日本シリーズ展望 キーワードは「圧倒」。どちらが勝っても4勝0敗、4勝1敗で決まるかも。

日本シリーズ展望 キーワードは「圧倒」。どちらが勝っても4勝0敗、4勝1敗で決まるかも。

 日本野球機構は25日、10月27日(土)から行われる「SMBC日本シリーズ2018」の出場資格者名簿を公示した。  日本シリーズに出場できる資格を有するのは、8月31日の時点で球団の支配下選手であり

情報源: いよいよ27日に開幕!日本シリーズの出場資格者名簿を公示

さぁていよいよ明日から日本シリーズだな。

カープの選手は去年のCS敗退からこの日の為に頑張ってきた。全力を出し切って悔いのない戦いをしてほしいよな。

CSでの戦い方をおさらいしておくと、カープは巨人を圧倒してスイープ通過。シーズン中の対戦成績がそのまま出た感じだよな。菅野がノーヒットノーランをやって勢いづいて乗り込んできた巨人を「圧倒」した。まぁ3戦目で菅野が登板したら流れが変わっていたかもしれんけどな、相手さんのやることには口を出さんでおくわな。まぁしいていえば3戦目に菅野が出てきてカープ打線を「圧倒」したら、絶対に流れが変わってきたと思う。もし、そうなった場合にカープが再度流れを引き寄せる戦いができるかと言えば、アタクシは難しいと思う。このブログでは何度も書いているけど3連覇はしているが毎年繰り広げられるパリーグの優勝争いに比べると修羅場の経験に乏しい。こういう経験ってのが短期決戦や流れを引き戻す地力というかねぇ?その力の源となる。そういうのを今のカープからお目にかかったことはない。むしろ去年のCSや一昨年の日本シリーズでの負け方ね、相手に「圧倒」されたってのは否定できないよな。

パリーグのチームってのは、力が均衡しているし、毎年優勝争いが激しいよな。日ハムのように夏場からまくり上げてくるチームもあれば、9月に入っても僅差でつばぜり合いが続く展開は毎度のこと。今ペナント中は9月の直接対決で西武に圧倒されたソフトバンクがCSでリベンジして勝ち上がってきた。それも「圧倒的」な猛打で西武を粉砕した。カープもその打棒に「圧倒」されるのでは?ビビリまくっている同志も多いことでしょうなぁ。

両チームとも形は違えどCSを「圧倒的」に勝ち上がってきた両チームのぶつかり合い。アタクシは日本シリーズでもどちらかが「圧倒」する展開になる。そんな気がするんだよねぇ。そのポイントをいくつか書いてみようと思うわけよ。

2年ぶりに日本シリーズで予告先発が導入される。カープは大瀬良、ソフトバンクは千賀。まぁ予想通りだよな。大瀬良は15勝、千賀は13勝。両投手同じことがいえると思うけど案外初回の攻防ってのがポイントだと思ってるよ。

大瀬良がCSを圧倒的な打棒で勝ち上がってきたソフトバンク打線に対してどんな気持ちで投げ込んでいくのか?ここが最初のポイントだよな。個人的にはそんなに恐れることはないと思っているよ。なんせCSでは西武の投手が悪すぎたよな。だから参考にならんのよ。パリーグの打者は積極的に振ってくる。これをかわそうとしたら相手に術中にはまる。とにかくストライク勝負。先発投手も長いイニングなんてぇのは考えん方がいい。

かわしはじめると必然的に四球が多くなる。面白いデータでこの両チームの四球はリーグワースト同士。ソフトバンクの試合は見ていないのでわからんが、カープが連敗しているときってのは本当に四球が多い。苦手にしている中日やDeNAに対しては特に多いんじゃねぇかねぇ?四球でランナー貯めてヒット一本で2点、3点取られるパターンね。この顔をカープが出してしまったら、一気にソフトバンクに流れが行っちまうだろうねぇ。

とにかく大瀬良が初回をどう抑えるのか?これがこのシリーズを占うといっても過言ではないと思うよ。柳田やデスパイネを意識してランナー貯めるような投球だけは絶対にしてはいかんよな。

逆にカープの初回の攻撃ってのも大きなポイントだよな。CSファイナルの初戦でも広輔が出塁、菊池のエンドランでチャンスを作って内野ゴロで先制。形はどうであれタナキクマルが初回から躍動するようであれば、ソフトバンクを圧倒する流れを作ることができる。まずは第一戦の初回。ここがポイントだよな。

ソフトバンクは先発を4人で回すのが濃厚だという報道がある。仮にこうなるとなればやはり1戦目、2戦目でソフトバンク投手陣を攻略すれば道が開けてくるだろうねぇ。先発を4人で回すとなれば先発投手に7回8回まで投げろということではない。4回、5回まででまずは試合を作ることを求められる。中盤でピンチを迎えれば迷わずソフトバンクベンチは継投策に入るだろうねぇ。

カープは去年のCSファイナルでDeNAのマシンガン継投に圧倒された。まぁ同じ轍は踏まんと思うけどな、あまり対戦のない相手だけに戸惑うなといっても無理だろうねぇ。大事なの相手がどうこうじゃなくて自分のバッティングをすることに集中すれば結果もついてくると思うけどな。

