中崎は緒方監督の「信頼」が重圧に。投手陣は若手抜擢で大幅再編が必要。

中崎は緒方監督の「信頼」が重圧に。投手陣は若手抜擢で大幅再編が必要。

野球情報満載デイリースポーツ/V率0% 12年ぶり開幕から4カード連続負け越しで…悪夢10回一挙12失点で惨敗

情報源: V率0% 12年ぶり開幕から4カード連続負け越しで…悪夢10回一挙12失点で惨敗/デイリースポーツ online

今朝は3時起きだったんで昨夜は21時に就寝。まだカープが接戦を演じていた時間帯だった。

今朝起きたら延長10回12点取られて思わず笑っちまったよ。最初は誤表示かと思ったからな。

球場で観戦された同志、お茶の間で観戦された同志の皆様においては接戦負けとフルボッコ負けの2試合観戦したようなもんで、本当にお疲れ様でございましたな。

まぁこういう負け方ってのは古いカープファンなら「カープらしい」とある意味懐かしむ方もいらっしゃるだろうねぇ。強いカープしか知らないファンからするとこの敗戦ってのに大いに戸惑っているだろうねぇ。

何点取られようが一敗は一敗。今日から気を取り直して応援するしかねぇよな。

この試合の敗戦のポイントは延長10回の守備の乱れや、中崎の乱調と見られがちだけど、アタクシは7回の裏の攻撃が無得点だった。ここに尽きると思うんだよな。相手のミスと広輔の絶妙なバントヒットでノーアウト1,3塁のチャンスで点が取れなかったよな。

まぁやはり勝てていないってのが重圧になっているってのは感じていたし、先発の野村も4回で100球も投げたようにヤクルト打線を怖がっている節もある。そういう試合展開の中で願ってもないチャンスに上位打線が完全にプレッシャーで点の取り方を忘れてしまったようだった。

去年までのカープならあそこは犠牲フライをいとも簡単に打っていただろう。そういうところまで頭が回らない状況なんだろうねぇ。

チャンスで菊池がサードゴロを打った打撃なんかさ、もう肩に力入りまくりって感じだった。みんな何とかして勝ちたい。でも今はその気持ちが空回りしている感じだよな。

菊池は丸がいなくなり、新井がいなくなりチームのリーダーとしての責任感みてぇなものを重く感じているのがよくわかる。名手がエラーをやらかすシーンが多いのはその焦りからくるものだろう。菊池をサポートしてくれる選手が誰かいてくれるといいのだけどな。

打線もしっくり行っていないけど、投手陣も問題は山積みだよな。アタクシの昨日の記事アドゥワの穴まで感じてしまう投手陣ではお先真っ暗。藤井皓は打者を抑えるストーリーを描くべし。を佐々岡コーチが読んだかどうかは定かではないが(笑)、球数を擁してしまった野村のあとをアドゥワが登板して試合を落ち着かせてくれたよな。このテコ入れはよかった。ただ心配なのは先発調整してきたアドゥワが恐らく今後は中継ぎでフル回転となるだろうからな、その辺スタミナや調整ってのが今後のピッチングに影響する可能性はあるよな。

でもこれだけじゃ焼け石に水のような気がする。もっともっと抜本的な投手陣の再編成が必要だろうねぇ。

まずは中崎の抑え。これは開幕投手からアタクシは指摘してきた。クローザー中崎でシーズン戦い抜けるとは思えない。休養が必要では?

ハッキリ言って勤続疲労で中崎自身も思った通りに球が行っていないことはよくわかっているはず。それでもクローザーをやらなきゃならない重圧ってのに完全に押し潰されている。絶対に休養が必要なのよ。

キャンプでは3連覇しながらもレギュラーは白紙、競争だ!と野手や先発陣に関しては競争を促してきた首脳陣だけど、クローザーの部分だけはここ数年「無風」状態。だから代わりがいないんだよな。

それと緒方監督は選手を信頼し、今は不調だけどいずれは…ってな感じでいずれ中崎も復調してくれるだろうと今は我慢と決め込んでいるフシもあるからな、この辺の期待ってのも中崎に重荷になっている部分はあるだろうねぇ。

中田廉も可哀そうな気もするけどやはり力も落ちたなぁと感じる。厳しい言い方だけど、これなら若手に経験を積ませた方がチームのためになるだろうねぇ。

まずは抑えはフランスワ、セットアッパーに一岡、レグナルト、アドゥワ。先発はジョンソンを再調整させて若手を抜擢する。というかジョンソンのローテは若手のチャレンジ枠でどんどん抜擢していけばいい。

打線のテコ入れ。賛否両論あるかもしれんけど、メヒアを上げてドミニカコンビで5,6番を形成する。彼らのパワーや一発で暗いムードを払しょくできる可能性は大いにある。3番の丸の穴を感じるならその辺しがらみのないドミニカンに打たすってのもアリだと思うよ。彼はノープレッシャーだろうから。

カープってのは弱い時代が長かったかし、メンタル面で押し込まれると弱い部分がある。こういうことを全く気にしない連中(笑)がいるとすれば、メヒアとバティスタなのよ。彼らは粗削りだけどパワーはメジャー級。そういう荒療治も必要だろうねぇ。

ブルペン陣でも若手の抜擢が必要だろうねぇ。まだ1軍は早いと思われている若手投手の抜擢が案外いいほうに転ぶ場合だってある。今の面子でズタボロならもう誰が投げたっていいだろう(笑)。そのくらいの荒療治をせんとこの悪夢はずっと引きずっちまうだろうねぇ。

データ上ではもう優勝はないらしい(笑)。今のチームは独走優勝しか経験していないってのが逆境になったときに悲観的なムードになってしまう一因になっているかもしれん。でも75年の初優勝の年も開幕時の順位は下だったし、79年の優勝時も開幕4連敗から始まって前半戦は4位でターンした。追い上げてひっくり返すのがカープの伝統でもあるんだよ。若い人は知らんだろうけどな。長いシーズン、カードも一回りもしていないからあきらめるのは早すぎるよな。まだまだ大丈夫。でも手は打たんとな。

ただ、去年まであれだけ勝てていたマツダスタジアムで勝てないってのが選手にはことのほか重圧になっている気がする。これを打破するには黒星を重ねながらも緒方監督が選手を信頼して復調を待つよりはメンバーを刷新して未知の力に賭けてみるのも手かなと。当然未知の力は持続性に難がある。電池切れのタイミングで本来の主力とうまく噛み合って戦力アップにつながる可能性もある。このまま我慢を続けて置いてけぼりになるよりは手を打つべきだと思うよ。

今日は先発岡田。とにかくヤクルト打線にビビらないこと。真っ向勝負で挑んで欲しい。対するはベテランの寺原。打撃戦になりそうな予感だけど、今のカープでは打撃戦になったら不利。岡田の踏ん張りに期待だよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加