一塁手・西川龍馬を考えてみた。

一塁手・西川龍馬を考えてみた。

野球情報満載デイリースポーツ/広島、初回4失点はね返す逆転勝ち 会沢が決勝三塁打

情報源: 広島、初回4失点はね返す逆転勝ち 会沢が決勝三塁打/デイリースポーツ online

 

今日も鮮やかな逆転勝ち。まぁヤクルトがカープを苦手にしています!っていう内容の試合だったよな。

 今シーズンは巨人とヤクルトに大きく勝ち越している。まぁリーグ優勝する上でお得意様が一つでも多い方がいい。なぜかというとこういうお得意様がいるお陰で大きな連敗を防げる。カープも大きな連敗は多くて6。何度も大きな連敗をしていてはやはり上には上がれんのよ。そのヤクルトが2位。巨人もついこの間まで3位。上位に対してこういう戦いができるってのが結局はこのゲーム差になったんだからな、やはりお得意様ってのは大事なんだよ。

 先発の高橋樹は立ち上がりに4失点。まぁ自分がなぜ先発の指名を受けたのかは十分理解してだろうし、ベンチの期待も大きかったろう。アタクシは残念ながら初回の4失点は見逃してしまったんだけど、その辺が空回りしてしまったのかもしれんねぇ。

 ただ2回以降は持ち味をしっかり出してくれたと思うしな、いいものを見せてもらった。可能ならもう一度見てみたい投手ではあるよな。

 その樹也が5回にピンチを作った場面で緒方監督はヘグウェルにスイッチ。この辺は短期決戦に向けて誰か使えるヤツはいねぇかなぁというテスト的な意味合いの交代だったんだねぇかねぇ?

 そのヘグウェルがバレンティンを手玉に取った。じっくり見るのは初めてなんだけど、ワンポイント、ツーポイントで使えそうな速球派だよな。あの打席を振り返ってみると初球バレンティンの足元にボール球。これは抜けちゃったのかな?ただ、この球がバレンティンのリズムを狂わせた感じでね、2球目、3球目もストライクなんだけど腰が引けてた。これを會澤が見逃すはずはなく、決め球は外の変化球。バレンティンは手も足も出ねぇ感じだったよな。

 ヘグウェルは昔カープのおったジオみてぇな極度のインステップではないし、決して右打者が怖がるような感じではないんだけど、球の出どころがとても特徴的だよな。サイドとスリークオーターの真ん中よりややサイド気味?自分で書いててよくわかんねぇんだけど踏み込んでくる打者は打ちづらい、踏み込みづらい、タイミングが合わない、そんな感じじゃねぇかねぇ?

同じ右打者でも山田のように球を呼び込んで打つ打者はそうでもねぇけど、ベースより離れて構える打者は基本踏み込んでいかねぇとアウトコースにバットは当たらん。そういう打者に対しては踏み込むのを一瞬躊躇させるフォームだよな。左打者でも雄平も少しタイミングが取りづらいような仕草をしていたし、案外使えそうな感じだよな。

 ベイスターズが出てくればロペス、桑原辺りは苦しみそうだし、巨人なら坂本、長野や岡本にも有効かもしれんよな。西武なら浅村や山川といった打者との対戦を見てみたい。そんな内容だったよな。

 打撃陣ではまずは勝ち越し打の會澤。まぁ河田コーチお得意のギャンブラーな超前進守備のお陰ってのもあるけど、よーし、外野の頭を超えてやるなんて思ってもなかなかできんよ。そういう意味では打席でしっかり考えをまとめていたんだろうねぇ。いい仕事をしたよな。

 続く曽根もタイムリー。守備面ではいいものを見せてくれていたよな。菊池のような派手さはないけど、守備範囲も広めだし、肩も悪くない。打撃に関してはまだ体も細いしプロの身体じゃねぇ感じ。だから伸びしろはすごく感じるよな。恐らく秋季キャンプは強化指定選手になるだろう。しっかり練習して成長してほしいよな。

 余談だけど、會澤と曽根のヒーローインタビュー。曽根がかなり緊張していたよな。初々しかったけど、本当は緊張というより隣の會澤が怖かったんじゃねぇの?なんて一瞬思ったら、ツボにはまっちまって笑っちゃったよ。若いってのはいいもんだよな。

さて、その曽根がゴロをさばくたびに画面の下の方にチロチロ出てくる背番号63。そう、昨日の試合からファーストでスタメンの西川龍馬だよな。ネット上でも賛否両論?いや、否の多いのかな?皆さんはどうお考えですかな?

まぁファーストの練習は時々しているって記事は目にしたことがある。カープ伝統のユーティリティ?いやいや、出番を求めて複数ポジションを練習するってやつで球団の方針でもあるんだろうねぇ。個人的にはこれは反対。やはりプロだから、打つだけじゃなくて守りもプロであってほしい。片手間で練習した守備をお金払って見に来ているファンに見せようなんてぇのは絶対に上手くならん。そう思っているからなんだよな。やはり各ポジションのレギュラーを狙って己を磨き、技術の向上を目指す。アタクシはそれがプロだって思っているからねぇ。

ファースト西川の誕生は安部の復帰が引き金だろうねぇ。その前に西川はサードの守備の不安定さを露呈しているし、ポストシーズンのサードをどちらにやらすか?目的はここだろうねぇ。ここの所守備に精彩を欠いている西川への当てつけと言えば嫌みだけど、刺激となって負けん気を引き出す狙いもあるんじゃねぇかねぇ?

かと言って西川にベンチもファンも何を求めているかと言えば「打撃」だよな。西川本人も自分は打って打って打ちまくるしかないと自分の立ち位置をよくわかっている節もある。試合に出ないでいるよりも慣れないファーストでもいいから打席に立ってアピールしたい。この辺が本音の部分だよな。

当然、ベンチもファースト西川ってのは現実的には考えてはいないと思うよ。あくまでも安部と競わせる意図があると思う。だから龍馬よ、守備なんかいいのよ。打って打って打ちまくれば。そのチャンスをもらっていると思って、自分の打撃でしっかりCSへアピールすればいい。ファーストの守備なんて気にしないで打ちまくればいい。それが出来ればファーストは恐らく安部だろうし、サードは君だよ。頑張ってほしいよな。

さぁて地元での9連戦も終わり明日から巨人との2連戦。巨人だってCSに顔出してくる可能性はあるわけだからしょっぱい試合はしたくねぇよな。とは言っても今日と明日は連戦の副作用で大きなローテの谷間の影響で戸田が先発。戸田も何度もチャンスもらってるんだからな、せめて5回は投げ切るように進歩の証を見せて欲しい。ここでダメならCSのベンチ入りは難しい。生き残りをかけた登板のつもりで頑張ってほしいよな。
丸はホームランキングがかかっているから休めないとは思うけど、是非タイトルを取ってほしい。頑張ってほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク