真面目なプリンス・堂林に「ちょい悪」のススメ。

真面目なプリンス・堂林に「ちょい悪」のススメ。

 「広島3-2中日」(12日、マツダスタジアム) 広島がサヨナラ勝ち。九回、1死一、二塁で堂林が劇的な一打で試合を決めた。チームはカード勝ち越し。4位阪神に4・5差をつけた。

情報源: 堂林が劇的なサヨナラ打「最高です!」誕生したばかりの第3子にささげる一打

巨人・DeNAをなぎ倒してきた中日との3連戦。ロースコアの展開が続く中、よく勝ち越してくれたよな。

やはり好調なチームだけあって、楽には勝たせてはくれんかった。この試合に限っては先発野村の好投、そして後を継いだ中継ぎ陣の踏ん張りというのはしっかり評価したいよな。

特に野村は久々の登板でコンディションがよかったのだろう。コントロールが素晴らしかった。特に右打者のアウトコースへのカットとスライダーが絶妙だった。

6回に失点したけど、これまでよかったカットとスライダーがボールと判定されるのが多くなってカウントを悪くした。まぁこれが失点の原因だろうねぇ。

同点に追いつかれて印象を悪くした形で降板したけど6回2失点は文句ない。もう一度、登板があるかな?頑張ってほしいよな。

こうしたロースコアの展開が多いのは何でだろうと考えてみれば、やはりカープ打線は「一発」が少なくなった。これも原因の一つだろうねぇ。まぁそれは今シーズンに関してはしょうがないだろう。そういう中でAクラスに入れば、それはそれで「がんばった」ということなんだろう。

大砲不足の中、先制は長野の一発だった。インハイのボールね、切れずにスタンドまで運んだ。その前のボールもインハイで空振り。まぁどうだろう?やはりあの辺の「反応」というかねぇ、もともと中日戦を得意としている選手だけあって、さすがというしかないだろう。あの球は普通の選手ならファールになる球。ベースから離れて立つ独特のスタイルが切れずにスタンドまで一直線で飛んで行った。素晴らしいよな。

「三振前のバカ当たり」。よく子供の頃、仲間で野球をしていた時に言っていた。まぁある意味野球のジンクスでもある。2点目をたたき出した松ちゃんの打席ね。ものすごいファールを打ったよな。ジンクス通りいくと三振なんだろうけど、物凄い打球が1,2塁間を抜けていった。まぁ又吉との相性もあるんだろうけど、そういうのをこれっぽっちも感じさせない打球だった。

今季は不調に喘いでいたけどな、あの打球を見ればまだ老け込む歳じゃない。ポストシーズンでも大暴れしてほしいよな。

さて、試合を決したのは堂林のサヨナラタイムリー。印象的なのはツボにはまった時の打球の早さとサヨナラ打の祝福を受け、ハイタッチの時の嬉しそうな笑顔。本当に嬉しそうだったよな。この表情からも堂林の性格の良さが伺える。

同期入団の今村は今季国内FA権を取得。だいぶ水をあけられちまったよな。もう入団して10年経つんだねぇ。

入団してからは投手ではなく野手でということだった。誠也も高校時代は投手だったけど野手入団。カープはこういうドラフトをやるよな。

背番号は13。当時メジャーで活躍していたアレックス・ロドリゲスの背番号にあやかってつけられた。

野村謙二郎監督がとにかく、堂林を育てるためにどんなことがあってもシーズンフル出場させ経験を積ませた。まぁこの年、2012年かな?これが堂林のキャリアハイになっているし、これに迫る成績も残せていないのが実情だよな。明らかに「伸び悩んでいる」。

あの年は結構球場に足を運んで生ホームランも結構見た。とにかく打球が伸びる印象でね、逆方向の打球も引っ張ったんじゃねぇかってくらい力強い打球を飛ばしていた。

ただ、守備の方はサードで結構な失策をやらかした。そして三振の数がリーグでもずば抜けていた。この改善を求められたのと度重なるケガの影響で残念ながら今のような「エレベーター選手」になっちまった。

万年Bクラス、そしてドラフトでもいい選手が取れなかったカープにとって、この年のドラフトは久々にいい選手が入ってくれたとファンは大いに喜んだ。

選抜優勝投手の今村と、夏の甲子園のスター堂林。それゆえに堂林が打ちまくる姿を想像したファンは相当いたはず。そして将来の中軸と夢見た同志もいただろう。また、その整ったマスクで女性ファンも多く獲得した。まさに「プリンス」だよな。

しかし、課題改善というのが結果的にこの選手の成長を妨げてしまった感がある。もう少しノビノビやらせられないものかと思った時もあるし、どちらかと言えば緻密なセリーグよりもパリーグ向きかなぁと思ったこともある。

三振を減らすためにフォーム改造に何度も取り組んだ。出場機会を得るために外野の練習もした。ファーストの練習もして試合後半に守備に就くシーンもあった。とにかく真面目なんだよな。

