発投手として歴史に名を残してくれている。自信と誇りをもってプロ野球に貢献しなきゃならん宿命ってものを背負って投げなきゃならんのよ。

その気概がジョンソンから全く感じられない。

抜けるボールがあれば、すぐに振り返ってマウンドの足場を見る。今のボールはオレのせいじゃない、マウンドが悪いんだと。時には左手を気にするそぶりを見せて、今のボールはオレのせいじゃない。手が滑ったからなんだみてぇないつも言い訳考えて仕事しているような人間を誰が信頼するのかっての。

審判が際どい球をボールと判定されると途端に崩れだす。新人じゃねぇんだからその辺は自分で修正しろと。それすら出来ねぇ投手になっちまったのか!?まぁそうだよな。今日の失点もみんな西川の守備が関わっている。そうだよね?君が打たれたのはみんな西川のせいなんだよね?どうだ?それで満足か?情けないねぇ。それでも沢村賞投手なのか?と。

何度も言うけどな、沢村賞投手はそんなんじゃいかんのよ。今からいってトロフィ返せと言いたいくらい今のジョンソンは沢村賞投手としてふさわしくない。アタクシはそこに物凄く怒りを感じているのよ。

どんなピンチにも動じず、味方の失敗も取り消すピッチング、誰もがあんな投手になりたいとプロの中でも目標にされる投手、それが沢村賞投手なのよ。ジョンソンよ、本当に情けない。しっかりせぇと言いたいよな。

3年契約の2年目。来年は最終年だから頑張っちゃうかな?助っ人選手ってのは複数年契約すると働かなくなるってのケースは多い。最終年だけ頑張って自分をなるべく高く売れるように頑張る。いろんな意味で助っ人に複数年契約って意味あるのかねぇ?今年で切って浮いた銭を丸の引き留めに使った方がお金の使い道としてはいいんじゃねぇかねぇ?

アタクシはこれほどジョンソンをケチョンケチョンに言うのは、今のジョンソンは本当のジョンソンじゃねぇのよ。もっとできるはずなのよ。だから頭にくる。それだけよ。

さぁて、明日の先発は中村祐と国吉。まぁどっちも谷間の投手だよな。打撃戦が予想されるけど、案外この二人のどちらかががんばっちゃってワンサイドになる匂いもする。どうだろう?個人的には胴上げはヤクルトとの直接対決の3連戦になりそうな気がするんだよな。まぁ明日のチケット持っている人には申し訳ねぇけどな。やっぱりスカッと買って胴上げと行きたいよな。なんてったって3連覇の胴上げだからな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク