4連覇へ好発進!大瀬良に見た「エースの意地」。巨人・原監督の目にマツダスタジアムでの戦いはどう映っただろうか?

4連覇へ好発進!大瀬良に見た「エースの意地」。巨人・原監督の目にマツダスタジアムでの戦いはどう映っただろうか?

野球情報満載デイリースポーツ/大瀬良、七回まで0封 丸は3三振に仕留める

情報源: 大瀬良、七回まで0封 丸は3三振に仕留める/デイリースポーツ online


開幕戦ってのはいいよな。どのチームも一番いい先発投手がでてきて、だいたい投手戦になる。打順が2,3巡するあたりから試合が動き出す。最多勝のタイトルを分け合った大瀬良と菅野の投げ合い、見ごたえ十分だったよな。

大瀬良は非常によかった。カットボールの精度が申し分なかった。あれだけのカットを投げられたらスライダーや真っすぐが生きる。おまけにフォークまで投げていたから相手打者からすれば、どっちの方向に落ちるか?右?左?真下?と思ったら真っすぐがズドーンと来るわけで、あれを打てというのは本当に難しい。

それを証拠に普通なら4巡目、イニングも7,8回ともなれば打者も大体の球の軌道は頭に入るし、投手も疲れて変化球の精度や真っすぐのキレが落ちてくる。

ところが8回の投球ね、ワンアウト1,2塁から丸、岡本を連続三振に切って落とした。前の打者の坂本も全くタイミングがあっていなかったけど、丸、岡本も4打席立っても大瀬良に主導権を握られながらの打席だった。それだけ大瀬良の投球というのはまさに「エース」と呼ぶにふさわしいものだったってことだよな。

それと8回まで完封もピンチはそれなりにあったけど非常に落ち着いていたよな。この辺は昨年のタイトル奪取ってのが大瀬良を成長させただろうねぇ。貫禄とエースの意地みてぇなものを感じ取ったのはアタクシだけじゃねぇと思うよ。

スタメンに野間の名前があったとき、「おや?」と感じた同志も多かったんじゃねぇかねぇ?試合前の打撃練習で調子がよかったのか、左の代打どうすんのと思わせるくらい下位に左打者を集めたよな。

対菅野対策なのか、それとも投手戦を予測しての守備を固める布陣なのか?真意はわからんけど、終わってみれば野間の起用ってのは大当たりだったよな。

8回裏の追加点ってのは本当に大きかった。野間の足を活かした内野安打だったし、相手のミスも誘えたよな。これは巨人にとってもダメージが大きかったろう。

そのあとの曾澤も前進守備の丸の頭を大きく超える2点タイムリーでトドメ。終盤に差し掛かると爆発するカープ打線は今シーズンも健在。色んな意味で4連覇へ好発進だよな。

巨人・原監督はこのマツダスタジアムでの戦いにいろんなものを感じだことだろうねぇ。

菅野から大江に代えた時点で試合が動いた。先発の代え時であったり、リリーフの人選の難しさも感じただろう。自軍のピンチの時の球場のムードや自軍の選手の表情からもマツダスタジアムでのやりづらさというのを監督の立場から見ていろんなことを感じただろう。

開幕前の原監督のコメントをみるとそういった苦手意識を払拭すべく、自信満々に上から目線の発言が多かった。強くなったカープ、そしてそれを後押しするマツダスタジアムのファンの力強さを3塁側ベンチで体感した名将はどんな心境だったろうねェ?

まぁそう簡単に引き下がる監督ではないだろうけどな、その気をなくさせるべく、この開幕カードは巨人をコテンパンに叩いておく必要があるのよ。それが4連覇への最短ルートいって間違いない。

そういう意味でも今日の先発・床田も新戦力で巨人相手にどういうピッチングをするか楽しみだよな。4連覇へ好発進。いよいよ2019年のシーズン始まったな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加