會澤FA宣言せず残留。最後の決め手は選手の「性格」か?

會澤FA宣言せず残留。最後の決め手は選手の「性格」か?

 広島・会沢翼捕手(31)が10日、今季取得した国内FAの権利を行使せず、広島残留を表明した。今季年俸の9200万円から大幅増となる3年6億円プラス出来高(推定)で基本合意。選手会長はマツダスタジアムで会見を開き、球団への愛着、残留を願うファンへの感謝を語った。 男気にあふれる会沢が思わず感極まった。会見の終わり、ファンへメッセージを求められたときだ。「ファンの皆さんには手紙もたくさんいただきましたし…」と言うと、言葉に詰まった。「熱い声援も…これからまたしてくれると思います。またファンの皆さんと一緒に喜びを分かち合えるように、必死になって頑張っていきたいと思います」と目いっぱいの感謝を述べた。

情報源: 会沢カープ愛残留 愛娘2人も「広島が好き」 3年6億円で基本合意

會澤が国内FA権を行使せずにカープに残留。複数年契約を結んだ。地元広島ではテレビでニュース速報が出たんだってな。SNSを見ても同志の狂喜乱舞ぶりはすごいものがあった。いかにカープファン、広島が主力のFA流出に怯え、残留を祈っていたかがよくわかる。

 アタクシのところにもコメントやメールで會澤のFA移籍について情報をいただいていた。そのほとんどが會澤はカープを出ていくというもの。まぁ半信半疑だったけどな。

 個人的には會澤がFAで出ていくという絵が想像できなかった。とりあえず言っておくけど菊池は出ていく絵がなんとく浮かぶし、野村が出ていく絵は浮かばない。さて、当たるかどうか?(笑)。

 その根拠は色々あるけど一つは「性格」なんだろうと。別に丸が性格悪いなんてぇ言ってないよ(笑)。丸にしても菊池、誠也といった選手というのは、どの球団でも欲しい選手だろう。それは選手たちの中でも自覚はあると思う。

 もっと高いレベルで、もっと環境のいいところで自分がどのくらい伸びるのか?野球がうまくなるのか?その野球道というかね、そういうものを追求することを望む選手というのは移籍に前向きになるんだろうねぇ。菊池がメジャーでやってみたいとポスティングを球団に依頼したのもその表れだろう。マエケンもそうだった。その辺は「金」じゃないと思う。

 よく地元の同志から「広島は田舎だから」「関東生まれで広島が嫌いなんだろう」とかネガティブなご意見をいただくけど、アタクシはそういうことではないと思う。これだけファンとの距離が近い球団はないだろう。まぁ、プライベートがないといった不満はあるんだろうけど、それが移籍の決め手では絶対にないと思う。それを言ったらプロ失格よ。

 そういった選手はやはり他球団の自分の評価というものを聞きたいだろう。ただね、一度話を聞いちゃうとどうしても新しい方へ気持ちがなびいちゃうのも人間よ。ましてや原監督の歯の浮くような口説き文句にホロっとなっちまうのもしょうがない。でもそれは決して広島が嫌いとか出たいとかね、そういう気持ちは丸にもなかったと思うわけよ。

 それに評価は評価。あとはどれを選ぶかになった時にそこで初めて「家族」の意見というものが影響してくる。広島と東京、どっちがいいかってのは野球選手としてではなく「家族」としてどちらがいいのか?そうなれば家族は家族でいい環境へとなるだろう。仕方ないことよ。でもそれは決して広島がイヤだからってことではないと思う。

 「結局は金かよ」という意見も散見するけど、個人的にはちと悲しい。もちろん評価を金と言い切る選手はいる。いるけど、カープがスカウトする選手は性格も重視する。基本的にはそういうのはいないと思うよ、カープには。

 それとは真逆もいる。「義理・人情」を重んじる性格の選手もいるだろう。會澤はまさにこっちの性格なんだろう。そしてどの球団もそうなんだろうけど、ファンも選手に対してそういうものを求めている側面もある。ましてやカープのような育成重視の球団ならなおさらだよな。

 今の自分はカープのお陰。佐々岡監督もそう。會澤もそう言っていたよな。そういう性格の人ってのは自分で出ていくようなことはしないのよ。

 もちろん、自分の評価というのを聞きたい気持ちはあるだろう。でも、その時点で世話になった球団に失礼だ。そんな気持ちになるんだろうと思う。どうでもいいだろうけどアタクシもこっちの人間よ。

 自分で商売やっていると色んな業者が営業にくる。入口やトイレのマット業者、清掃業者、求人広告の営業とかね。

 彼らが決まって言ってくるのは「今の業者より安くしますよ~」。

 まぁそう言ってくる業者には「提案してくれるのはありがたいけど、今の業者さんで満足している。何か不手際があるなら別だけど、一生懸命やってくれている。御社に乗り換える理由がない。価格だけで他社を使うような不義理はしない」というとそそくさと帰っていく(笑)。

 別に撃退法ではなく、心からそう思う。そういう話を出入り業者さんに話すとより一層一生懸命やってくれる。アタクシはそういうもんだと思う。

 會澤の性格から言ってやはり他球団の話を聞くこと自体、恩を仇で返す行為だったんだろう。そういったものがにじみ出ていた残留会見だった。

 引退した黒田さんも同じじゃねぇかねぇ?カープを相手に投げる自分が想像できなかった。それはカープに育ててもらいプロ野球選手として一人前にしてくれた恩がそうさせたのだろう。夢をかなえるために海を渡ったけど、最後はカープに帰ってきてくれた。ありがたい話だったよな。

佐々岡新監督からの残留要請もめちゃくちゃ影響したといっていた。そういう気持ちに応える心意気というかね、會澤はそういう性格なんだよな。

會澤の残留でどうだろう?菊池、野村の動向にも影響が出るだろう。チームのことを考えて會澤は早期に決断すること意識していたようにも見える。さすが選手会長だよな。

一番気にしていたのはカープの評価だったそうな。カープが高い評価をしてくれた。もうこれ以上は望まない。それが會澤にとって一番の満足だったのだろう。やはりカープもこれからのFA交渉で変わっていかなきゃいかんと思う。

昔は宣言残留は認めなかった。認めないくせに評価は低かった。今やたくさんの観客を動員しグッズの売り上げも好調。こういうファンが落としていったお金には、ファンの想いが詰まっていることを球団は忘れてほしくない。まさにこういう場面で球団はお金を使い、ファンに応えなきゃいかんだろう。一番いいのは宣言せずに残留。巨人や阪神、ソフトバンクは好条件を掲示して流出を防いでいるよな。これは大事なことだと思う。

菊池はポスティングだから仕方ない部分はあるけど、野村に対しても同じ姿勢で対応してほしい。ただ、野村の場合はここ2,3年成績が芳しくない。環境を変えてとみたいと考えているかもしれん。そういう選手は「金」では動かんだろう。カープに必要だという気持ちを球団がしっかりぶつければ野村も受け取ってくれるだろう。やはりカープで育った選手が出ていくのは寂しいからな、全員残留してくれるのが一番よ。球団も頑張ってほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加