三好、移籍後初ホームラン!!これでキミも立派な赤ヘル戦士だ!!遠藤は「勝ちを呼び込める投手」に成長してほしい。

三好、移籍後初ホームラン!!これでキミも立派な赤ヘル戦士だ!!遠藤は「勝ちを呼び込める投手」に成長してほしい。

 逆襲の鯉がついに借金を完済した。ヒーローは、今月2日に楽天からのトレード成立が発表された三好だ。2回1死一塁、2ボールから迷いなく直球を振り抜いた。自身2年ぶり、移籍13打席目の1号2ラン。「いい感

情報源: 【広島】6連勝で借金完済、2年ぶり弾の三好「いい感触で打てました」

いきなり余談から(笑)

アタクシは野球は大好きなんだけど実際にプレーしたのは小学5年~6年の間だけ。野球がさかんな地域でありながらも、チームに入らんかった。

その理由は母親。

アタクシの母親はこのブログにも何度も登場するんで改めて書くのはやめておくけど、チームに入れなかったのは子供たちを取り巻く大人たち、いわゆるコーチや監督のしごきや暴言に我が子を晒せたくないのが理由だった。

もう40年も前の話よ。ケツバットや鉄拳制裁は当たりまえ。エラーでもしようもんなら「馬鹿野郎」「下手くそ」「やめちまえ」の3点セットを怒鳴り声で浴びせられる。酒飲みながらの指導も当たり前。こんな環境に可愛い可愛い??息子を放り込みたくなったのだそうだ。

だから練習相手はいつも父だった。まぁ自分でいうのもアレだけど、投手としては結構早い球を投げていたし、友達のチームに何度も勧誘された。それなりだったと思う。だから父はチームに入れてみたいと思ったのも自然だったろう。

結局、父が母を説得してくれた。入るチームは近所のチームではなくて、父の仕事の取引先の町工場のおっちゃんが監督しているチーム。車で20分ほど行った街のチーム。そういうところなら安心だろ?と何が安心なんだかわからんけど、ようやく母が首を縦に振ってくれた。

初日、チームのみんなが「誰?こいつ」みてぇな感じでジロジロみられる。監督もコーチもアタクシのことを誰も紹介してくれない。終日、「誰?」と思われながら練習した。キャッチボールの相手も見つけられず、とにかく居心地が悪いのなんのって。

2日目、いきなり試合で先発させられた。緊張したけど結構抑えられた。ヒットは1本くらいかな?それを見たチームメイトがようやく話しかけてくれた。ホッとしたのを覚えているよ。やはり違う環境に放り込まれたら、その居場所は自分で作るしかない。今から思えばいい経験だったよ。

下水流とのトレードで楽天から赤ヘル戦士になった三好。見事なホームランだったよな。久々の先発野村に勇気と力を与える一発。素晴らしかったよな。

これまでもスタメンで起用されてきた。徐々に慣れてきて結果もついてきた。でも直接勝ち負けに関わる活躍はできなかった。

守備は上手いと思う。スローイングも安定しているし、早い打球にも対応できる。いい選手だよな。

でも、申し訳ないけど「花」は感じられない。どちらかと言えば、玄人受けするタイプ。まだ若いのにベテランの風格すら漂わせているよな。

そう思わせてしまう原因の一つとして、三好の中でせっかく使ってもらっているのに、勝利に貢献できていないというのが引っかかっていたんだと思う。まだまだカープの一員になり切れていないという思いがあったんだろうと。

見出しの写真。いい顔しているよな。そして初めてのお立ち台。「最高でぇーす!」もよかった。そこにはようやく勝利に貢献できた、ようやくカープの一員としてファンに認めてもらった。そんな気持ちが溢れ出ていたよな。ようこそ、三好選手。これで立派な赤ヘル戦士よ。頑張ってくれよな。安部もボヤっとしてるとスタメン、持っていかれるぞ、頑張れ。

久々の先発だった、野村。まぁ個人的にはいつもの野村だったと思うし、何とか援護点をもらいながら6回を投げ切った。仕事はできたよな。

ただ、場面場面で相変わらずフルカウントまで行っちゃうケースが目立ったよな。フルカウントだと1塁にランナーがいる場合、ランナーはスタートを切る。せっかくおあつらえ向きのゲッツーコースもゲッツーが取れなかったりする。フルカウントでなければ楽々のゲッツーだったのにという場面があったよな。

打たせて取るタイプの投手というのはフルカウントが多いのは結局自分の首を絞めることになる。ゲッツーの話もそうだけど、それだけ球数を要することにもなる。この試合は何とか点差があって6回まで行けたけど、序盤に球数が多くなるとどうしても5回がやっととなる。そうなると「先発投手」としてどうなの?って話にもなる。そういう意味でも早いカウントで「打たせる」投球術ってのが野村の場合は求められる。相変わらずと表現したのはそこなんだよな。

次の登板は東京ドームでの巨人戦となる。今日の投球を見てベンチがどんな判断をするか?アタクシならちょっとおっかなくて使わんかもな。

そんな野村の投球の後だったからなおさらなのかもしれんけど遠藤のピッチングはよかったよな。真っすぐで押してひょいと曲げたり落としたりで打者を打ち取る。オーソドックスな配球だけど、これがハマると面白いのなんのってね、小気味いいピッチングをしてくれているよな。チームにもリズムが生まれるよな。

7回裏の5得点もその前の遠藤の投球はある程度影響していると思う。「勝ちを呼び込める投手」になりそうだよな。個人的には抑えで見てみたい気がするよ。

さぁて、これで地元で土つかずの6連勝。いい形で東京遠征に出られるよな。神宮、東京ドームとここで勝ち越すようなことになれば、いよいよ上との差が詰まってきそうな感じだよな。

とにかく地元で強いカープが戻ってきた。これは非常に大きいと思う。追撃態勢は整った感じではある。

ただ、一つ気がかかりなのは連勝が止まった後。これまでの戦いぶりだと、連勝、連敗の繰り返しで結局勝率5割なわけで、この連勝がストップしても、すぐに取り返すたくましさがカープにあるかどうか?ここがポイントだろうねぇ。

ヤクルトも巨人に勝ち越しての地元。両チームとも移動ゲーム。こういうところでエースがどんなピッチングをするか?大事な試合になるよな。大瀬良には今度こそ「エース」のピッチングを見せてほしい。頑張ってほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加