2回の盗塁失敗で流れが完全に遮断。監督のゲームメイク力の差か!?新井選手、本当にお疲れさまでした。

2回の盗塁失敗で流れが完全に遮断。監督のゲームメイク力の差か!?新井選手、本当にお疲れさまでした。

野球情報満載デイリースポーツ/広島打線、バンデン“バズーカ”に苦戦 150キロ超剛速球に五回まで散発3安打

情報源: 広島打線、バンデン“バズーカ”に苦戦 150キロ超剛速球に五回まで散発3安打/デイリースポーツ online

まずは福岡ソフトバンクホークスの工藤監督、コーチ陣の皆様、選手、球団関係者そしてファンの皆様、2年連続日本一おめでとうございます。やはり短期決戦での戦いぶりは素晴らしかった。我らカープもこういうチームになるよう目標としていきたいですな。

さぁて、ため息しか出ない夜を過ごした同志も多かったんじゃねぇかねぇ?僕らのカープ、残念ながら日本一ならず。まだまだ沢山の課題があることを突き付けられた。そんなシリーズでしたな。

今シリーズの総括的な記事は明日以降に書くとして、今日は日本シリーズ第6戦を振り返ってみようと思うよ。

崖っぷちのカープ。前回の記事またもや敵地で一つも勝てず。逆転Vの秘策は打線と大声援でSBを圧倒して流れを引き戻すこと。でも書いたように流れを食い止め、こっちに持ってくるにはやはり自慢の打線と地元の大声援で「圧倒」する。これ以外ないと思っていたよ。

ところがフタを開ければスタメンには野間がレフトに入ったいつもの布陣。このシリーズの野間の調子を見ると仕事が出来ていないよな。とにかく大事なところでの三振ってのは高い身体能力をもった選手なのに転がせば、前に打てばなんとかなるのにもったいなぁと。日本シリーズの雰囲気に少し戸惑っているように見えた。まぁ緒方監督の贔屓起用なんて声が聞こえてきそうだけどな、緒方監督のイメージの中では流れを変える方法として「走塁」ってのが視野に入っていたのだろうかねぇ?1塁からワンヒットで一気に還ってくるようなプレーで流れを変えよう。確率的には難しいとは思うけど、そんなイメージはあったんだろうねぇ。

走塁で流れを変えるという姿勢は初回、2回と試みた盗塁ね。この辺の采配にも見て取れる。初回の盗塁はセーフの判定も覆っちまったけどな、2回の盗塁死ね、アタクシはあそこがポイントだったような気がするんだよな。

振り返ると誠也が先頭でヒットで出塁。松山が四球を選ぶ。ノーアウト1,2塁。絶好のチャンスだよな。ただここからは下位打線。石原の打撃は期待できないと思ったんだろう。安部と野間で何とか先制したい思惑はあったんだろうねぇ。

安部のファーストゴロで1死1,3塁で打者は野間。前に転がせば点が入る。先制したければスクイズでもいいだろう。後がないんだからな。是が非でも先取点の場面よ。チャンスはあった。初球、2球目とボールで2ボール。ソフトバンクバッテリーは絶対にストライクを取ってくる。1塁ランナーが安部だから走ってくる可能性もある。変化球は投げずらいから、当然ストレートでストライクを取りに来る。この球を野間は見逃したよな。ここがポイントだったよな。

ボール2ならシーズン中なら「待て」なのかもしれん。ただある程度ストライクが来る確率、真っすぐが来る確率が高いわけだから、あそこでなんかしらのアクションを起こすべきだったろうと思うわけよ。アタクシは野間が「固まった」としか言いようがないし、ベンチも「固まった」んだと思うんだよな。結果は三振で何も起こらなかった。ここで緒方監督は焦りを感じたのかもしれん。