しかしながら、こと打撃に関してはあまり成長していない(笑)。その大きな理由の一つとして「ヒットゾーン」があまりにも狭いことがあげられる。

とにかく打てるゾーンが狭い。昨日のサヨナラヒットを打った真ん中から外目の球。曲論かもしれんけどあそこしか打てないのよ。あれよりも高くても低くても打てない。というより、あの打撃スタイルではバットに当たらないんだよな。

つまりはバットコントロールの技術が向上していない。もっと言えば打撃フォームにこだわりすぎて柔軟性を失っているといった方がわかりやすいかねぇ?スイングに不器用さを感じるんだよな。

その対極にいるのが右左違いはあるけど、西川龍馬。高めだろうがワンバウンドだろうがバットに当てる、そしてスイングする。そのスイングも逆らわない逆方向を意識したもの、球をシバくスイングと瞬時に使い分けができる器用さを持っているよな。だからヒットゾーンがとても広い。そらワンバウンド打ってヒットにするのはそうはいねぇよな(笑)。

堂林は真面目なんだけど、ある意味柔軟性に欠ける。ヒットやホームランは100点満点のスイングをしなきゃ打てないみてぇなところがある。

野球というのは面白いもんでハーフスイングがバットに当たってヒットになったり、クソボールをホームランされたり、バットが折れてもスタンドに入ることもある。泳がされてもバットの先に当たってヒットになることもあれば、ベストなスイングをしてもファールになることもある。そんなもんなのよ。

確かに堂林の持ち味は小細工なしのフルスイング。だからバットに当たれば目をむくような打球もある。でもそれだけでは数字は残らない。

恐らくだけど、カープの打者で一番打ち取りやすい打者は堂林だろうねぇ。それはなぜか。

さっきも書いたようにスイングの軌道が一定すぎる。だから投手はまずカウントを有利に持ち込める。初球、2球目を間違えなければ簡単に追い込める。

追い込んだら一つインコースへ外し気味に投げる。または外に1球外す。実は堂林はこれにも食いついてきちゃう(笑)。

インコースに見せ球を投げた後は外へのスライダー。外に外したら、カットやチェンジアップをインコースひざ元に投げれば面白いように空振りしてくれる。堂林が三振が多い理由なんだよな。

堂林は打席で真っすぐすぎるのよ。もっとずる賢くなってほしい。「ちょい悪」な打撃というのも身に着けてほしいんだよな。

例えば、外のスライダーをちょこっと当ててファールで逃げるのは、堂林の求めるフルスイングとは違う。インコースの速球をおっつけて右方向に打つってのも本来練習しているスイングではないだろう。でも打席でこういう逃げ技を持っているだけでも相手バッテリーの攻め方ってのは変わってくるはずなのよ。

追い込まれて、外の球をチョこっとバットを出してファールにするだけで「当てに来られるとイヤだな」となる。

インコースの速球を体を開いて引っ張ってもそれは大体ファールになる。でもそれをおっつけて右方向に打たれると、バッテリーは勝手に考えてくれる。このままインコース続ければヤマを張られてしまう。外も投げなきゃとなる。

例えばカープのコーチだった石井琢朗さんはよく「エサを撒く」という表現を使っていた。自分の狙い球を相手に投げさせるために時にはファールで粘ってそこに投げさせたり、本当は外のスライダー狙いでも、外に来たら一度は全く反応しないようにして、「狙い球は真っすぐ?インコース?」と思わせる。すると相手はそれを避けるために外のスライダーを投げてまんまと仕留める。こういうズル賢さもプロで生きていくには必要だと思うわけよ。

堂林にはもう少し「チョイ悪」になってほしい。もっと投手との駆け引きができる打者になってほしい。自分が打てる球を投げさせることが三振を減らすことにもつながると思う。

サヨナラの瞬間、大きな声で手を叩き大喜びした同志も多いだろう。なんだろう?堂林が打つととてもうれしい気持ちになる。

それは堂林が真面目で素直な、カープファンにとっては「自慢の息子」なのよ。顔もいい。体もプロらしくなってきた。でもなかなか結果が出ない息子にみんなヤキモキしているのよ。

そんな息子が試合を決める一打を打った。そら、うれしいのなんのってね、やっぱりかわいいのよ、みんな堂林がさ。

堂林はぜひ、長野を参考にしてみてはどうだろうか?外の球に引っかかるならあえて体が突っ込まないようにベースから離れて立ってみてはどうだろうか?その代わりもっと構えを大きくゆったりとした方がいいと思う。それにそんなにムチャクチャフルスイングしなくてもいいだろう。

ベースから離れれば外の球は踏み込んで打てる。そしてそのまま右方向に打てばいい。インコースの球は思いきりシバけばいい。昨日の長野のホームランなんてぇのはお手本になる。

10年選手だけどまだ28歳。カープは選手を長い目で見てくれる球団。来期はFAで抜ける選手もいるだろう。そろそろ背番号7が毎日見られるような選手に成長してもらいたいもんよ。そのためには「チョイ悪」になれ。ススメるよ。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加