今日から阪神3連戦。カギは「新戦力封じ」。

今日から阪神3連戦。カギは「新戦力封じ」。

野球情報満載デイリースポーツ/床田 初の甲子園登板に向け調整 17日先発「連打を食らわないように」

情報源: 床田 初の甲子園登板に向け調整 17日先発「連打を食らわないように」/デイリースポーツ online

ようやくエンジンがかかってきたぼくらのカープ。今日から苦手のロードで、これまた今季負け越している阪神が相手。気持ちが高ぶっている同志も多いだろうけど、アタクシは苦手なら無理することはない、3タテ喰らわなければ今後も十分戦っていける。そう思うからな、選手には気負わず緒方監督じゃねぇけど「自分たちの野球」ってのをやってくれればいい。その結果勝ち越したらこれこそ勢いに乗れる材料になる。だけど、勝負は今じゃねぇよ。気楽にいこうや。

これまでの阪神との対戦、ここまで分が悪いのは一言でいえば阪神の「新戦力」にやられている。オリックス時代から苦手の西、ルーキーの木浪、近本に「やられすぎ」。またリリーフのジョンソンも打てねぇ。この辺をどう攻略していくか?今後の対戦を考えると、ここらで一発かましておく必要はあるだろうねぇ。

好調の阪神打線を抑えるには、近本、木浪のキーマンを抑えて打線を分断させらるといい。そういう意味では左打者を得意としている先発の床田に注目だよな。

それと2戦目の先発も左腕のジョンソン。この辺が阪神キラーとして力を発揮すれば、対戦成績も上向いてくるだろうねぇ。

その床田は甲子園では初登板。それに前回は今シーズン初めて「打ち込まれた」。この辺が4月大活躍の床田になにかしらの変化があるかもしれん。

その辺の心配はあるんだけど、床田が本来の投球をしてくれるなら、近本、木浪を止められるだろう。その辺がこの3連戦を占うことになるだろうねぇ。

この二人は塁に出すとうるさい(笑)。盗塁阻止率は毎年のことだけどカープは悪いからな、塁に出さないことも重要になってくるよな。

打線は西の攻略ってのが本当に今後のことを考えると大事になってくる。

前回の対戦時は初回にチャンスがありながらも得点できなかった。まぁ立ち上がりをどう攻めるかってことだろうねぇ。

1番野間は一度西川に1番を譲って火がついたのか、1番打者としての仕事はしっかりやってくれているよな。この西の立ち上がりに野間がどんな打撃を見せてくれるか注目だよな。

恐らくだけど、東出コーチは毎度おなじみのファーストストライクを積極的にと指示を出すだろう。まぁこれってあんまりうまくいったためしはねぇんだけど(笑)、西を乗らせる前にこの作戦が功を奏すといいけどな。

あとは打者の目付を高めに設定した方がいいかもな。どうしても低めの球に手を出すとゴロの山を築くことになる。高めに浮いた球を逃さず仕留める。このチャンスも初回ならあるかもな。いずれにしても先制点が欲しいよな。

カープ同様、開幕直後は調子の出なかった阪神がここにきて上向いてきているのは明らかに長年の懸案材料だった得点力不足が解消されてきたからだよな。投手陣はもともといいわけで打線に安定感が出ると当然強いだろうねぇ。

その原動力となっているルーキー二人につられて糸井や福留も結果を出し始めてきた。おそらく甲子園、切符も売れているだろう。甲子園独特の大声援の後押しもあるだろう。カープ投手陣は負けないで頑張ってほしいよな。

まぁ昔から「阪神は巨人戦のあとは疲れて力がでない」という根拠のないジンクスはあるけどな、今後のこと、4連覇するなら止めておきたい相手ではあるよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加