そろそろやるべきじゃねぇの?「“太い客”だろうが、他人に迷惑をかけるのなら来なくていい」的行動を。

そろそろやるべきじゃねぇの?「“太い客”だろうが、他人に迷惑をかけるのなら来なくていい」的行動を。


ちょうど去年の今頃かねぇ?毎年過熱するカープ戦のチケット争奪戦について書いたことがある。

チケキャンサイト閉鎖・経営者逮捕とカープ戦チケット高額転売問題に長々と。

カープ戦チケット狂騒曲 カープ球団はいつまで性善説でチケットを売るのか?

今年はどうやらチケットの販売方法が変ったらしいねぇ?去年は先着順で球場には発売前からテント村が出来て、その人たちに大量に購入され、即チケットキャンプやオークションサイトに出品されていたよな。それも相当な高値でね。いわゆる「転売屋」がチケットを買い占めて高値で取引されたってのが多くのファンの反感を買ったよな。

相当儲かるんだろうねぇ?発売のかなり前から場所を陣取って何日も人間を張り付けてるんだから日当だって必要だろうに。そういう人件費を考えても利益が出るからやるんだろう?そういうの相手に家族の為に頑張ってチケット獲ろうとか、彼女と一緒に行くために頑張ってチケット獲ろうとか、そういうささやかな楽しみで購入しようとする人はこんな組織的な購入者にかなうはずがないよな。

当然球団にも改善を求める意見がたくさん寄せられただろうし、改善を促す声ってのは相当大きかったよな。

その声に対してカープ球団はチケットの販売方法を一部変えた。

要は当日窓口で買える人を抽選で決めましょうと。そして購入できる試合数は5試合まで。まぁ少しはまともになったかなぁという印象もあるけどな、やっぱり個人よりは組織的に動いた方が断然有利というか、転売対策としては不十分と言わざるを得ないよな。恐らく3月1日からオークションサイトでマツダスタジアムのチケットが沢山出品されるのは想像に難しくないだろうねぇ。

抽選にエントリーするのだって個人では限界がある。自分の家族や友人数名位が関の山だろう?転売屋はその何倍の人の名前で抽選券にエントリーすることができる。つまり今までテント村に派遣していた人間が並ばないでエントリーするだけのこと。そして購入金額に関しては制限なしなわけだし、人気カードや土日、夏休みの試合とターゲットを絞って買うだろうから、ますます希望の試合が取れない可能性が高いよな。

ファンクラブの募集もあっという間に締め切られたみてぇだな。これもファンクラブ会員が優先的にチケットを購入できるチャンスがあるが故、転売屋が入り込んでいる可能性は大いにあるよな。

西武は10年ぶりの優勝でCSのチケットが転売屋の手により10倍の値がついた。西武球団はファンクラブ会員が優先的に手にしたチケットを転売したとして、該当の会員を退会処分にした。これは英断だよな。

広島出身のアーティスト、永ちゃんこと矢沢永吉が一部のファンのライブへの出入り禁止を決めた。「“太い客”だろうが、他人に迷惑をかけるのなら来なくていい」と。アタクシも同感だねぇ。

カープ球団のチケット販売方法の改善策を見ると、一体どっちの方を向いての改善なのかって話だよな。みんなに行きわたる、不公平感をなくすって意味では購入金額の縛りがないってのは絶対ダメだよな。

一言で言えば「沢山買ってくれる」人?業者に配慮していると言われても仕方ないよな。

昔の後楽園球場の巨人戦は一人2枚までしか買えんかった。多くて4枚。いいじゃない?こんなんで。

去年の窓口一番乗りは旅行会社の人だったってな?そういう法人や業者関係は別窓口で営業担当がやればいい話。そういうのと個人の客を同じ窓口で勝負させようなんてぇ発想がそもそも「誰に気を使ってるの?」と勘繰りたくもなるわな。

今回の購入法改正でも同じ不満は絶対に出るわな。絶対にな。

アタクシの店は誰もおらんかったけど今日2月8日は某コンビニでカープ戦の先行販売があったみたいだねぇ?SNSを覗くとどこもつながらない、もうすでの先客が機械からずっと離れないなんてぇ投稿が目立った。気の毒だよな。どうにかなんないものかねぇ?少し頭を使えばいいのになぁと。

話は変わるけど、カープが弱かった時代、市民球場に閑古鳥が鳴いていた時代ね、2005年の球界再編騒動の前から、アタクシはカープのグッズを球場に行くたびに購入していた。関東に住んでいるから神宮やハマスタ、東京ドームが主で当然その売り上げはホームチームの売上になるのは分かっていた。わかっていたけど、それを買うことでカープの選手の年俸の足しにしてくれたら、市民球場の環境が良くなればという想いを持って買っていたんだよな。

マツダスタジアムが出来てグッズの種類も多種多様。カタログを見ているだけで一杯飲めるよな(笑)。

中には数量限定のレアな商品もある。まぁアタクシは数量限定というだけで頭の中のお買い物リストから外してしまうけど、この「数量限定」の四文字熟語にヨワい人も結構多いよな。当然何が何でも手に入れたいと思う人もいるだろうねぇ。それくらい魅力的なグッズが盛りだくさんだもんな。

そのグッズの発売が2月1日。このグッズ販売に向けても球場では順番待ちの段ボールやら敷物が並んでいるというニュースを目にしてね、チケットだけじゃなく、こっちもかよ!?なんて思ったからな、ちょっとリサーチしてみたよ。

まずは、アタクシが欲しいなぁと一番思ったのはコレ。

ガレッジクロック。8,500円で150個の数量限定。

アタクシの家のキッチンカウンターは野球シーズンになるとバーのカウンターに早変わり。ムードを高めるためにその周辺だけ木目調の壁紙を施しているんだけど、そこにピッタリだなぁと。値段もそれほど高いわけでもねぇ。でもすでにSOLD OUT。

あるオークションサイトで調べてみた。すると…あったねぇ(笑)

まずは20,006円。倍以上だねぇ!?

