勝ちゲームを2度落してピンチ!?今こそ緒方監督の手腕が問われる巨人、DeNA戦

勝ちゲームを2度落してピンチ!?今こそ緒方監督の手腕が問われる巨人、DeNA戦

 広島が信じられないミスから阪神に痛恨の逆転負けを食らい、首位・巨人とのゲーム差が3・5に開いた。

情報源: 【広島】2試合連続の逆転負けで首位・巨人と3・5ゲーム差

昨夜は中学時代の仲間と年一の飲み会。同級生で唯一のカープファンの仲間と試合をスマホで追いながら飲んでたんで、試合についての寸評は今日はなしよ。

まぁ前半はさすが優勝争いをするチームらしい展開に持ち込んだよな。まぁ内容的には3タテできたけど、下位の阪神に負け越し。そら、痛ぇよな。

「このチームは強い。」3連覇中、アタクシは一度もカープのことをそう思ったことはない。全部ぶっちぎりだったしな、他チームが乗れていない中で、自分たちの野球を積み重ねてきた結果だと思っている。だから前から競った展開での優勝争いをしている姿を見たかったし、それに勝てばこれまでの3連覇も含めて「カープは強い」と心から思える。そんなカープが見たいとずっと思ってた。

圧倒的な勝ちってのもある意味「強い」んだとは思う。でも、競り合いを勝ち抜くのも「強さ」。両方を兼ね備えて初めてこのチームは強い。カープは強いと思いたい。まぁ3連覇中に日本シリーズを制していればこんな気持ちにはならんかったってのもある。

昨日の試合で言えば、8回を投げる投手が流動的で決まっていない。昨日は今村、一昨日は中崎。抑えのフランスワはどうでもいい試合で登板させて連投になっている。この辺、ベンチの起用法ってのがフラフラしているよな。

やっぱり緒方監督ってのは野手出身だなぁと思うのはレグナルトを上げられずにいる点。やはり野球は打って勝つってのがお好みなんだろう。メヒアを下げるって決断がどうしてもできないでいるよな。

そういう口には出さんけど選手の起用法や1,2軍の入れ替えなんかでね、この大事な時期に躊躇している。これって選手はなんとな~くわかるんだよな。

だからこの大事な時期にフラフラしている。勝ちきれない。口では守りの野球って言ってるけど、打って勝ちたいっていう本音が透けて見える。

フランスワもだいぶメンタル面でやられている感じだよな。抑えという役割で初めて経験する重圧。まぁこれは自分で切り抜けるしかないんだけどな、時間がかかるようにも思える。

投手陣だけじゃない。大事なところで外野手がエラーってのもみっともない。こういうプレーが出るチームは決して強くない。勝負所できっちりしたプレーができなければ、そら、短期決戦で弱いのもうなずけるよな。

さて、こうした状態で上向きの巨人、DeNAとの対戦が続くよな。阪神に連敗したおかげで、ここが最大のヤマになった感じだよな。

首位巨人との間ってのは3タテしたらひっくり返すよ、追いつくよ、そういう距離を持っているのが一番いい。8月中はね。となれば巨人との差は3.5ゲーム。最低でも勝ち越さなきゃならん。当然DeNA戦も同じだよな。5割じゃダメよ。

今シーズンは巨人との対戦をきっかけに浮上してきた経緯があるんだけど、今回はちょっと厳しいかもしれん。それはカープが「不安」を抱えながらの戦いになるからな。

そうなると初戦、どういう勝ち方をするか?ここがポイントだろうねぇ。昨日、一昨日のような展開で試合終盤しっかりブルペン陣が抑えられりゃ不安は払しょくできるし、逆位同じようにやられればかなり重たい首位攻防となる。

ここはベンチの腕の見せ所。ということだろうねぇ。せっかく苦手の西や前回やられている今日の山口を打っても勝てないのではやられたのと同じこと。投打の信頼関係にも影響してくる。さぁ緒方監督、正念場ですぞ。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加