圧倒的?強さでファーストステージ初戦突破!ポイントは2度の序盤での盗塁失敗。

圧倒的?強さでファーストステージ初戦突破!ポイントは2度の序盤での盗塁失敗。

野球情報満載デイリースポーツ/カープ主砲・誠也CS初アーチ 会沢も適時二塁打!GメルセデスをKO

情報源: カープ主砲・誠也CS初アーチ 会沢も適時二塁打!GメルセデスをKO/デイリースポーツ online


昨日書いた記事CSファイナル前夜。初戦、初回から「圧倒的な横綱相撲」で突っ走れ!!でも書いたようにね、このファイナルステージ、カープに求めるのは圧倒的な強さで勝ち抜けること、まぁ今日の試合はある程度は出来たんじゃねぇかねぇ?
そういう意味では非常にいい結果になったよな。

先制、中押しはこれ以上ない誠也の一発。その後の野間の走塁でもぎ取った4点目。終盤にも丸の一発やら安部のタイムリーのダメ押しとね、非常にいい得点の仕方だし、こうして先制→中押し→ダメ押しの展開はやられる相手にとっては非常にダメージの残る展開だよな。これを初戦で出来たってのは素晴らしいよな。

打線も広輔を除いて先発全員安打。まぁ広輔はヒットは出なかったけどしっかり四球を選んで1番打者としての仕事はしっかりしてくれたな。近いうちヒットも出るだろう。気を取り直して頑張ってほしいよな。

今日は細かいことは書かんけどな、この試合を取れたってのはまずは大瀬良のピッチングだよな。真っすぐが走っていたからカットボールが効果的に決まっていたよな。立ち上がりは不安だったろうし、その中で先頭打者の坂本にヒットを許してね、イヤな予感が同志に皆様の冷たさを伴って背中に走ったことでしょうなぁ。

続く田中俊をゲッツーに打ち取った。これがデカかったよな。あまり気づいている人は少ないかもしれんけど、あのゲッツーは菊池の見えないファインプレーなんだよな。

あの場面、巨人ベンチはノーアウト1塁でバントはしてこなかった。まぁ初回送りバントってのは短期決戦序盤のセオリーだよな。まず先制して先取点ってのは決して間違えていないからな。

それでも巨人ベンチは強攻策をとった。これも決して間違いでない。エンドランや連打ってのはチームに勢いをもたらす。ましてや初戦の初回。そういう側面で巨人ベンチはバントをしなかったと思うわけよ。それともう一つの理由は打たせても田中俊ならゲッツーはねぇだろうという考えもあったと思うよな。

ところが大瀬良はゲッツーで打ち取ることができた。それは何故か。

あの場面、バントをやってこないとなると、セカンドはゲッツーの準備(6-4-3のゲッツー)をしなければならん。つまりセカンドベースよりの守らなきゃならん。ファーストランナーがいるわけで1塁手はベースについておかなきゃならん。ノーアウト1塁で左打者が引っ張ってエンドランが成功しやすいのはこうした守備位置だからなんだよな。

そういう場面にもかかわらず菊池の守備位置は前進守備でも敷いているかのように丁度1塁ランナーが2塁へ走る道筋の少し後ろに守っていた。つまり通常とは違う守備位置を菊池はとっていたことになる。これはベンチの指示ではなくてね、ここはゲッツーを取って大瀬良を助けようという菊池の想いから来た守備陣形だった思うんだよな。それが見事にはまった。大きなプレーだよな。

解説するとあの場面は田中俊はチャンスを広げるべく引っ張りに徹していた。それを菊池がいち早く察知し、前で取れればゲッツーが取れる可能性にひらめいた。1,2塁間を警戒したら抜けていたかもしれんし、バントなら1塁ベースカバーに入らなきゃならん。準備が色々ある中であの守備位置にいたってのが本当に大きなファインプレーなのよ。菊池があそこにいなければゲッツーは200%成立してないのよ。大きなプレーだったよな。

打線の方は丸と誠也に一発出たし、野間の走塁はこのシリーズ警戒すべきと大きな印象を与えたよな。投げる方は大瀬良が6回のピンチを切り抜けたのが大きかった。短期決戦のセオリーならあそこは替えても誰にも文句言われん場面よ。それでもベンチは大瀬良に託していい結果がでた。あれで7回以降の投手起用が楽になった。エースの仕事ッてのは何も勝ちや白星だけじゃねぇ。きちんと後続の投手が苦労せんように、無駄な起用にならんように、考えるのも仕事なわけよ。あの踏ん張りってのは大きく評価したいよな。

まぁ色々あるけどな、アタクシはこの試合での大きな収穫ってのは巨人のリリーフ陣から点を取れた。これは大きいと思うんだよな。流れを引き寄せるための上原起用も丸のバットで巨人の目論見は崩れた。沢村からも点を取れた。この二人から点を取ったということが後々効いてくると思うんだよな。わかりやすく言えば、この2投手から点を取ったのは明日以降の巨人の継投策に大きな影響を与えると思うわけよ。

逆にカープの一岡、フランスワは無失点。初戦でこれだけ明暗が分かれるってのはカープに取って大きなアドバンテージになる。非常にいい展開だったよな。

それと特筆すべきは序盤での丸、野間の盗塁。両方とも失敗に終わっちまったけどな、この盗塁の試みってのはチームが積極的に攻撃してこうという姿勢の表れだと思う。塁に出れば失敗を恐れず走りますよ、巨人さん。って声が聞こえてきそうだけどな、これはこれで巨人に対してシリーズ通してプレッシャーになるだろうし、この試みでカープのチーム全体は「攻めまくるぞ!」という意思をうまく統一できたような気がするんだよな。

それが誠也や丸のバットに、野間の足に、安部の勝負強さに大きな影響を与えたんじゃねぇかねぇ?

なので極論かもしれんけど序盤での二つの盗塁死ね、これがベンチを一つにした。そんな気がするんだよな。

これでアドバンテージを含めて2勝0敗。有利は有利だけど一つつまずいたときに切り替えられるか?ってのがこのチームの課題。だから明日の試合ってのが大きな意味を持ちそうだよな。

見出しに圧倒的?と書いた。このクエスチョンマークの意味ね、これはカープ打線が2番手で出てきた吉川を打ちあぐねていたこと。ここが不満なんだよな。ここからも点を取っておけば本当に優勝のアドバンテージの何倍もの力を身に着けることができた。巨人ベンチにあれもこれもこいつもと不安とリリーフの起用に不安を抱かせるっていみでも吉川から点を取っておきたかったよな。

まぁあと二つ勝てば日本シリーズよ。カープの選手は今日のような「この試合を絶対に取り行く」という姿勢で圧倒的な攻撃力を駆使していけばなんてことないのよ。

明日は飲み屋さんでCS観戦の予定なので記事更新は200%無理。だけど明日の試合は今日にも増して重要だよな。とにかくジョンソンには先制をやらん投球を、カープは田口を1イニングでも早く引きずり下ろす。この展開しかカープは勝てない。それは選手が一番わかっている事だろうから、もう口出しはしねぇけどな、とにかく圧倒的な強さでこのファーストステージは勝ち抜かなきゃならん。明日もみんなで見よう!

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク