CSファイナル前夜。初戦、初回から「圧倒的な横綱相撲」で突っ走れ!!

CSファイナル前夜。初戦、初回から「圧倒的な横綱相撲」で突っ走れ!!

野球情報満載デイリースポーツ/広輔、弟のG俊太との兄弟対決に闘志 あるぞセCS初兄弟同時スタメン

情報源: 広輔、弟のG俊太との兄弟対決に闘志 あるぞセCS初兄弟同時スタメン/デイリースポーツ online

一週間のご無沙汰でした!(古すぎ?)

まぁまたまた色々忙しくなってきてねぇ、気が付いたらCSファイナル前夜。本当なら何度かに分けてCSに向けて記事を書こうと思ったけどな、1日しかねぇからとりあえず、CSファイナルをカープがどんな野球をしたら勝ち抜けるか?アタクシなりにシナリオを描いてみたんでそれを書こうと思うんだよな。

まずはファーストステージを勝ち上がってきたのは巨人だよな。どうですかな?ヤクルトと巨人、同志の皆様はどちらが上がってくるか予想できましたかな?アタクシは巨人だと思ってましたよ。それには3つの理由があった。それは何か?

一つ目は青木の故障欠場。これは痛かったよな。まぁ将棋で言えば角が最初からねぇみてぇなもんだからな、強力打線で勝ち抜いてきたヤクルトにとっては重たいスタートになっちまったよな。雄平が4番を打ったり、上位打線のつながりがイマイチで青木がいないことで山田にも負担がいっちまったりと打線が今一つ機能しなくなった。この辺が流れをこっちに持ってこれなかった要因だろうねぇ。

二つ目は巨人の先発が初戦・今村で2戦目が菅野。結構これがミソだったんじゃねぇかねぇ?この2戦目菅野がヤクルトにとって初戦で大きなプレッシャーになったような気がするんだよな。

菅野はいい投手だよ。現にCS2戦目でノーヒットノーランをやってのけたわけで、戦う前からそう打てる投手じゃねぇってことは分かっている。だからヤクルトは何としてでも初戦を取らなきゃならん。取られたらやられる。なのでアタクシの友人のヤクルトファン女子は初戦小川で勝てなかった時点である程度予測できていたし、初戦で負けた時点でこの結果を覚悟していたそうだよ。

実は去年のCSファイナルでアタクシは同じようなことを考えていた。CSファイナルは優勝チームに1勝のアドバンテージがある。このアドバンテージの意味が2勝2敗のタイになった時点で消えてしまう。これっていうのは優勝チームであるカープには大きなプレッシャーに形が変っちまった気がするんだよな。逆にアドバンテージを消したDeNAに勢いがつく。このアドバンテージってのも曲者だよな(笑)

ヤクルトに置き換えると2戦目が菅野でもう「1敗」してしまっている。逆アドバンテージだよな(笑)だから初戦で勝たねぇと終わっちまう。そんなプレッシャーがあったんじゃねぇかねぇ?だからヤクルト本来の野球ができなかった。悔やまれるよな。

三つ目はオカルトだけどな、3位で上がってくるチームの方が勢いがついているというかね、2位のチームは非常にやりづらい。もちろんカープも3位のチームが上がってくるってのは非常にやりづらい。大体順位ってのは頭とケツが先に決まるよな。続いて2位とブービー、そして3,4位ってのが多いよな。ペナントレース最後の最後まで目標をもって生き残ったチームってのは上のチームからすると本当にやりづらい。で、足元を救われるってのが過去にも何度もあったよな。

確かに3位のチームが日本シリーズに出るっていうCSの制度ってのは色々問題があるけどな、一時期は優勝チームが2位、3位を寄せ付けねぇで日本シリーズに出たのが続いたときはCSやる意味があるのかって議論もあった。まぁCSについてはいつか書こうと思っているけどな、見てる方が面白れぇけど順位が上のチームのファンであればあるほど、敗退した時にやっぱり引っかかるものがあるよな。

ただ、カープは今年でリーグ3連覇。この辺で去年のように敗退したんじゃ情けねぇよな。リーグ3連覇ってのはなかなかできない。アタクシは強いと思うよ、今のカープが。でも、監督も選手もファンも広島もどこかまだ自信を持てない何かがあるような気がするんだよな。

このブログでも書いたけど、カープ関係者はこぞって「DeNAは嫌だ」って思っていたろう。これって3連覇しているチームの考えることじゃねぇと思うわけよ。3連覇の自信と誇りなんてぇのが全く感じられないんだよな。

試合内容も僅差のリードで終盤に入ると追いつかれたり、ひっくり返されたりって場面が多いよな。こういう試合を勝ち切ってくれば、そんなビビる必要もないんだろうけど、やはりセットアッパーとクローザーには一抹の不安を隠せないよな。

緒方監督の采配も「勝ち」にこだわる采配ってのはほとんど見受けられない。これで短期決戦大丈夫なの?って不安を持たれる同志も多いだろう。確かに3連覇しているけど、必ず不安や心配が付きまとう。それが今のカープだよな。

