ここを乗り越えなきゃな。日本一はそんなに甘くないから。

ここを乗り越えなきゃな。日本一はそんなに甘くないから。

野球情報満載デイリースポーツ/広島 痛かった初回の本塁憤死 玉木三塁コーチャー「自分の判断ミス」

情報源: 広島 痛かった初回の本塁憤死 玉木三塁コーチャー「自分の判断ミス」/デイリースポーツ online

今、仕事中なんだけどな。こっそり書いているよ(笑)

敵地に乗り込んでの連敗。一昨年のシリーズと同じような展開に同志の皆様の脳裏にも嫌な予感が縦横無尽の突っ走ってることでしょうなぁ。

日本シリーズは先に4勝した方が勝ち。まだまだ諦めるのは早いんだけどな、当ブログでも再三指摘している反発力というのかねぇ?負の流れになるとそれに流されてしまうカープの問題点がまたもや露呈するのではないかと危惧してしまうのも仕方ないかねぇ…これもカープファンの悲しい性なのね…。

まぁみんな言いたいことはたくさんあるだろうねぇ。初回の本塁憤死。いっこうに決まらない盗塁。ビハインドの展開で投げる中継ぎ投手のひ弱さ。色々あるよな。

初回の丸のヒットで菊池が憤死した走塁を悔やむ声もあるだろうねぇ。アタクシは問題ないと思う。第1戦から積極的な走塁ってのは一貫してやっているわけで、あのプレーはソフトバンクの守備をほめるべき。少しでも送球がそれればセーフのタイミング。セーフなら好走塁と評価されるだろうしな、暴走とは紙一重だからな。

仮に3塁で止まったとしても点が入る保証はない。もちろん次打者の誠也の調子を考えれば期待感はあるんだろうけどな、凡退した場合はあそこで突っ込んでいれば…なんて声も出てくる。結果論だよな。

カープとしては敵地での戦いでどうしても先制点が欲しい。玉木コーチが腕を回したのもそんな思いの強さから出たものだし、コメントでも選手をかばう気持ちの方が強かったんじゃねぇかねぇ。仕方ないプレーだと思うよ。

ただ、残念なことは初回点が取れなかったことでカープ打線が重くなっちまったこと。これがまずかったかねぇ?

この重しを取り除くには味方が点を取るまで先発が踏ん張らなきゃならん。先発野村も一回り目までナイス投球だったけどなツーアウトから上林にツーランを浴びた。本当に甘い球だったよな。野村自身は調子はよかったんだろう。だからこそ当たっていない上林に投じたあの球は魔が差したとしかいいようがねぇだろうねぇ。

とはいえ、野村はやっぱり野村だなという内容だよな。5,6回で2,3点取られる。いつも通りといえばいつも通りなのよ。チーム全体的がそうとわかっているからなおさら先制点がどうしても欲しい試合だった。その気持ちが焦りと重さに変わっていった。アタクシはそうみているよ。

ただね、やはりシリーズを制するにはここを乗り越えなきゃならんのよ。緒方監督が「固まる」と揶揄されるのがこの部分なんだよな。

もちろんプレーするのは選手。ほとんどの選手が去年、一昨年の敗退を経験している。選手の中でもイヤな予感がしないといえばウソになるだろう。でも選手も乗り越えなきゃならん。もう一度一丸となって第5戦に挑んで欲しいよな。

一向に成功しない盗塁も批判があるだろう。アタクシはこの姿勢は一貫して評価したい。一度でも成功すれば流れが来る可能性もある。投手のリズムを崩すうえでも走るぞ!というファイティングポーズは降ろして欲しくねぇよな

やれ、セリーグの連敗だの、いろいろ言われるけどな、もう一度第1戦の時の集中力を取り戻してな、なんとか敵地で1勝して広島に戻りたいよな。

予告先発は大瀬良と千賀。大瀬良にはエースの、セリーグ最多勝の意地を見せて欲しいよな。それと打線、タナキクマルが機能していないよな。ここは手を入れないといかんだろうねぇ。いつかは…なんて言ってる間にシリーズ終わっちまうからな。できることは最善を尽くす。頑張ってほしいよな。

今夜は行きつけの居酒屋さんで観戦。野球ファンが沢山集まるお店だからワイワイ楽しくやってくるよ。

さぁ 今夜も日本一目指してみんなで応援しよう!

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク