1番センター龍馬起用は野間への無言のメッセージ!?

1番センター龍馬起用は野間への無言のメッセージ!?

野球情報満載デイリースポーツ/龍馬、今季初「1番・中堅」で走攻守に大車輪!新打線で快勝、5割復帰

情報源: 龍馬、今季初「1番・中堅」で走攻守に大車輪!新打線で快勝、5割復帰 /デイリースポーツ online

昨日の試合は終日スマホでの経過確認に終始したので試合に関しての寸評はなしよ。

先発のジョンソンが前回登板に続いて6回を無失点。だいぶ調子が上がってきたみてぇだな。まぁジョンソンにこれくらいやってもらわんと困る。今後も試合をしっかり作ってくれれば逆転Vは十分狙えるよ。ヘソ曲げんで頑張ってほしいよな。

打線も初回から先制してペースを握った。DeNAのルーキー上茶谷に苦戦も考えられたけど、まぁこの辺は3連覇している大人のチーム。しっかり攻略してくれたよな。

その打線だけど、1番に西川をセンターで起用した。これが功を奏したのか打線が非常に機能しているとマスコミ各社が評価しているよな。果たして1番西川が今後も続くのだろうかねぇ?

西川を1番センターで起用したってのは表向きは野間が2試合連続でノーヒットということだよな。まぁ競争を煽ることでレベルアップを図ろうという思惑は十分に理解できる。

もう一つはベンチも「1番野間」の適正について疑問を持ち始めているのはないかなと。まぁアタクシは以前から野間のチャンスでの心構えというか考えが整理できずに打席に入っているというか、表現が難しいんだけどその辺ってのが1番打者として「それでいいのか?」という思いをずっと持ちながら見てきた。

1番打者ってのは初回に最初に打席に立つわけだけど、2回目以降というのは完全に打順の巡り合わせだから、1試合で何度も先頭打者として打席に入る試合もあれば、2回以降は1度も先頭打者として入らない試合だってあるよな。だから1番打者は足が速くて選球眼もよくて…なんてぇのを機能させるのは初回だけよ。野球ってのは先制した方が有利に試合を進められるから、1番から5番くらいまでは初回に先制点を取るという前提に立って1番はこういうタイプ、2番はこういうタイプと昔から言われているんだよな。

色んなタイプの1番打者っていると思う。緒方監督の現役時代のように一発も打てる強打者タイプの1番もいれば、広輔のようにどんな形でも出塁する1番もいる。塁に出たらまず盗塁という慶彦さんのような1番もいる。そう、いいのよ。色んな1番打者がいてね。

アタクシが思う1番打者ってのはね、まぁこれは2番打者にも言えるから1,2番というのは「野球を知っている」という条件も必要だと思うわけよ。下位打線がチャンスを作る、投手の代打がチャンスメイクをすると得点のチャンスは1番打者に委ねられる。この場面で1番打者がどういう打撃をするのか?こういう場面で答えを出すのも1番打者の役割だと思うんだよな。

残念ながら野間にはその部分にとても物足りなさを感じている。得点の方法はヒットを打つことしか考えられない。アイデアや引き出しがまだまだ少ない。まぁ選手のタイプも色々いるだろうから野間にはそうしろとは言わんよ。ただ1番打者に向いていないタイプであるとは思うんだよな。

足は速い、守備も素晴らしい。でも外野手は打ってなんぼ。得点にからんでなんぼよ。その得点に絡むという部分においては物足りないんだよな。

例えば2回の場面。1アウト1,2塁で西川は「初球」をタイムリーで2点目をたたき出したよな。前打者のジョンソンに四球を出したルーキー上茶谷に対して当然ストライクを投げてくることを予測してそれを見事に仕留めた。来る球を予測してそれをきちんとヒットにするってのはやはり「腕」がいい証拠。チームメイトから天才といわれる所以だろうねぇ。

7回の2点追加の場面。1アウト3塁。ベンチからスクイズのサインがでなければ当然打ってランナーを返すことが求められる。恐らくだけど西川は高めに目付をして外野フライを打てる球を待っていたんだろうねぇ。DeNA石田もそれを予感してかインローに球を集めた。その辺をしっかり西川は見極め、手を出さずに四球を選んでつないだばかりではなく、菊池が長打で3点目、バティスタの犠牲フライで4点目のホームを踏んだ。ダメを押す4点目ってのは相手からすれば痛すぎるわな。

この場面で仮に野間が打席に入ったらどうだろう?まぁアタクシのこれまでの野間の印象で書くので反論はあろうかと思うけど、あえて書くとするな。

2回の場面は恐らく初球は見逃す。で、それが結構甘い球で後悔する。それを引きずって結局ボール球に手を出し三振。最悪ゲッツー喰らったりする。

7回の場面は自分のヒットゾーンへとにかく打とうとする。まぁもちろん西川と野間では投手の攻め方は変わってくるかもしれんけど、やはり低めにボールを集めることは間違いない。
インコース低めを何としてでも逆方向へという意識が強すぎて最終的には難しいボールに手を出してサードゴロかサードのファールフライ(笑)。三塁ランナー動けず。こういう場面って野間もそうだけど、安部も多いよな(笑)

やはり打撃には自信を持っている西川と守備走塁から這い上がって、打撃向上を目指す野間を比べるとチャンスの場面での打席での心構えというかねぇ、そういう部分の差は大きいよな。

それと控えに回った場面では代打起用となるだろうけど西川はやはりチャンスの場面で起用されるケースが多いし、野間は先頭打者で起用されるケースが多い。この辺もベンチは西川の方が点を取る方法や打撃を知っているから起用されるんだろうねぇ。

その経験が昨日の1番起用に生きたということだよな。で、やはり1番打者ってのはそういう要素が身についている選手を起用する方が打線はつながるだろうし、得点力も上がるよな。

それと4番の1発よりも下位打線でチャンスを作られて、上位に返されるってのは相手からすると堪えるし、大量得点のチャンスともなる。カープが今季得点が最下位ってのも1番打者がそういった返す役割を果たせていないからってのもあるよな。

アタクシは野間は嫌いじゃない。カープの選手はみんな好きよ。でも野間に対してはあの身体能力から考えればもっともっといい選手になるはず。ベンチもそう願ってどんどん出場機会を与えているわけで、そのチャンスに毎度同じようなことを繰り返す歯がゆさってのが苦言につながっちまうのよ(笑)。頑張って野間には不動の1番打者になってもらいたいもんよ。

今日の試合もスマホ観戦になりそう。カープはアドゥワ、ベイは京山。京山はまだ未勝利というのが少し不気味。早い回で何とか攻略したいよな。アドゥワは立ち上がりだけ。本当に試合を作れる投手になったよな。さぁカード勝ち越し、今季初貯金目指してみんなで見よう!(アタクシは見れませんが…)

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加