 

お次は即決価格が30,000円。強く出たねぇ(笑)

 

3倍近い価格もある…

次はこれ。アウトドアリュック。定価は10800円。限定500個。

アタクシがチェックしたサイトだけで、これだけ出品されている。本当にカープファンならシーズン始まったら絶対にこのリュックでみんなの目を釘付けにしたくなるよな。そんなグッズがシーズン始まる前に出品されているってのはさ、出品者の購入動機は明らかだよな。

 

お次はこれ。Gショック。カープグッズではおなじみだよな。毎年出ているよな。こちらは2000個限定で14,000円。


 

…とまぁ大体5,000円位の利益乗せてオークションに出ている。本当のファンなら絶対欲しいはずのアイテムを買ってすぐいとも簡単にオークションに出すなんてぇのは明らかに転売目的だよな。

そして出品者のページを見てみると出品者が法人だったりする。つまり転売する会社があるってことだよな。これってカープ球団はどう考えているのだろうか?

まさかオークションに出されるのが分かっていて、その業者に卸していたなんてぇことはないよな?そうでなければ、人海戦術を駆使してネットや発売日前から順番どりをして定価で仕入れたものに他ならんだろう?

紹介したもの以外にもファンクラブ特典のユニフォームやタオルも出品。何のためにアンタ、ファンクラブに入ったの?と思い切り突っ込みたくなるものもある。

日南キャンプで選手からもらったサインボールも多く出品されている。誠也のサインボールが10,000円、長野や小園は5,000円とね、まぁそら日南までの旅費がかかっているから吹っ掛けているんだろうけど、これは選手に対しても失礼だよな。ファンじゃねぇよ、こんなの。

グッズの話に戻るけどな、こうしたグッズだってカープ球団とメーカーで時間をかけながら作り出したものだろ?こうやって利益乗せられて売りに出されている現実だって知ってるだろうよ?頭に来ないのかね??

まぁもちろん、こういう輩だけではないのは解っているし、一般のファンとの線引きってのは判断が難しいよな。例えばファンクラブ特典をすぐに売りに出すのはハッキリ言ってファンじゃねぇから、調べ上げて会員の資格はく奪で球場にも出入り禁止させるくらいのことはやるべきだよな。それと実際オークションにグッズを出品しているのはIDを掘り下げて調べるとさ、その品数の多さってのには驚かされた。

例えばリュックを出品しているある出品者はこのリュック以外にも実に178件も出品。別のある出品者は352件も出品している。完全にオークションを専業しているってのが分かるよな。

まぁ売る人間がいるってのは買う人間、需要があるからに他ならんけどな、球団しても選手にしても、そしてグッズを作る企業もさ、何も転売屋を儲けさせるつもりでやってるわけじゃねぇんだからな、この辺はこうした人たちが怒らんと話が進まないんじゃないかねぇ?

例えばファンにサインをしない選手もいる。それは自分がファンの為に心を込めて書いたサインが売りに出されるがイヤだからという理由もあると聞く。「頑張ってください!」「応援しています!」「握手してください!」なんて調子のいいこと言っておきながら腹の中ではコイツをいくらで売ろうかとソロバン弾いているなんてぇのを想像したらさ、そら、サインも躊躇するよな。でもサインをしないってのは立派な防衛策だと思うわけよ。

かと言ってあまりやらんと、ファンを軽視しているなんてぇ声も聞こえてくる。でもアタクシは本当の野球ファンならそんなこと言わんと思う。選手はプレーで魅せてなんぼ。普通のファンはそう思っているからサインなんていらんのよ。でも、自分に対してサインをしてくれたとしたらそれはムチャクチャうれしいわけよ。そんなん、オークションになんて絶対出さんよ、絶対に。家宝にするよ。

でもサインをしない選手をなじる声ってのは 少なからずあるだろうねぇ。そこが人気商売のツラいところだよな。でもそんな声を発するのはサインをなんとか手に入れたい輩がこっちに有利な世論を形成しようとする印象操作以外に他ならんのよ。サインが欲しけりゃサイン会に行けばいいだけの事。それほど選手に対してサインせぇ!というのは不自然極まりない。別に目的があるからってのがバレバレなのよ。

カープ球団のグッズ売り上げは60億円に上っているそうな。これは凄い売上だよな。当然、選手への年俸や環境整備に使われているし、それが正しい使い方だろう。でもその収入源であるグッズやチケットでファン心理を逆手にとって商売している。そして本当に欲しいファンにグッズやチケットが行きわたらない。それはプロ野球球団として是とするわけにはいかんだろうねぇ。

こうした需要があることに想像したくはないけど反社会的勢力が目をつける可能性だってある。そうなってからでは遅い、いや、もしかしたら入り込んでいる可能性だって否定できないよな。

もちろん一般のファンとそうした転売目的の者との線引きってのは難しい。でも多くのファンはそこに線を引いてほしいと望んでいるのよ。それをやるのはほかでもないカープ球団なのよ。グッズを、チケットをたくさん買ってくれるから言えないなんてぇのは情けない話よ。

一人でも多くのカープファンがチケットやグッズを行きわたるようにカープ球団も行動に移さんとな、本当に「“太い客”だろうが、他人に迷惑をかけるのなら来なくていい」。的な行動をさ。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加