それを如実に表していたのが直後の安部の盗塁死。普通ならあそこは走ったらダメだろ?あの場面、カープベンチは何を意図して盗塁させたのか?よくわからんのよ。

あえて言えることは盗塁成功→石原敬遠→ジョンソン勝負。仮に点が入らなくても次の回は1番からというシナリオしか思い浮かばん。

もし、そうなら200%成功するケースじゃなきゃダメだよな。走る場面じゃない。結局甲斐キャノンの前に屈し、3回表は8番からでもちろん3者凡退の結果を考えるとあの盗塁の仕掛けね、あれは完全にベンチの思考回路がどうかなっちまったとしか思えん。あの場面で一番優先しなきゃならんのは3塁ランナーを還すこと。ランナーが3塁にいれば点が入る方法はいくらでもある。現にソフトバンクは内野ゴロで点を取る場面が多く見られた。カープもシーズン中はそんな得点シーンは結構あったよな。結局それができなかった。まぁそれは野間の三振から起因しているのは間違いない。あの仕掛けは結果的にカープベンチを重くしてしまったよな。

逆にソフトバンクは先制すればカープにプレッシャーがかかってくることをよく知っている。だから4回表に内川に送りバントさせて、スクイズを仕掛けてきたよな。普段なら1点なんて何ともねぇカープ打線にはとても重い1点に感じたろう。4回裏は2番菊池からの攻撃を三者三振。これがカープベンチの心境を表していたよな。アタクシは申し訳ねぇけど、ここで勝負あった。その後もバンデンハークの剛球にバットが空を切る場面が目立ったもんな。

まぁこれも機動力を生かそうと仕掛けた盗塁が甲斐と高谷に徹底的に防御されたってのが影響はしてきたんだろうけどな、何も機動力は盗塁だけじゃねぇよな。さっきの1,3塁の場面での打者の意識。1点あげるよという状況で三振を喫したり、エンドランなんかも見受けられなかった。もう少し柔軟性というかねぇ、その辺がベンチの差というかね、そんな印象を持ったよな。

スクイズで先制のソフトバンク。内川にもバントをさせたしな、この辺、監督のゲームメイク力の差を感じたよな。

ただ決して緒方監督が愚将とは思わん。これも勉強かねぇ?

まぁシリーズの検証は明日以降にやっていこうかねぇ。

新井にとっては最後の試合になった。ショートゴロで野球人生を終えた。本当にお疲れさまと言いたい。ファン感であいさつするのかな?これほど印象に残る選手はいないよな。

4番を任されてもがき苦しんだ若いころ。何度も折れそうになったことだろう。それを練習練習で乗り越えてきた。初の本塁打のタイトルを取ったときは本当にうれしかった。

かと思ったら、FAで阪神に移籍。あの時代のカープを考えれば他の選手は優勝を狙えるチームにという気持ちは痛いほどわかった。でも新井だけはカープから出て行ってはダメだとアタクシも憤慨したのは覚えている。

阪神でも色々苦しかったろう。特に慕っていた金本が引退してからは阪神の計画性のない補強策に翻弄され出番を失ってしまった。

阪神を自由契約になった新井を松田オーナーが真っ先に声をかけてカープに復帰。黒田も帰ってきた。

そして25年ぶりのリーグ優勝の輪の中心に新井と黒田がいた。

本当に新井という選手は色々やらかしてくれた。記憶に残る選手だよな。

打つのも走るのも守るのも、どこかカッコ悪い(笑)。でも、一生懸命さ、ひたむきさ、努力をする姿に同僚や若手選手、そしてファンを魅了した選手。もうこうした選手は出てこないだろうねぇ。とにかく酷使し続けた体を休めてカープをこれからも見守ってほしいよな。

本当にお疲れ様、そしてありがとうと言いたいよな。

さぁて、これで今年の野球は終わりよ。日米野球は興味ねぇよ。あるとすれば秋季キャンプ。生きのいい若鯉たちが必死で頑張っていることだろう。

ドラフトでは小園を取れたし来期以降楽しみが増えたよな。

入るものがいれば出ていくものもいる。今日の報道では丸はFA宣言するみてぇだし、松山は残留に前向きと聞く。まぁこればかりはどうなるかわからんけどな、その辺の動向も見守っていきたいよな。

とにかくシーズンは昨日で終わり。選手、監督コーチ、スタッフ、そしてファンのみなさん、お疲れ様した。日本一の悲願はならんかったけど、3連覇という偉業は素直に喜ばしい事。来季こそ「日本一」を達成して笑顔でシーズンを終えたいよな。同志の皆様もお疲れさまでした。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク