永遠の野球少年・ガンちゃん、最後まで笑顔はキミらしいよ。

永遠の野球少年・ガンちゃん、最後まで笑顔はキミらしいよ。

ガンちゃんは最後まで笑顔だった。広島が2日、岩本貴裕外野手(33)、飯田哲矢投手(28)、横山弘樹投手(27)、育成選手の木村聡司内野手(23)、岡林飛翔投手… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

情報源: 広島岩本、戦力外にも笑顔対応「暗い顔をしても…」 – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ

今季のカープの試合はもう見ることができない。ここの所ポストシーズンまで行っていたからな、少し早い終戦に寂しさを感じる同志も多いことでしょうなぁ。

すでに気持ちは来季へ。球団も来季の編成に向けて動き出すことになる。その第一歩が戦力外通告だよな。

引退の花道を用意してくれる選手もいれば、スポットライトを浴びることなく静かに去っていく選手もいる。カープの場合は若手を積極的に使う傾向にあるのでずっと2軍暮らしで終わるというのは他球団に比べて少ないだろう。岩本や横山、飯田と今回通告を受けた選手も、それぞれ1軍でプレーしているし、それなりにみんな思い出もある。

その中でもやはり「寂しいな」と感じるのはガンちゃんだろうねぇ。童顔で野球少年のような笑顔。大きな体とのギャップがこれまたカワイイ(笑)。

とにかくパワーに関してはものすごいものがあった。バットにボールをぶつけるような印象でね、この打球が飛ぶんだよな。

それと逆方向へのデカい打球を打てる。岩本の入団時とマツダスタジアムの開業が同じころ。松田元が岩本の為にレフトフェンスを低くしたなんてぇことを冗談めいて言ってたのを覚えている。

この年のドラフトは広島商⇒亜細亜大出身、左の大砲候補岩本と広陵⇒早稲田大出身、俊足好打の上本(現阪神)と珍しく地元出身の野手を両獲りすると松田元の鼻息は荒かった。どちらを1位指名にするかとね。まぁあの時は上本1位、岩本2位だったんだろう。

しかし当時のカープは貧乏球団。これまでも1位指名の意思を伝えても断られるパターンが多かった(笑)。いつの間にか上本獲りはトーンダウンし、岩本1位で決まった。この時も上本がカープお断りの意思表示をしたのではないかと囁かれた。まぁこの辺は地元のファンの方が詳しいネタを掴んでいるんだろうねぇ。公にはならんかったけど、そんなニオイがしたよ。だって、上本は阪神に3位指名。カープが2位で指名することもできたのにしなかった。まぁそれが答えだよな(笑)

プロになってからはいわば「打撃フォーム」との闘いだった。試行錯誤の中、ノーステップ打法で道を開いた。当時若手のT岡田がノーステップでホームラン量産を実現させ、体格の似ている岩本もその打法を取り入れた。

それが開花したかに見えた。短期間でホームランを量産する時期もあった。ただ、簡単に相手投手に仕留められる場面が目立ったのも事実。この辺が今一つベンチの信頼を得られなかった要因だろうねぇ。

性格もサッパリしている(笑)。時には三振した時も笑顔でベンチに帰ってくることもあった。まぁこういうところが誤解を生んだりもしたけど、「ガンちゃん」と親しまれる所以なんだと思う。

その後は長打に関しては助っ人外国人に委ねる起用が増えるにつれ、出番も減った。1軍に上がってきても代打の起用が多かった。

ただ、何年か前は夏場に非常に強かった。代打で出ては打出小槌のようにヒットやホームランを量産した。長続きはせんかったけど、代打・岩本をコールされると期待が高まった時もあったよな。

もともとは投手だったから肩もよかったんだけどな、やはりプロでやっていくには守りや走りも重要。その辺のウィークポイントを打撃でカバーできればよかったんだけど、結局は打撃フォームに悩んで、プレーに集中しきれなかった部分はあっただろうねぇ。

カープが強くなってきて、走攻守とバランスの取れた選手が多くなってきたのも出番が減った要因だろう。

ただ、11年間ね、好きなカープである程度納得ができるまで野球ができたってことは本当によかったと思うよ。「悔いはない」。まさにその一言だろうねぇ。

彼の人柄なら、第二の人生もいい方向に行くだろう。できればアタクシの店で使いたいくらい(笑)。人柄ってのは身を助ける。人を引き付ける。そして人が助けてくれる。ガンちゃんはそういうものを持っているよな。11年間本当にお疲れさまでした。そして素敵な笑顔をありがとう。

さて、話は変るが佐々岡投手コーチが鈴木本部長と会談したそうな。監督要請か?と色めき立ったが、どうやら今季の報告及び来季に向けて中継ぎ強化の話し合いをしたらしいねぇ。

この辺を見ても、緒方監督退任で今季の責任問題は終わらせる。そんな感じだよな。毎度毎度のことだけど、本当にそれでいいのかねぇ?と思ってしまう。

こういうやり方ってのは万年Bクラスに甘んじていた時代と全く変わらない。三連覇して常に強いチームを目指すのなら、こんな人事では終わらんのよ。この辺の体質は相変わらずだよな。

9日までには決めるということらしいねぇ。ということは今週であたりをつけて、週明け交渉、発表となるんだろう。さて、どうなるか?楽しみだよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加