逆にカープは1,2戦で先発投手を早い回で攻略できるとソフトバンクの投手の台所が苦しくなる。WBCのような「第二先発」的な存在を早々に引っ張り出す展開になれば、3戦目、4戦目と苦しくなってくる。こうした相手の目論見を叩き潰すことで相手を「圧倒」できる。ここもポイントなんじゃねぇかねぇ?それにどうしてもパリーグの場合は勝っている場面で出てくるリリーフは強力だけどそれ以外は力が落ちる。この落ち方ってのはセリーグよりも激しいよな。この辺で出てきた投手からしっかり得点をすること。ここも大事だよな。

ソフトバンクのヘッドコーチは達っちゃん。恐らくカープのキーになる選手を潰しに掛かる可能性はあるよな。それが丸なのか誠也なのか?覚悟をしておいた方がいいよな。逆にカープもソフトバンク打線のキーマンを徹底的にマークしていく必要はあると思うんだよな。

左投手の少ないカープ投手陣。左打者の柳田や上林をターゲットにするのはちょっと難しいかねぇ?そうなると右のデスパイネに標準を絞るべきだろうねぇ。柳田→デスパイネ→中村晃のジグザグの並びね、ここを分断する。絶対につながせない。ここができるかどうかってのがポイントだな。

まぁそれができるかどうかってなると疑問だけどな(笑)。カープの投手と言うのは内外で勝負するパターンが多いよな。高低差をもっと生かす攻め方をすればもう少し防御率が下がるような気がする。助っ人選手を攻略するには絶対に内外だけじゃなくてプラス高低差よ。その辺をえげつないほど徹底してけるか?昔、達ちゃんが阪急との日本シリーズでブーマーを攻略したような攻めができるかどうか?逆に交流戦ではデスパイネにコテンパンに打たれているからな、この打者に打たれるようでは勝ち目は薄いだろうねぇ。どれほどまでにバッテリーが勝負に徹することができるか!?ここも大きなポイントだよな。

連覇か?34年ぶりか?そうよ。カープは12球団で一番日本一から遠ざかっている球団。その最後の日本一のチームと今のカープが日本シリーズを戦ったらどっちが勝つか?真剣に考えてみたことがある。

どっちが勝つか?アタクシは昭和のカープの方が勝つような気がする。それは何故か?

選手個々の力、チームワークに関しては断然に今のカープの方が圧倒的に強い。ペナントで戦ったらブっちぎる力は十分持っているのは実証済みだよな。

でも短期決戦だったら昭和が強いと思う。それは何故か?

まずは投手力。これに関しては断然昭和が上だよな。投手の球速ってのは今の方が断然上だけど、コントロールであったりメンタル面ってのは昭和にはかなわん。このメンタル面ね、この差は結構大きいと思うんだよな。

それと日本一になった3回の日本シリーズの対戦成績は全て4勝3敗。全部7戦まで戦っている。最後の最後の勝負で日本一を勝ち取っている。こういう戦いの中で今のカープが勝ち抜けられるか?やはりメンタル面だと思うんだよな。

昭和54年、55年の連続日本一になった時も両方とも連敗スタートなんだよな。昭和59年の時は先に王手をかけながらも阪急が連勝して逆王手。先手を許しても追いつめられても、追い上げられても最後の最後は栄冠を手にしている。

今のカープにはこうした粘り腰であったり、連覇しても慌てず騒がず、最終的には先に4勝すればいいんだろう?的なふてぶてしさというのかねぇ?そうしたものが足りない気がしているんだよな。一昨年の日ハムにやられたのも連勝スタートしておきながらも、一つの負けから変わった流れを跳ね返せなかった。去年のCS敗退もそう。ペースを握られるとなすがまま。昭和のカープとの大きな違いはここだと思うわけよ。

最後の最後はこういった部分が大事になってくる。だから昭和の方が勝つと思う。

なぁ~んて今の若いファンからすればオッサンの嫌がらせにしか聞こえんだろうけどな(笑)、アタクシが見てみたいのはこれまでのポストシーズンの敗退から学んだことで、このシリーズでそういった「強さ」を身に着けたカープを見せて欲しいという気持ちの裏返しでもあるのよ。

日本シリーズの4勝ってのはたかが4勝、されど4勝。この4つを先に勝つためにどれだけ力を発揮できるか?投げる、打つだけじゃなくてね、そういった気持ち、メンタルも試されるわけよ。

アタクシが「圧倒」というキーワードを出したのはこの部分に関してまだ今のカープはその姿を見せてくれていない。見たことがない。だからカープが日本一になるにはソフトバンクを「圧倒する」のが一番確立が高いし、負けるのなら「圧倒される」負け方しか見えてこない。

もしカープがこれまでの経験を経て、たくましく粘り強く、逆境にも動じない力が備わっていてそれを見せてくれるなら、どんな展開でも日本一になるだろう。セリーグ3連覇は偶然やまぐれではできん。力があるのよ。その力をどんな場面でも自分たちを信じて戦えば自ずと日本一の称号は手に入る。この日本シリーズはそういった部分の「成長」が見て取れるか!?ここに注目していきたいし、日本シリーズ中の記事はここを中心にして書いていきたいと思うよ。

さぁ 明日から夢の実現への戦いが始まる。さぁ みんなで応援しよう!

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク