庄司・山口、大事な時にインフルエンザ…もぎ取った沖縄への切符がもったいない…

庄司・山口、大事な時にインフルエンザ…もぎ取った沖縄への切符がもったいない…

野球情報満載デイリースポーツ/2選手がインフルエンザA型に感染 庄司と山口

情報源: 2選手がインフルエンザA型に感染 庄司と山口/デイリースポーツ online

少し下火になってきた感じはするけど、今年のインフルエンザってのはすげぇよな。アタクシの地元の中学校はさ、1年生、2年生が学級閉鎖ならぬ「学年閉鎖」だってよ。「学年閉鎖」なんてぇ初めて聞いたよ。

アタクシが子供のころってのはインフルエンザで学級閉鎖なんてぇのはなかった。アタクシが中学卒業して何年かしてからそんな話を聞くようになった。今の子供たちが弱くなったとは言わんけど、今の子に比べて昔はみんな外でよく遊んでね、おひさまの光をいっぱい浴びていた。もちろん科学的根拠なんてぇのはなにもねぇけど、小さい頃から外遊びで太陽光線浴びてるとなんだろうか?風邪とかウィルスに強くなるんじゃねぇかねぇ?今の子は外で遊ぶと色んな危険があるからな、親も外よりは家遊びの方が何かと心配しなくていいからな。まぁ時代、なんだろうねぇ。

まぁインフルエンザウィルスも毎年形を変えてるらしいから、30年前のインフルに比べれば相当ハイスペックになっているんだろう(笑)。とは言えアタクシもアタクシの実家もだ~れもインフルに感染しない。もしかして人間じゃねぇのかねぇ(笑)

インフルエンザ流行の時期にプロ野球のキャンプをやっているわけだけどな、どうやらカープの庄司と山口翔がインフルエンザに感染したみてぇだねぇ?まぁインフルなんだから飛行機乗せて強制送還というわけにいかんから宿舎で休養みてぇだけどな、回復したのちに果たしてチャンスを与えられるのかと言えばちょっと厳しい立場かもしれんよな。

折角、沖縄キャンプの切符を手にしたというのにもったいないよな。

当然プロの選手だから体調管理はしっかりやってはいるんだろうけどな、タイミングが非常に悪いよな。

特に山口の場合は2年目でね、これから増えてくる実戦や試合で結果を積み重ねていかなきゃならん立場。折角のそのチャンスを手にしたというのに、このチャンスを誰かに手渡すことになる。惜しくも沖縄の切符を逃してしまった平岡や塹江、遠藤といった若手を呼ぶなんてぇことになったら本当に山口は悔やんでも悔やみきれんだろうねぇ。

でもプロの世界ってのは、こういう「運」を味方につけないといかん部分もあると思うんだよな。大事な時に故障に見舞われ、期待されながらも1軍に上がってこない選手は沢山いる。逆に誰かの故障によりチャンスを得た選手がシーズンで活躍する場合もある。この辺ってのは明らかに「運」だよな。どんなに気をつけても故障する場合もある。

それと使ってもらっている間の選手自身の調子の良し悪しってのも「運」だと思うし、レギュラーの選手が故障している間に調子が良く結果を出してレギュラーを取るのも「運」が後押しした結果だろうねぇ。

菊池が東出の故障中に、田中広輔が梵の故障中にレギュラーをとったし、中崎の抑えもヒースの不調でお鉢が回ってきたっていうチャンスをモノにしたもの。こうしうた選手たちが3連覇の主力になったのも少なからず「運」が味方したといってもいいだろうねぇ。

まぁそういう意味では庄司と山口は本当にもったいないよな。

それでも諦めずに、でも焦らずに早くよくなって必死になって取り戻してほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加