CS突破!!要因は先発の頑張り、攻撃陣の集中力、そして緒方監督の「進歩」。

CS突破!!要因は先発の頑張り、攻撃陣の集中力、そして緒方監督の「進歩」。

野球情報満載デイリースポーツ/広島、2年ぶり日本シリーズ進出決定 3連勝で巨人を圧倒

情報源: 広島、2年ぶり日本シリーズ進出決定 3連勝で巨人を圧倒/デイリースポーツ online

まずは2年ぶりの日本シリーズ進出、めでたいよな。

まぁ2戦目の勝ちで一気にスィープできるという確信はあったけどな、ちょっとしたことで流れが変わる短期決戦だからやはり今日の試合のゲームセットを聞くまでは安心はできんかったよな。

このシリーズが始まる直前の記事CSファイナル前夜。初戦、初回から「圧倒的な横綱相撲」で突っ走れ!!で書いたような打撃を前面に押し出した野球で一気に突っ走ったといえば、そうでもないよな。でも内容は3位巨人を「圧倒」した。個人的には非常に満足しているよ。

打ちまくってポコボコにしたという印象ではなくてね、投打で圧倒したってところがいい。つまりこのシリーズは先発投手が非常によく投げてくれた。大瀬良、ジョンソン、九里とね、最少失点で試合を作ってくれた。こうなれば地元の大声援をバックにしっかり腰を落ち着けて野球ができる。巨人を圧倒出来たのはこれなんだと思うわけよ。

菅野のノーヒットノーランで勢いよく広島に乗り込んできた巨人。防御率はリーグトップ、役者も揃ってきた。どの試合も先発が崩れるとシリーズの流れが巨人に行く可能性は大いにあった。それを大瀬良にしても九里にしても攻撃的な投球で試合前半をしっかり支配してくれたよな。ジョンソンは先制されたけど8回までしっかり投げ切ってくれた。これがその裏の逆転劇に繋がっているわけで、個人的にはMVPはこの3人に上げたいくらい評価しているよ。

會澤、石原の両捕手も「攻め」のリードをしてくれたよな。インコースをどんどんついて巨人打線に的を絞らせなかった。連打を許していない、一発を許していないってのが何よりの証拠。アタクシはこのシリーズ、バッテリー陣が本当に頑張ったと思うよ。日本シリーズもこの姿勢を貫いてほしいよな。

先発投手がしっかり投げてくれたから、継投もそれほど難しくなかっただろう。ただ、緒方監督の継投策を見ていると「過去の苦い想い」をしっかり糧にしているなぁと感じたよな。

それは今日の試合の継投策をみて気づいた同志も多かったのではないですかな?

まずは、5回までノーヒットの九里を6回のピンチでスパッと代えたよな。あの辺ってのは去年一昨年ではありえなかったんじゃねぇかねぇ?まだ4点差、何とかこの回だけは踏ん張ってほしいという感じで続投させていたよな。1点を失ってマギー、岡本の連打を喰らい、阿部を迎えるところで岡田に交代。まぁカープの投手陣の泣き所である左のワンポイントね、この場面、そういう投手が入ればスパッと交代も決断できるんだろうけどな、出てきたのが右の岡田(笑)。岡田と九里を天秤にかければどっちもどっち(笑)だろうけどな、九里は連打癖のある投手だからあそこで代えたってのは正解だよな。まぁその岡田が1球で阿部を仕留めた。もう少しこういう場面で岡田がどんな投球をするか見てみたかったってのはあるけど、まぁよく抑えたよな。

8回のマウンドにはジャクソンを上げたよな。この時点で今日は中崎は使わないってのがピンと来た。まぁ一言で言えば「調子の悪いヤツは使わない」ということ。シーズンを通してクローザーとして頑張ってきた中﨑の顔を立てるべきという意見もあろうかと思うけどな、やはり短期決戦は調子のいいものを使うってのがセオリー。緒方監督は去年までどうしてもシーズンの延長的な発想での投手起用が目立っただけに、この辺の決断ってのも評価したいよな。

