広輔 3割宣言!実現するなら3番もアリ!?

広輔 3割宣言!実現するなら3番もアリ!?

野球情報満載デイリースポーツ/田中 初3割宣言「絶対的な数字」1番死守&フルイニング出場でチームを導く

情報源: 田中 初3割宣言「絶対的な数字」1番死守&フルイニング出場でチームを導く/デイリースポーツ online

 広輔が弟で巨人の田中俊太らとともに自主トレやってるらしいな。これまで弟と野球で絡んだことがないって言ってたけどな、兄弟ってそんなもんよ。

 アタクシにも4つ下の弟がいる。4つ違うと子供の時っては体も遊び方も全然違う。弟が1年生なら兄貴は5年生だろ?そら絡まんよな。だから一緒に遊んだ記憶ってのがほとんどねぇんだよな。ただ赤ん坊の時は本当に可愛いなぁ~と思ってホッペにチュッチュしてたけどな(笑)

 昨季の広輔は確かにこれまでにない不振の時期があったよな。それまでカープの代名詞みてぇな「タナキクマル」の解体をベンチが決断した。まぁ慣れ親しんだ打順の解体ってのは、ある意味一つの時代の終わりのサインともとれる。まぁそこを踏ん張ってシーズン中に1番打者の座を取り返したってところに広輔の意地とプライドを感じることができたよな。

 引用記事にあるように昨季は三振の数が多かった。これまでの広輔なら、まぁあくまで印象だけど不調の時はカットしたりしながら四球をもぎ取ったり、しぶとく当てて内野安打で打率を落とさなかったりってのが出来たんだけど、三振の数ってのはある意味、その選手の「淡白指数」みてぇなもんで、粘れていない証でもある。その辺をしっかり反省材料として今期に挑むってことは非常にいいことだよな。

 自身には未知の領域である「3割打者」への挑戦を口にしているよな。この辺ってのは丸が抜けたことを当然意識しているだろうし、自己の成績を丸の成績に近づけることが自分の役割と思っているのかもしれん。

 仮に3割が現実的なものになるのであれば、広輔3番といった話も出てくるだろうねぇ。

 丸が抜けたことで3連覇中にある程度固定できた上位打線も不透明だよな。3番を誰が打つか?長野が元気なら有力だけど緒方監督は結構ジグザグ打線を好む。1番野間、3番広輔がカープファン的にはうれしいのかもしれんけど野間に関しては1番打者としてまだまだ足らないところが多いような気がする。それを本人が自覚して取り組んで結果を出してくれば上位打線も固定できそうだけどな。その辺がシーズン入って野間の使い方ってのも注目だろうねぇ。

 話を広輔に戻そう。いずれにしても広輔が下位打線に甘んじているようでは4連覇はない。ぜひ3割を狙うのなら「3番」も狙ってほしい。いや、3割打てば当然ベンチも3番にと考えるのは間違いないだろうねぇ。

 派手な菊池に比べると広輔がどちらかといえば堅実な守備に見えるけど、いやいやアタクシは華麗な守備の持ち主だと思うよ。

 守りの方は捕手の曾澤、二遊間のタナキク、センターが誰になるかはわからんけど最低でもこの3人がゲームに出続けることが4連覇の最低条件だろうねぇ。

 広輔がもう一皮むける予感がするシーズンになりそうだよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加