では、カープがこのCSファイナルをどう戦えばいいのか?以前の記事にも書いたけど「横綱相撲」で圧倒的に勝つ野球をすればいい。これに尽きると思うわけよ。

「横綱相撲」とは何か?相撲を見ない人は理解できないかもしれんけど、たとえ古くて申し訳ねぇんだけど、千代の富士という横綱は体は小さいが力がある。立ち合いに前まわしをガツっとつかんだら最後、どんな巨漢力士も全く身動きできずにぶん投げられたり、土俵の外につり出されたりね、この形になったら圧倒的な強さで勝つ。これが「横綱相撲」だと思うわけよ。

じゃ、カープの横綱相撲ってどんな野球なのか?そら、一言で言えば「打ち勝つ」野球だよな。最後まで諦めずに攻撃の手を緩めない、相手に隙があれば、その綻びを突いて大量点を取る。現にペナントでは9回で3点差、4点差をひっくり返したり、7点勝っていたにもかかわらず追いつかれ、それでも最後は勝つ野球。とにかく相手を凌駕する攻撃力を前面に押し出して圧倒的に勝つ野球。これを貫きゃいいじゃねぇかと思うんだよな。

日本シリーズでは相手もよくわからんし、相手投手に苦しめられることもあろう。でも同じセリーグ相手ならその辺の不安もないよな。そして相手もカープ打線の怖さ、粘りが身に染みている。CSファイナルは巨人を圧倒的にぐうの音も出んほど叩き潰す、そんな野球をやってくれれば、緒方監督の采配も心配なブルペン陣も接戦の弱さもみんな回避できる。そういう野球を意識してやってくれれば問題なく突破できるだろうよ。

相手の奇策は接戦や追いかける場面では有効だろうけど圧倒的に勝っていればそんな作戦は焼け石に水よ。

だから投手陣は楽に投げればいい。点を取られたっていいのよ。ただ味方が先制するまでは我慢だな。チーム防御率も優勝チームにしては珍しい4点台。4点取られるのは普通なのよ。そのくらいの気持ちで投げりゃいいのよ。大瀬良だってジョンソンだって二桁勝ってはいるけど、菅野のような安定感と安心感はないよな。いいのよ、ゼロで抑えるなんてぇ出来ねぇことをやろうったって無理なんだから。そのくらいの気持ちで投げたらいいのよ。

打線に関してもあまり「線」として考えんでも調子のいいもんを使っていけばいい。短期決戦、形にこだわらなくていいと思うわけよ。ファーストステージだって巨人は決していい野球はしていない。一発攻勢でリードを作り、ヤクルトの焦りを誘って勝ち上がってきたようなもの。これも立派な短期決戦の戦い方の一つよ。何もマシンガン継投や奇策だけでが短期決戦の戦い方ではないのよ。

別に一発狙いで長打を打てる打者を並べろというわけではなくてね、調子のいい打者を使っていくべきなのよ。そういう打者から一発が生まれたり、効果のある一打を放ったりする。噂によるとメヒアが非常にいい内容との報道もある。バティスタや投手3人の編成ってのも絡んで難しいかもしれんけど短期決戦は「形」よりも「勢い」「流れ」なのよ。まぁ最終的にはベンチがどう考えるかなんだけどな。

個々の選手で言えばカギを握る選手は投手ではフランスワと一岡、それとやはり大瀬良かねぇ?勝ち残れば日本シリーズもあるから初戦投げてあとはリリーフなんてぇ起用はできねぇだろうしな、長くて6連戦だから6戦までもつれれば2度目の先発もあろうけど、この時点では完全にタイだからな、圧倒的に勝つならそこまでやらんでいい。ということは初戦の投球、これが全てだよな。この大瀬良がこの間の菅野のような「圧倒的な」内容で勝てばチームは大きく前進するだろうねぇ。

フランスワと一岡は「連投」に耐えられるかってのがカギを握る投手に上げた理由。恐らくだろうけど引出しが極めて少ないカープベンチは先発を諦めれば必ずこの二人を起用するだろう。それは一昨年の日本シリーズでの今村とジャクソンの6連投で証明されている。今年で言えば今村、ジャクソンは不安定だよな。となればフランスワと一岡に登板っ登板が集中する可能性が高い。そのくらい信頼できる中継ぎがいないってことだろうねぇ。負けが続けばアドゥワの連投も十分考えられるよな。なのでフランスワと一岡。中崎にどうつなげるかってのが毎試合求められるだろうねぇ。

野手は左打者。広輔、丸、松山、安部。この辺が好調であればかなり得点する機会が増えるだろうねぇ。個人的には安部に期待をしている。ラッキーボーイ的な活躍が出来れば勢いに乗れそうだよな。それと巨人のリリーフ陣は右投手が多いからな、途中出場でも松山や西川は力を出せる選手だからな。この辺も期待したいところだよな。

とは言っても、圧倒的な横綱相撲を展開すればこの辺もどうでもいい話。とにかく初戦、初回、いや初球から圧倒的なオーラをムンムン出してな、チーム一丸どころかマツタスタジアム、広島が一丸となって巨人を圧倒的に倒す。こういう戦いを目指してやってくれれば何の心配もない。日本一を目指してやってきてるんだからな、ここで負けるなんてぇのは絶対に考えない事よ。とにかく明日から気合入れて応援すっから、頑張ってほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク