遠藤初勝利おめでとう!ポロリとこぼれた茨城なまりに思わず涙がポロリ。

遠藤初勝利おめでとう!ポロリとこぼれた茨城なまりに思わず涙がポロリ。

 広島・遠藤がプロ初勝利を挙げた。同点の8回に5番手として登板し、山田哲を146キロの直球で一飛、バレンティンはカーブで遊ゴロ。雄平に左前打されても同学年の村上をチェンジアップで右飛に抑え、直後の安部の決勝弾を呼んだ

情報源: 広島・遠藤、26戦目でうれしいプロ初勝利「やっと勝てた」 – スポニチ Sponichi Annex 野球


内海桂子・好江という漫才コンビをご存じだろうか?あ、若手じゃありません。20世紀中に好江さんが亡くなった時点で終わっちまったコンビなんだけど、相方の桂子師匠は今も健在で御年96歳。たまにだけど舞台にもあがる。そしてこの桂子師匠はツイッターもやっていてアタクシはフォロワーとして、毎日のつぶやきを楽しみにしている。

桂子師匠のお弟子さんで一番売れているのがナイツ。最近はなかなか時間がなくて行けないんだけど、アタクシは結構な演芸好きでね、浅草演芸ホールにはよく足を運んだ。浅草演芸ホールは主に落語が主体。隣にある東洋館は漫才やものまねが中心。ホールの前まで行ってどっちが面白そうか決めて1日楽しむ。桂子師匠もピンで漫談やっていたしナイツも出ていた。何年か前か忘れたけど、U字工事が出演していてね、栃木なまりの漫才に腹を抱えて笑った思い出がある。

関東ではやはり西日本の地理に疎い人が結構いる。山陰や和歌山、三重あたりってのは結構なじみがない。

逆に西日本の方から見れば、北関東というのはなかなかなじみがないだろうねぇ。20代の頃は旅行会社にいてね、一泊二日の団体旅行となれば、北関東が多かった。群馬、栃木にはいい温泉がいっぱいある。ただ茨城県だけは温泉も少なくてね、結構西日本の方からもどこにあるのかもわからんと言われたことがある。

アタクシの嫁さんのご両親が茨城の出身だし、アタクシの周辺でも栃木や茨城の人は多い。独特のなまりがあってね、素朴な優しい響きが結構好きでね、その言葉とコミカルな動きで本当にU字工事には笑わせてもらった。

テレビの笑いとホールの笑いってのは全く違う。ホールでの漫才は面白いけど、テレビではイマイチ。逆にテレビでは面白いけどホールでは全く受けないってのもいるんだよな。

カープでも茨城出身の選手がいる。會澤と遠藤だよな。會澤は日立、遠藤は土浦。日立市は海よりなので、わからんけど、土浦は思いきり北関東なまりがある。「〇〇だっぺ」ってのは有名だよな。茨城だっぺとか飯にすっぺとかね、優しい響きがいいんだよな。

今日は思いきり脱線記事だな(笑)。お許しください。なんで、こうも茨城のことを書いたかというとね、遠藤が今季初白星をマーク。ヒーローインタビューでのその素朴さ、そしてコメントの端々に茨城弁のイントネーションが散りばめられて、物凄く親近感がわいて、思わず我が子のように涙してしまった。イヤだねぇ、年取ると涙もろくなる(笑)。

試合終了後、ヒーローインタビューの準備中に緒方監督が駆け足でベンチを出たシーンがあった。何かと思ったけど、すぐに遠藤と並んで写真撮影。

緒方監督も初勝利だとは思っていなかったくらい、本当にチームに貢献してくれているからな、そのくらいカープには欠かせない右腕になってきたよな。

将来は先発でという育成プランがあると聞く。でも、アタクシはカープの投手陣の中で遠藤が一番抑えに向いていると思っている。

とにかく肝っ玉がすわっている。ここがいい。投げっぷりのいい投手はいくらでもいる。島内なんかもいい投げっぷりをする。でもピンチの場面、強打者が相手になるとやはり腕が振れなかったり、コントロールが乱れるよな。

遠藤にはそれがない。とにかくどんな打者だろうが必ずと言っていいほどストレートをストライクゾーンに投げ込んでくる。わかってても打てない、ファールになる。これでカウントを有利に運べる。

昨日の登板でも8回ね、雄平にはヒットを打たれたけど山田、バレンティンや村上と一発のある打者にもどんどん自慢の真っすぐを投げ込んでくる。これってできそうでできない。1点を争う終盤ともなればどうしても外中心になりがちだけどな、その辺のサインを捕手が出せるところってのはやはりいい球を持っているし、そこに投げ込める度胸があるからに外ならん。

まだ、あどけなさも残るけど、表情もほとんど変わらんよな。この辺は本当に投手向きの性格だし、熱くなりがちな終盤での僅差の展開でも堂々と投げ込める。これを生かすにはアタクシは抑えの方がいいとおもってるんだよな。

9回は中崎が登板でヒヤヒヤだった(笑)。まぁあれが中崎の持ち味。青木、山田と迎えて、もう見てらんねぇと思った同志も多いだろうねぇ。でも、あそこで抑えるのも中崎。まぁ球自体は決して良くなかったけど、経験でなんとかなったって感じだよな。

中崎が抑えから外れた時もアタクシはフランスワをスライドさせるよりも遠藤の抜擢ってのを考えた。そのくらい、マウンド度胸のある投手とアタクシは見込んでいる。まぁどっちにせよ、楽しみな投手が出てきたよな。

もう2位浮上とかね、そういうのでは喜ばん。まぁDeNAも大変だよな。カープに勝ち越したと思えば阪神に連敗。以前にも書いたけど、優勝の行方は対阪神戦をどう戦うかってのが上位3チーム共通しているだろうねぇ。

カープは京セラで2試合連続逆転負け喰らってから雲行きが怪しくなった。DeNAはもともと阪神を苦手にしている。これは昔からなんだよな。そして巨人は先の東京ドームで阪神を3タテして勢いにのり連勝街道を突っ走っている。対阪神戦の成績がそのまま順位にあらわれそうだよな。

2位だろうが3位だろうが巨人が勝ち続けているうちは、差は縮まらん。でもいつかは連敗も止まるだろう。だからカープは勝つ続けるしかない。どんな形でもいいから勝ち続けなければ、場合によってはBクラスに転落する可能性も十分にある。

まずは下位チームとの対戦が続く今週は全部勝たなきゃならん。勝ってこそ来週の巨人、DeNAとの6連戦ってのが「奇跡」のきっかけになる可能性が出てくる。挑戦状をたたきつけられる。今週1つでも負ければ、「優勝」なんて口にできん。笑われるよ。

そんな中、カープはローテの谷間だよな。ここで山口を抜擢した。遠藤とは同級生でドラフトは山口の方が上。負けてられねぇよな。

対するはここの所カープ戦では好投しているライアン小川だよな。厳しい戦いになるだろうねぇ。

でも、今はそんなことは言ってられん。とにかく勝ち続ける。カープはそれしかないよ。がんばってほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加