やはり、逆転Vの匂いがしてこない。大瀬良には踏ん張ってほしかった。

やはり、逆転Vの匂いがしてこない。大瀬良には踏ん張ってほしかった。

 「中日4-1広島」(23日、ナゴヤドーム) 広島の大瀬良大地投手(28)が5回2/3を8安打4失点で7敗目を喫した。1-0の六回2死、福田の13号同点ソロから崩れ、この回一挙4点を奪われた。イニングの途中でマウンドを降りるのは、6月28日・DeNA戦以来。この日で2017年から3年連続で規定投球回をクリアしたものの、白星では飾れず。チームは3位に転落し、4位・阪神とのゲーム差は3に縮まった。

情報源: 広島・大瀬良 痛恨のKO…六回2死から4失点 首位と6・5差も3位転落

今日は仕事が休みなもんだから、昨夜は外に飲みに出かけてね、そのお店では5回まで1-0の展開までは確認。自宅についてテレビをつけるとひっくり返されている。その後はまた宴に戻ったのでよく試合は見ていない。なので、試合の寸評は控えておくとするわ。

今週、6連勝して巨人、DeNAの6連戦に挑む形をとらなければ逆転Vはないと以前にも書いたし、その考えに変わりはない。

今週、仮にこれまで4連勝していたら4.5差に縮められているところだけど、結局つかず離れずで残り試合だけが減っていく。そんな感じだよな。

この展開に同志の皆様、カープが逆転Vする匂い、感じます?アタクシは感じない。優勝する時ってのはこういう場面でしっかり勝つ。いや、どんな形でもいいから勝たないといかんのよ。

もうね、ナゴドが苦手とか言ってる場合じゃない。ロメロだって今シーズン最初はやられたけど、その後はしっかり攻略できているわけで、ロメロがよかったじゃこれもすまされないのよ。逆転Vをするならね。

その辺の厳しい戦いになればなるほど、カープはおとなしくなってくる。これは短期決戦でも言えること。この辺の「負けられない戦い」にやはり弱さを露呈してしまう。育成球団の限界?それとも緒方カープの限界?なんだろうか?

まぁ もちろんその年に優勝するチームは両リーグで1チームずつ。その他の球団は早かれ遅かれ敗れていくわけだけど、カープの場合はセリーグ3連覇中のチーム。優勝は厳しくとも最後の最後まで首位のチームを追い詰める姿をみせんとファンは納得せんだろう?すでにSNS上では緒方監督への批判、選手への批判ですごいことになっとる(笑)そして後任監督まで取りざたされている状況。これはやはり3連覇中のカープに対しての大きな不満の表れだよな。

万年Bクラスの時代に今のような展開なら批判も少ないだろう。それこそ頑張れ頑張れの一色だったろう。

でも3連覇を経験してしまって、おいしいものを沢山いただいてしまったカープファンにとって、今のカープの野球は不味くて仕方ないのよ。

いくら他力本願だからと言って巨人の負けばかりを唱えていてもカープが勝たなきゃ話は前に進まない。それどころか4位の阪神が4連勝している。つまりAクラスも今後の展開によっては厳しくなる。

優勝争いや順位争いがし烈になる「勝負の9月」。果たしてカープはここから盛り返し優勝争いの9月になるか、Aクラス争いの9月になるか?今のカープの野球を見てね、どっちが匂うかといえば、3位争いの匂いがプンプンしてくる。さぁて、同志の皆さんはどちらの匂いを感じますかな?

3位争いの匂いを強くしたのはやはりエース大瀬良で負けたということだろうねぇ。もちろんもっと打っていればとの声には反論はしない。でも、優勝争いするなら大瀬良は1-0で勝つ投球をせねばならん。厳しいけどね。ムチャ言うなと。

でもリーグ優勝するためにはそのムチャも必要なのよ。残り30試合を切っている。ここでムチャせんでいつするのか?そういう時期に来ているのよ。

8月も残り1週間。勝負の9月の為の助走期間になってくる。この辺で首位の巨人がもたついていると勝負の9月に何かあるかもという風が吹く。その風を強くさせれば強くさせるほど、追うチームの追い風になる。でもその風は自分たちで吹かせなきゃならん。どうも、その力さえ感じられないのよ、今のカープにね。

アタクシの読みでは、今週の6連戦で巨人が5割なら5勝1敗が必須だと思っている。いや、6連勝はせねばならんと思っていた。どうやら、これも叶いそうにない。となれば、来週の巨人DeNAとの6連戦が最後のカギになる。ここで負け越したら本当にAクラスはやばくなるし、この6連戦はどんな手を使ってでも、どんなヘタクソな野球やっても「勝たなきゃならん」。もしこの6連戦最悪でも5勝1敗で乗り切ると勝負の9月、ようやく優勝争いの匂いが漂ってくるだろう。それ以下なら3位争いに沈むことになるだろうねぇ。何といっても今の貯金は3しかねぇし、阪神との差も3ゲームだからな。

ここに来て、カープお得意の大型連勝ができないでいる。上位チームにとってもこれが一番脅威。そのきっかけになる可能性が非常に高い今週の6連戦だっただけに、巨人は負けてもホッとしているだろう。これで来週の直接対決を「安全圏」で戦うことができるわけだから。

本来なら追っかけなきゃならんカープもバティスタの問題があったけどな、長野をようやく上げたり、どうもフットワークが悪い。その気がないようにも見えてしまうのは気のせいかねぇ?

とにかくカープはもう1敗もできない。そのためには連勝して、何敗かできる星勘定まで持っていく必要がある。そのためには今、頑張らんといかんだろう。苦手の球場で勝つ、苦手投手に勝つ、そういうことの積み重ねが「勢い」になる。この「勢い」を持ったチームってのが勝負の9月を制するのよ。順位はその頑張り次第でついてくるものよ。

今日の先発はリフレッシュして戻ってきた床田。真っすぐがどれだけ戻っているかに注目だよな。対するは柳。印象としては対戦これまで少ない投手だよな。ポイントは初回だろうねぇ。最初からボコボコにするくらいの気持ちが欲しい。

久々のデーゲームだからな、観戦は難しいかもしれん。とにかく勝負の9月に大きな台風並みの風をカープに吹かせてほしい。今日は必ず勝ってほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加