中﨑は中崎でまだ日本シリーズまで時間はある。しっかり調整してもらいたいよな。

8回を託されたジャクソンだけど、ツーアウトまで漕ぎつけながらも1イニングを投げ切れなかったよな。まぁ個人的にはもう少し配球でなんとかならんかなぁと思うんだよな。とにかくジャクソンは外一辺倒。外角の真っすぐとスライダーのコンビネーションなんだけどスライダーが圧倒的に多かったよな。これでは見切られちまうのよ。坂本は三振を取れたけどマギーにも外一辺倒。両者ともそれぞれ7球を要して全て外。これでは粘られれば粘られるほど打ちとる確率は低くなる。ジャクソンにはインコースを1,2球見せる配球をしないと厳しいよな。それとスライダーも外スラだけでは苦しいよな。インスラ(右打者のインコースに投げるスライダー)を投げられればいいんだろうけど、それが無理ならせめて真っすぐをインコースで見せることをやらんと厳しいよな。

緒方監督はこのピンチを作ったジャクソンを見切りフランスワにスイッチ。恐らく8回はジャクソン、9回フランスワのシナリオだったけど、回跨ぎを覚悟でフランスワを出したってのもアタクシは進歩だなぁと感じだよな。この辺の投手交代ってのはシーズン中でも見受けられなかった。まぁ左のワンポイントや右の変則リリーフがいない投手陣を考えればイニングを任せる起用法になりがちになるは仕方ないのだけど、短期決戦ではそれが命取りになることもあるだけに、この辺の決断もアタクシは二重丸を上げたいと思っているよ。そういう意味では緒方監督も3度目のポストシーズンだからな、これまでの失敗や苦い経験を糧に進歩したと言っていいだろうねぇ。

打線に関しては正直「繋がり」という部分では物足りないよな。決して好調とは言えない。そんな感じだよな。ただ、ここは勝負という場面での集中力が素晴らしい。今日の試合に関して言えば先制点はメヒア、野間の連続二塁打だけど、2点目は内野ゴロでもぎ取っている。ショートゴロでも野間が好スタートで進塁したのが効いているんだよな。この回は1点で終わるのと2点で終わるのでは大違い。この2点目をもぎ取れたことが先発の九里にとって非常に大きかっただろうし、好投の下地になったことは間違いないだろうねぇ。

3点目の丸の一発も前の打席で振らされたカーブをしっかりとらえた。この辺が丸の凄いところだよな。普通は打ち取られた球種ってのは次は手を出さんようにしようと思いがちなんだけど、丸はそれを待っていたよな。そのうえそれをスタンドに放り込むんだから大したもんよ。

2戦目で言えば8回の2死から代走上本が見事に盗塁を決めたよな。あぁいう場面でアウトは許されない中で盗塁を決めるってのはすごいよな。あれで完全にカープに流れを呼び込めた。投手の畠も動揺しただろう。そこを見逃さずにしっかり逆転するってところね、この辺の集中力ってのはすごいよな。

この辺のプレーを見るとね、カープナイン、ベンチも相当高い意識を持って戦ってくれている。これを日本シリーズでも見せて欲しいよな。

パリーグはどうやら打ち合いのファイナルステージになっているみてぇだよな。どちらが来てもその攻撃力は要警戒ということになるんだろうけどな、CSで見せてくれた先発陣の安定感をみると十分戦えるかなぁと思うよな。ただ、これまではシーズン通して戦ってきた相手との対戦だからデータもあるし、実際に対戦しているから肌感覚で配球や組み立てができるけど、パリーグ相手となるとその辺は手探りになっちまうよな。

余りに警戒しすぎて結局外一辺倒の配球になると厳しいよな。その辺はしっかり情報を分析したうえで「攻めの投球」をしてもらいたいよな。

1週間後には日本シリーズ。CSの結果を踏まえてもう一度メンバーを選びなおすことになるだろう。助っ人枠をどうするのか?ジャクソンからヘルウェグに代えるのかそれともバティスタを上げて攻撃力をアップさせるのか、メヒアとの入れ替えだって十分に考えられる。先発陣はある程度決まっているだろうけど、5戦目以降のブルペンの編成なんてぇのも今から色々考えなきゃならんだろう。色々やることは沢山あるだろうねぇ。

まぁとりあえず、CSを無事突破できたってのはうれしいというよりもホッとした感じ。本当の戦いはこれからだからな、もうひと踏ん張り頑張ってほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク