アドゥワの台頭で先発陣に厚み。磯村の台頭で捕手陣にも厚み。FA移籍があっても大丈夫!?

アドゥワの台頭で先発陣に厚み。磯村の台頭で捕手陣にも厚み。FA移籍があっても大丈夫!?

熊本のお母さん、俺、やったよ~! 広島アドゥワ誠投手(20)が、プロ初の先発勝利を完投で飾った。母の日にちなんだピンクの特別ユニホームで登板。低めに集める投球… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

情報源: 広島アドゥワ初完投、記念球は故郷熊本で見守る母へ – プロ野球 : 日刊スポーツ

昨日の試合もスマホ観戦。まぁ初回からDeNA先発・京山を攻略。緒方監督のコメントの通り、誠也のスリーランで完全に主導権を握れた。さすがの4番。価値ある一発だったよな。

 その後も着実に点を重ねて安心して仕事に集中できたよ(笑)。ナイスゲームだよな。

 仕事に集中して夕方あたりにスマホを確認8-1か、よっしゃ!楽勝じゃ!となった次の瞬間に驚いたのがマウンドにまだ先発のアドゥワが立っている。イニングは9回。「アドゥワ完投かよ!?」とまるで狐につままれたような気持ちのあとに、妙にうれしさがこみあげてきた。カープファン特有の喜び。若い選手が結果を残す瞬間てのもカープファンの醍醐味だよな。

 素材を見込んでドラフト5位指名入団。2,3年は鍛えてとの青写真だったろうけど2年目から台頭してきた。昨季は開幕1軍の切符を手にし、結局シーズン終了までその切符を握りしめたままリリーフとして経験を積んだ。

 今季は先発でというスタートも、開幕はファーム。中継ぎ不足ということで1軍に呼ばれたけど、さすがという投球を見せてくれて先発ローテ。まぁ四球連発の場面あったけど、そういう失敗をきちんと次の登板につなげてくれている。本当に急成長だよな。

 何度もこのブログでは書いているけど、この投手は打者を打ち取る術を持っている。打者を打ち取るストーリーを描きながら投げられる。速い球を投げるわけでもない、強力なウィニングショットを持っているわけでもない。コントロールと配球で打ち取る、その術を心得ている。背伸びするわけでもない、冒険するわけでもない、こういう投手ってのは絶対に先発向きなんだよな。

 でもまさか、この時点で完投するとは驚きだよな。交流戦前にこういう先発投手が出てくるってのは本当に心強いよな。

 まだ二十歳で3年目。これからもっともっと球速は上がるだろうし、変化球も色々覚えてくるだろう。これからも楽しみは尽きないよな。今後の成長が楽しみだよな。

 ヒロインでは盛んに女房役の磯村をほめたたえていた。磯村も開幕2軍で迎えたけど、ここにきてようやく存在感を示すようになってきたよな。

 一昨年のドラフト。アタクシは中村奨成の指名にはあまり賛成できなかった。前年に「打てる捕手」として坂倉を指名して、順調な成長を見せているし、その上の世代の磯村だって甲子園優勝捕手。會澤のあとはこの二人で切磋琢磨していけば問題ないのにここにもう一人同世代の捕手が加わることで、他のポジションのバランスが崩れるのでは?と感じたんだよな。

 2年連続で野手を1位指名したことで即戦力投手があまり取れなかった。今シーズン序盤の投手陣をみるとこの辺のツケが来ているのかなぁとも感じたんだよな。

 まぁ恐らくだけど、今シーズン坂倉は外野の練習もしているし、打撃を生かしたコンバートもささやかれている。が、肝心の中村奨成の評判がちっとも聞こえてこない。アタクシはどっちの肩を持つわけでもないけど、坂倉にはやはり捕手で勝負してほしい気持ちもあるんだよな。まずは中村と坂倉でしのぎを削りながら高いレベルの捕手陣を作ってほしいもんだよ。

 話を戻そう。磯村ね、アタクシはカープ捕手陣の中で一番「キャッチャーらしい」と評価している。その一番の要因は「ひたむきさ」。とにかく投手のために献身的にリードする姿ってのがいい。まだまだキャッチングやグダつき始めた投手をどうリードするのかといったあたりは課題も多いだろう。まぁこの辺、捕手というのは経験がモノをいうポジション。最初はアドゥワとのセット起用だけど、どんどんいろんな投手の球を受け、リードしていくことで引き出しが増えてくるだろうねぇ。

 それと課題である打撃もよくなってきた。「打てる捕手」・會澤を超えるには打撃も磨かんとな。今季はすでにホームランも2本打っとるし、打率も規定打席には満たないけど勝負強さもあるし、繋ぐ意識もしっかり持ってくれている。アタクシは本当にいい捕手だと思うよ。

 くしくも會澤と菊池が国内FA権を取得したニュースが流れたよな。SNSでは會澤は巨人だぁなんだって声も聞こえてくるし、動揺しているカープファンも多いと聞く。

 まぁ もういいじゃねぇか。仮に會澤も菊池も丸のようにどこかに移籍しても、次に出てくる選手が必ずいる。その選手たちに頑張ってもらおうじゃねぇか。

 もうカープは主力を引き抜かれて弱体化するような球団ではなくなった。しっかりとしたスカウティングで素材のいい選手を集めて鍛えて鍛えて主力に育てる。アドゥワなんてぇその典型だと思う。移籍した選手を後悔させるくらいいいチームになってきたよな。

 仮に會澤がFA移籍したとしても、捕手は磯村が絶対に頑張ってくれると思う。アニキ肌の會澤とは正反対に誰にも人懐っこい笑顔で弟分のような磯村だけど、そういう部分は人間的にも非常に魅力的だしな、違った意味でチームを引っ張っていってくれるだろうよ。

 もちろん、誤解なきように書いておくが會澤も菊池もカープに残って生涯カープを望んでいることは書き加えておくな。

 さぁて、明日からは2位のヤクルト戦だな。メンバー見るとポロポロと毎年のことだけど故障者が出始めている、青木、山田は体調不良、バレンティン、坂口は抹消と主力を欠いているよな。まぁそれでも村上の台頭もあるし、雄平も元気だ。

 カープ的には無理に勝ち越す必要はないかなと思う。ギアを入れるのはまだ先よ。

 先発は野村祐輔かな?前回はしょっぱい投球していたからな、汚名返上といこうじゃねぇか。ただ2試合連続で変な崩れ方をするとちょっと厳しいかな?頑張ってほしいよな。とにかく逃げないこと。勝負あるのみよ。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加